フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ちょこっと分析】努力は報われるとはなんだったのか
!今月末まで離れます。皆さんからいただいたコメントを読んで説明不足だったところもあったと感じたので、補足を後日あげます。

浅田真央が37試合も真面目に出場した意味はなんだったのか。

pcscomparisonbwrusandasada.png

*↑ミス:テーブルに書き込まれている成長率は正しいですが、ラインに沿えた数式はリプとソトが逆です。


pcscomparisonbwrusandasada2.png


採点の仕方が本当に適当だなあ。

急に浅田下げ、急にロシア上げ。

ジャッジの理想はおそらく
1位キム 2位リプ 3位ソト 4位以下 どうでもいい

これを実力で崩せる選手がいるとしたら、浅田ぐらいしかいないので、
余計警戒されているんでしょうね。

まあ、キムヨナという前例があるから、もう誰がどんなふうに採点されてもなんの不思議もない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


【英語版ブログ】更新しました。
向こうのブログを更新してきました。
今回はジャンプの基礎点の記事です。
皆さんのお力を借りてばかりで申し訳ないのですが、また拡散をお願いします。m(_ _)m

次はGOEか、またはキムの異常なPCSの成長っぷりを語る記事を書き上げようと思っています。

文法の誤りや、改善できるところがあればぜひ教えてください。自分でもちょこちょこ修正していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


明日の夜までには次の記事をUPできるようにします。
次の英文記事はジャンプの基礎点ランキングをまとめたものになります。もう書き終えてるのですが、再度チェックして出来るだけミスを抑えたいので、明日の夜にアップしようと思います。

またツイートの数が増えていて、拡散してくださっている方には本当に感謝しています。
皆さん、ありがとうございます!

おまけ分析:

mao2010aa.png
spiral_mvsk.png

PS.向こうに変なのが来たみたいですが、削除するほどの暴言が吐かれているわけではなく、ただ無知なだけのようなので、後日そのコメントに対して返事をしておきます。皆さんは気にせずスルーしてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


予定しているジャンプ構成の更新
前の記事から、グレイシーと村上は構成をあげてきたので更新しました。米国代表も決まったことですし、新たに6名足しました。下記の画像は英語版ブログにも載せる予定です。

bvjumpupdate.png

 jumpelementsbasevalue.png  
*コストナーは今シーズン不調で予定している構成がわからなかったので、昨シーズンのWC13を参考にしました。

2chのスレで、このような会話がありました:

>腰痛関係ないと思う。3Aは10回やって一回認定されるレベルだと思う。
>ルッツも3-3も無いなら、3回認定させないとメダルもらえないと思う。
>一昨日、愛知の番組でヨナの3-3の方が難易度高いってバラされてたし
>稔もルッツ跳べないと言ってたから、もうお茶の間にもバレ始めてると思う

ルッツと3-3があればいいってもんでもないよ

浅田 46.76 3A<(UR), 3A<(UR)+2T, 3F, 2A+3Tx, 3Sx, 3F+2Lo+2Lox, 3Lox
キム 42.79 3Lz+3T 3F 3S+2T 3Lzx 2A+2T+2Lox 3Sx 2Ax
コス 41.47 3Lz 2A 3F+3T 3Tx 3Lox 3S+2T+2Lox 3Sx

*コスの計算は2連続ジャンプが1つ抜けているので、正確には後半の3Tは3T2Tで、総合42.9点になります。*

こうしてみると、回転不足=DGだった時代が去って本当によかったなと思います。

PS1. 今しがた、向こうのブログをチェックしてみたら、ツイートの数が34に増えていて驚きました。本当にありがとうございます!新たにコメントを書き加えてくださった方もありがとうございました。
PS2. Facebookアカウントも獲得したので、少し編集してから拡散作業を始めたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


今後の運営について
まず始めに・・・

thankyouforyoursupport.png

拡散してくださってありがとうございます!まさかツイートが20も行くなんて想像してなかったので、本当に嬉しいです。グーグル+とフェイスブックからもありがとうございます!

これだけキムヨナの不正を訴えたいという気持ちを持った同士がいるということですので、本当に心強いです。


■本文が長いのでざっくりまとめすと:

1.英語版ブログに集中します
2.ようつべに書き込もうとするも失敗に終わる・・・orz
3.ゴールデンスケートのアカウントを獲得

■ 本文

分析記事を書き上げたい。
感想記事も書き上げたい。
英語版ブログもやりたい。

やりたいことだらけですが、ソチまで本当に時間がありませんし、私も自分の人生がありますので何をあきらめて、何に集中するかを判断していかなくてはなりません。

いろいろ考えたのですが、ここに足を運んできてくださる皆さんはもう、ISUとキムヨナの不正は疑惑ではなく事実だと知っている方ばかりだと思います。不正の事実を知っている方と「不正ですね」と語りあうよりも、キムヨナの点数に違和感を持った外国の方にも、不正の事実を伝えたくべきじゃないかと思いました。韓国は絶対に心を改めて正々堂々と競うなんて事をしないでしょうし、英語でキムの不正を書き残して、また別に私や皆さんのように韓国人選手の不正を訴えたい人たちが外国でも現れたときに、キムヨナの不正ををぜひ「前例」として取りあげて欲しいのです。

ソチ五輪が終えるまで、日本語版ブログよりも英語版ブログのほうに力を入れていこうと思います。必然的に、こちらのブログの更新ペースはガクッと下がると思います。場合によっては1・2週間は空けるかもしれません。翻訳は趣味範囲内でしかやったことがないのですし、またBlogspotを使いこなせていないため、どうしても向こうに時間を取られると思います。英語版ブログのほうで記事をあげましたら、こちらのブログからも報告します。皆さんに頼りっぱなしで申し訳ないのですが、更新されたら新しい記事の拡散をまたお願いしたいと思います。

拡散を皆さんにだけに頼っていてはならないと思い、自分で拡散するには、どうすれば一番効果的なのかを考えていました。
1番に思い浮かんだのはYoutubeへの書き込みです。

Youtubeへの書き込みは、するべきか否かをずっと悩んでいました。中傷されるかな、小ばかにされるかな、そもそも無意味なんじゃ、たとえ宣伝効果があったとしても韓国人に付回されるのかな・・・とぐるぐる考え込んでいたのですが、考えてみれば浅田は2008からずっと、ようつべにいるような頭のおかしい韓国人に付回され、あることないことをネットで広められ(しかも妙に英語が出来る韓国人がいるから性質が悪い)、終いには浅田よりキムのほうが金メダルに近いかのような認識を広められてしまっている。

自分のブログやようつべコメントが無視されようと干されようと笑われようと、浅田が受けた数年間に亘る理不尽なバッシングに比べれば、たかが2ヶ月間がなんだ!何を言われようとも流すなり耐えるなりすれば良し!!そう考えると自分が踏み切れないでいることが馬鹿馬鹿しくなったので、どこにでも書き込んで広めればいいやって開き直れるようになりました。まして韓国人のように根拠のない嘘を広めるんじゃなくて、事実を広めようとしてるんですから。

キムヨナの演技動画に書き込むよりも、不正を疑っている方が集まりそうな動画に書き込むほうが効果的かなと思い、さっそく再生の多い動画に書き込んでみました(http://www.youtube.com/watch?v=1qhLcZiTgAs)。しかし、サインアウトするとコメントが消えるという現象にあってしまって、どうやら他の方も同じトラブルにあわれているようなのですが、これといった解決法はまだないようなのです。日を改めて、別のPCから別のアカウントを使い再チャレンジしてみます。出来れば成功してからこの記事をあげたかったのですが、今日は別の用事があるので、せめて報告だけでもと思いました。

ゴールデンスケート掲示板のアカウントも作ったので、ここにもリンクを張ろうかと考えてるのですが、掲示板のルールがいまいち把握し切れてないのと記事がまだ1つしかUPできてないのとで、もう少し掲示板を様子を見てからにします。

年が明けて私生活のほうも忙しくなってしまい、ソチまでどこまでやれるかはわかりませんが、やれるところまでやってみようと思います。


ご質問に対する回答

□画像を借りして翻訳してもよろしいでしょうか?
ぜひ!よろしくお願いします。

□英語記事で文法がおかしいところを見つけたのですが・・・・。
ぜひご指摘ください。英文記事の冒頭に「英語力じゃなくて内容を批判しろ」と書いたのは、中傷が目的で英語力を馬鹿するだけ馬鹿にして逃げ去る人がいるからです(この手の中傷はYOUTUBEでよく見かけます)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


英語版ブログに関する質問
週末にもっと英語版ブログの扱い方を調べて、質問に答えていけるようにしたいと思います。とりあえず、現時点で答えられる質問だけ答えていこうと思います。

○日本からのアクセルだと、ドメインがJpに出るんですね。
 
そうみたいです。これは私もお披露目前から気になっていたので調べてみたら、読者の現在位置(国)でドメインが変わるみたいです。たとえばいまオーストラリアにいる方なら、AUと表示されます。


○画像を拡散してもいいですか?

注意書きに「リンクフリーだが、直リンクはやめてくれ」と書いたのですが、考えてみれば私はそんな重たい画像をアップしているわけでもないので、別に直リンクされても問題ないかな・・・と思います。ですので直リンク(http://iluvsk8....からの始まるURL)で拡散してくださってかまいません。問題が生じた場合はお知らせ記事で報告します。よろしくお願いします。


○おまけ:画像を拡大したい場合
FC2ブログ(このブログ)の画像をクリックしてもうまく拡大できないというトラブルに合われた方もいるかもしれませんので、いまここで、画像を保存せずに画像を拡大する方法を伝えたいと思います。

まず見にくいと思った画像をクリックします。そうしたら下記のようなページに飛ばされると思います↓

setumeidrag.png  
このページでは画像をクリックしても
うまく拡大できなかいので・・・、

拡大したい画像をURL(アドレス)を入力するボックスまでドラッグしてください。
setumeidrag3.png

そうすると、下記のようなページに飛び、マウスを画像に合わせると簡単に画像を拡大できると思います。
setumeidrag2.png



○英語版ブログへのコメントの書き込み方は?

GoogleブログはFC2よりも慎重なのか、コメント1つ入れるのにも一苦労です。

ページの一番下までスクロールしたら、”Add a comment”と書かれた文字があるので、それをクリックします。
testingcomments1a.png
↑コメントをコメントボックスに書いて、青いボタンの「Publish」をクリックします。
[Google等のアカウントがなくても誰でも自由にコメントができるようにと設定したので、Anonymousで入力できない場合は別の原因があると思いますので、調べてみます。]

↓「Publish」をクリックしたら、プレビュー(Preview)が表示され、「貴方がロボットでないことを証明してください(Please prove you're not a robot)」と表示されます。表示された文字(アルファベットまたは数字)を書き込みます。

testingcomments4.png



入力ミスした場合はこうなります↓
testcomment2.png
入力した文字が画像の文字と合ってない場合、赤文字で「合ってないからもう一回書き直しなさい」(The characters you entered don't mathc the word verification. Pelase try again.)と出てきます。・・・・これ系の確認で一度目で成功したことがないので、これ絶対1回は失敗するように出来てるんじゃ・・・?と疑ってしまいます。


成功したら、自分のコメントが反映されます。
少なくとも私が試したときは「Publish」をクリックしてすぐに表示されました。
testcomment3.png 


○スパムサイトについて


説明もなしにスパムサイトという言葉を使って、えっ!?と思われた方もいらっしゃるんじゃないかなと思い、少し説明しておきますね。ブログ主は自分の読者が一体どこの国からどの機種を使って、一体どこのサイトから自分のサイトにやってきたのかがわかります。

たとえば、Googleから検索して私のブログをクリックしたら、私の管理ページに「Google」からやってきた読者がいましたよ、と統計ページに表れます。ちなみに英語版ブログの管理ページによると、現時点で一番アクセスが多いのはダントツこのページからです(*´∀`*)。次にツイッターなので、本当に拡散してくださった方に大感謝です。

管理者にはこういった検索元がわかるシステムを与えられているのですが、その中にあったのがスパムサイトです。これは誰をターゲットにしているのかといえば、ブロガー(管理者)である私です。読者ではありません。このスパムサイトは読者となんら繋がりはありません。これは管理者が「わ~!このサイトからいっぱい人がやってくる。なんのサイトだろ~」と、URLをポチッたらウイルスなりなんらりが仕掛けられるわけです。このスパムサイトのURLは、ブロガーの管理ページからしか知りえないので読者に危害を加えられません。見たことのないURLで奇妙だなと思いGoogleで検索してみると、スパムサイトだからブロガーは気をつけろと説明されている方がいました。どうやらBlogspotを運営しているブロガーにはつき物のスパムサイトのようです。


○フィンランド語でコメントをくださった方、本当に申し訳ありませんでした

スパムかな?と思い、一時的に非表示にしていました。せっかくコメントを入れてくださったのに、大変失礼なことをしてしまいました。心からお詫び申し上げます。今後、このようなことがないように、しっかりと調べてから対処していきたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。



ひとまず、答えられる質問だけ答えていきました。
英語版ブログの感想・アドバイス・応援、本当にありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


キムヨナの不正を訴える英語版ブログを作ってたんですが・・・
! 皆さんからの応援の言葉で勇気付けられました。ありがとうございます。英語版ブログを頑張ってみます。もっと計画的に手順を追ったお披露目をする予定だったのに、本当唐突にすみませんでした。今後の運営については週末にお知らせします。短い挨拶になりますが、これにて失礼させていただきます。

ここでお披露目もまだしてなかったですし、宣伝も一切してない(というかやり方がさっぱり(´;_;`))という状況だったのに、昨日テストを兼ねて英文記事を上げて今日チェックしてみると、アクセスが300を超えていたので、(自分のアクセスはカウントしないという設定でしたので)300人がなんらかしらの形で記事をクリックしてくれたんだと思います。やるかやらないかも迷ってましたし、もっと入念にチェックを入れてからと思っていましたが、ここにお披露目することにします。やってみたはいいけれど、正直ビビッてます。

Figure Skating Notes / Injustice of ISU and Yuna Kim

URL:
http://debrainwash.blogspot.com

さすがGoogleさん・・・。日本人向けのサーバーじゃ絶対に気づいてもらえないと思ってGoogleからブログを作ったのは正解だったように思います。

しかし・・・、どうやってこのブログを見つけてきたんだろう・・・・。誰か何か知りませんか?(´;ω;`)。なにかのランキングにオートで入ってるのか、それとも最新記事はなんらかしらの形でどこかのサイトにアップされているのか・・・。わからないことだらけです。

eigoblog.png

ドイツ・韓国・マレーシアからのアクセルも1つずつあるんですけれど、どうやってこのブログにたどり着いたのか・・・。
た、多分、こここれでいいんですよね!?皆さん、ちゃんとアクセスできましたか?


追加:
統計のシステムが変なんじゃないのかな?と思ったのですが、この記事でブログを紹介した途端にJAPANと出たので、ちゃんと機能しているようです!ε-(´∀`*)ホッ

eigoblog2.png


追加2:
アクセス元を調べたらスパムサイトもあったので、どうやらそれが原因でアクセス数が増えていたみたいです。変だなあとは感じていたので、原因がわかってよかったです。(ちょっと恥ずかしい・・・)。


追加3:
拡散ありがとうございます。m(_ _)m
eigoblog3.png

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


韓国ファン「ヨナの演技を撮影した」→あ~あ・・・
本当に綺麗に撮影されたものがアップされていましたよ・・・、
キムヨナのリップが。

せっかくカメラマンがキムのリップを横から撮影して、テレビ局はリップをリプレイしなくなったのにね・・・。エッジジャンプはエッジの角度を見ないと判定できないのに、なんで横から撮影するんですかね・・・?不思議ダー(棒)。

kimslip.png

浅田の3Lzは正式にエッジエラー判定を受けているので、たとえキムファンから浅田のルッツはフルッツだ!といわれても、「そうですね、公式のプロトコルにもそう記録されていますが何か?」と堂々と返せるのでやましいことがないって本当にいい。こっちはエッジエラーが問題だといっているのではなく、見逃しが問題だと言っているんですから。もちろん修正されるのが一番ですけれどね。キムは2007年から現在まで幾度もエッジエラーを見逃され、見逃されなくても加点を与えるという優遇をしてもらっていることを、本当に知らないんでしょうね。無知だからキムに不利な動画も、アップしてしまうんでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


圧巻227・86点!真央どうだ!!(笑)

ヨナ、ソチ前最終戦で圧巻227・86点!

真央どうだ!!
ドヤッ   byスポーツ報知



どうだ!って・・・(笑)
「アホか」、としかいいようがない。

ここまでふざけた点数を出されちゃ逆に馬鹿馬鹿しくて落ち着くんじゃないですかね。おかしい点が多すぎて、分析しようという気がおきませんよ。間違い探しで全く違う絵を2つ渡されて、間違いは何個?といわれているようなものです。間違いだらけでしょ、キリがない。どこが1つでも演技内容が点数と見合ってるところがあります?


それより浅田選手の可愛い写真を見つけたのでそちらを紹介します。
mao-sptorino.jpg
トリノでも五輪と同じように3Aを成功させ完璧に滑りきったのでとても嬉しそう(コラーの判定は(゚⊿゚)シラネ)。
お客さんの前だから凛としないと!という気負いがなく、演技を完璧に滑りきった直後なので、純粋に嬉しいと顔に書かれたような笑顔なのでとても和みます。


4年前と今の写真を見てたのですが・・・

4年前
mao-exhibition1.jpg

現在
mao-exhibitionatgpf2013gpf.jpg

こうしてみると、本当に華のあるスケーターだなあと。
全く・・・、美しく育ってくれて・・・・。(´;v;`)ホロリ

どちらの写真も別に技を披露しているわけではないけれども、目を惹くものがありますね。カプリースを最初にみた時は、どうして扇子を持ちながらあんなにテキパキ動けるのかなあと、感動したものです。小道具を使う演技は途中で投げ捨ててしまうことが多いのですが、ずっと使ったままの演技でしたので、そういうところも好きでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


矛盾だらけでどこから突っ込めば良いのか
1週間ほど前の記事で、キムヨナのジャンプに入る予備動作が大きいと指摘されたスレッドを紹介しました。気になったのは、彼女は一体いつから前かがみで沈み込みが激しいジャンプになったのかということ。3lz+3Tの3Lzに入る姿勢をようつべから探してきました。

↓これはバンクーバー五輪のSPです。背筋はまだまっすぐですね。
kimtakeoff3lz1.png

↓しかしGPSをサボったその年に、沈み込みが激しい癖の強い姿勢に。
kimtakeoff3lz2.png

ジャンプの質が落ちるのに1年もかからなかった。練習不足はすぐに演技に表れていた。プロであるジャッジはすぐに気づいたでしょうね。もしくはどのみち無条件で加点を与えるだけなので、前の質が良いとされていたジャンプもろくに見てなかったのかもしれませんが。

↓一応WC13のも張っておきます。2011年と変わらずの前かがみで沈み込みが激しい姿勢。
kimtakeoff3lz3.png

五輪2010→WC11→WC13の流れを見ると、質の低下は明らかです。
kimtakeoff3lz5_20140104110228382.png
サボリ魔キムヨナのジャンプは練習不足が仇となり1年であっさり癖の強い汚いジャンプに変わり果てました。

ジャンプに入る前の姿勢を指摘されることよりも、最近のキムヨナはむしろ、「氷上で回転を稼ぐ癖がある(グリ降り→これは五輪10以前からずっと言われていますが)」「着地後も流れがあったのに無くなった」「スピードが落ちた」等の意見のほうがよく見かけます。


ここで気になるのがGOEです。

五輪10以前からずっと加点がフリーダムすぎる(特にキムヨナ)!と批判されていたのは一応IJSには伝わっていたようで、とりあえずキムヨナを勝たせた五輪後には加点の幅が狭まりました。確かに、それならキムヨナの加点は減りそうな印象はありますね。

しかし実際はどうでしたか?

五輪10で得た加点が17.40点で、世界戦13で得た加点が16.51点と、変わってないです。

ジャンプの難易度を下げ、ジャンプそのもの質が低下し、その他もろもろの技術も弱体化して(スピンの回転速度が遅くなり柔軟性もさらに無くなった、ポジションが醜く、レベルが取れない等)、スパイラルに柔軟性もカバー力もないのに、どうしてこうもキムヨナへの加点はなぜ下がらないのか。

それは、いざ加点の幅が狭まると、キムのためにジャッジはすぐさまに対応してきたからです。

下記をご覧ください。五輪10でのFPとWC13でのFPで、キムヨナの3Lz+3Tに対してジャッジがどのように加点を与えたのかをグラフに表しました。年を重ねるごとに、質の落ちたキムのジャンプに+3の評価を与えるジャッジが増えてます
kimgoecomparison33.png
加点があんまりだといわれた五輪ですら、「+3」の評価を出したジャッジは1名だけだったのに、2011年には3名に増え、2012年はサボって一切出場せず、2年のブランクのあるキムが2013年に飛んだジャンプは6名も「+3」の評価を与えています。


つまりはこういうことです↓
kimtakeoff3lz6.png

ジャッジΨ(`∀´)Ψ:「加点の幅が狭まったならもっと+3出せばいい」

この3Lz+3Tへの加点なんて序の口です。下記はトータルでどのように加点を出していたのかを記載しました。
kimgoefreeprogram.png

やってられるか!!

  ∧_∧  GOEが急成長しすぎだろ!
⊂(#・ω・)   3試合で!!!
 /   ノ∪     
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \
           ̄ ̄


五輪とWC13では「+2」の割合は変わりありませんが、五輪では3割が「+1」だったのが、WC13では「+3」 変わっています。ジャッジは五輪でも7つしか+3の評価を与えなかったのに(当時の感覚では7つ"も"だったのに・・・)、世界選手権13で一気に33個に増えています。

五輪からGOEの幅が狭まったので、4年前と同じように評価をしてたのではキムヨナを勝たせられない。技を磨けよと突っ込みたくなりますが、キムは楽して勝てることの味を占めたため、難易度をドンドン下げて、GOEで+3ばかりを与えてもらい去年の世界選手権でぶっちぎりの優勝を果たしました。おそらく五輪では50個ぐらい+3の評価が与えられると思います。

これは明らかにシステムの問題ではなく、システムを使用するジャッジの方に問題があります。システムをどう”改善”しようとも、扱う人間が同じなのであれば変わりません。特定人物を何が何でも勝たせようとする行為が、不正でなければなんですか?


システムを改善する努力はもういいですから、

ジャッジを改善する努力をしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。