フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宮原選手のステップLv4の疑問
昨シーズンの宮原選手のステップのレベルの取り方についてわかる方、教えてください。

Lv4を取る方法↓(co.1944)
”シークェンスの中に明確なリズムで実行する,難しい 3 つのターンの組み合わせ.異なるものを 2 つ(レベル 4 では各足で 1 つずつ実施していること).
明確化:-組み合わせの中で少なくとも 1 つのターンは他のものと異なる種類のターンでなければならない”

宮原選手のステップ(WC):https://youtu.be/zI3Ar1AY12Q?t=1m54s
宮原選手のステップ(FCC):https://youtu.be/UFyoiLOUoGE?t=1m27s

まず気になっているのが、私が見る限り、左足で踏まれている3種以上含まれたディフィカルトターンが見当たらないという事です。

発見したのはこの(左足)連続ターンのみ。
私が見る限り、見当たる足3連続ターンはこれだけでした。
※世界選手権SPは見えにくかったので、左足ターンは四大陸SPを持ってきました。

LFI-rk-LBI-ctr-LFI-rk-LBI
ロッカー→カウンター→ロッカー

すべてインエッジですし、ターンの種類はあっていると思います。

右足は2つ見つけました。

右足3連続ターン

RBi-rk-RFI-br-RBO-ctr-RFO
ロッカー→ブラケ→カウンター

右足4連続ターン

RBI-ctr-RFI-Rk-RGBi-ctr-RFI-twz
カウンター→ロッカー→カウンター→ツイズル。

宮原選手は昨シーズン、世界選手権と四大陸でレベル4を獲得しているので、当然私の知識不足&勉強不足でLv4を取れている理由がわからないのです。

気になってルールブックを読んでみましたら、なにも「3種類以上含まれた」とは書いてないんですよね・・・。ただ他の選手達が異なる種類のターンばかりで踏んでいるので、そういうルールがあるのかと思い込んでたみたいです・・・・(引き続き調べてみます)。・・・ならば、連続カウンターx3とか連続ブラケットx3でディフィカルトターンが成立するんでしょうか?しかし、もし上記のロッカーx2+カウンターx1の組み合わせで左足ディフィカルトターン枠を埋められたとしても、右足で踏まれてる2つのディフィカルトターンは両方ともロッカーとカウンターが含まれているので、結局【異なる種類】を最低でも1つというルールに引っかかってるように思うんです。たとえば、左足がツイズル+ループの2種のみを使うものでしたら、右足で踏まれた2つの連続ターンにループが含まれていないのでLv4に成りうる・・・というふうに理解したのですが、違うんでしょうか・・・・。

参考
レベル特徴【4) シークェンスの中に明確なリズムで実行する難しい 3 つのターンの組み合わせ。各足で異なるものを 1 つずつ。】
ディフィカルトターン【- 組み合わせの中で少なくとも 1 つのターンは他のものと異なる種類でなければならない。】

宮原選手のLv4の取り方がわかる方はぜひコメントで教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。