フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


驚異の偏り構成。これで”構成点”が歴代最高かい。
先日あげた記事で、ヨナ信者がIceCoverage(アイス・カバレッジ)/銀盤の使い方(満遍なくリンクを使ったか、滑ったか)を理由に、ソトニコワを中傷しているようなので、「距離の問題じゃない、どう使っているかの問題だ」ということを訴えたかったので、浅田とキムを比べました。

そして今回は、一体選手たちはどの位置でジャンプを飛んでいるのかを確認したところ・・・・
キムヨナがあまりにも偏っていて酷かったので、先にキムヨナと浅田の「ジャンプを飛ぶ位置」を紹介します。

ヨナのジャンプテイクオフを、1つの画像にまとめました。2Aと2A2T2Loは同じ位置で飛んでいるので、ちょっと重なり気味です。
yuna-kim-terrible-icecoverage-poorquality-practiceplz
yuna-kim-jumps-icecoverage2-writings.png
右→左→右→左→・・・・・・ワンパターン。

さすがPCS歴代最高点!

半端ない偏りですね!(怒)




ちなみに、浅田真央のアイスカバレッジ(ジャンプ編):
*このアングルでの浅田の演技はどこにもアップされてないので、大体ここらへんかな?という具合に書き込みました。*
mao-overallcoverage.png

浅田は特に後半がすごいんですよね。2A3T(左下)→3S(左上)→3F2Lo2Lo(右上)→3Lo(右下)・・・という具合に4つのコーナー全部使ってるんですから。
maoasada-icecoverage-4corneres.png

うーん。描き込んだラインは少し大雑把すぎたかもしれないです。

そういえば、オーサーはキムヨナには毎回同じ位置で飛ばすようにしてたんでしたっけ?成功率を上げるために。だからってこれはないでしょう。ヨナはオーサーの元で楽をすることしか学ばなかったのかね。まあ、この情報は昔どっかの書き込みで見かけただけなので、事実かはわかりませんが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


キムヨナは銀盤をよく使ってるキリッ→もはや演技見たのか疑わしい

*この記事で使われる省略:
  FC・フォアC=フォアクロス、BC・バックC=バッククロス、C=クロス


キムヨナの3lz+3Tには流れがある!Great Flow out of her Jumps(ジャンプの伸びが最高だぜ)! 
・・・みたいな解説を耳にたこができるほど聞かされてきたので、調べてみました。キムはスカスカプロで有名なので、どれだけスカスカなのかも検証してみました。

浅田の3Aや繋ぎは好きなので、そちらもキャプチャーしました。・・・というか、こちらのほうが先だったんですけれどね。振り付け自体は好きじゃないのですが、伸びやかだなあ~と思ってみてましたし。


浅田真央・・・3A -トリプルアクセル-
mao-3Atochoreography_201405101011158fb.png  

繋ぎ終了。3Aの伸びもつなぎも素敵。
ここから助走スタート。

浅田真央の助走(4BC)→ステップからの3F:
mao-3Ato3F-crosses.png
そしてステップからの3F。



キムヨナ -3Lz+3T-
yunakim-landingsp2nd3T.png

ジャンプ直後の繋ぎなし
キムヨナの助走(3FC)→繋ぎ→助走(1BC)→低空ホップ→助走(5BC)→ステップからの3F
yunakim-choreo1.png yunakim-choreo2.png


2人の違いをざっくりまとめますとですね・・・
本当にざっくりなので、距離などに違うところはあると思います)
comparisonbwmy.png


確かにめっちゃ漕いでいるので、
滑っている距離は長いのですが、無駄が多いだけです。

これらの無駄をヨナ信者は 

よくリンクを使っている、と表現する。


キムヨナの3Lz+3Tはいつも、わかりにくい角度で撮影されているので伸び具合がわからなかったのですが、国内大会ではいつもと違うアングルでわかりやすかったです。

ちなみに、これがいつもの角度:
yunakim-landingfp2nd3T.png
セカンドジャンプの伸びとしては、トップ選手たちと比較して別に普通だと思います。浅田の3Aと比較すれば伸びがないですが、浅田は単独でヨナのはセカンド3Tですから、伸び具合に違いがあってもおかしくありません。

キムヨナのジャンプは過大評価すぎるだけで、減点がなければおかしいほどに特別醜いわけではないと思います。PCSで評価されすぎている「繋ぎ」要素の出来は酷いもんですが、GOEは回転さえしていれば、ちょこちょこ加点がついても良いと感じます。ただ、「これが歴代最高だ!」「男子以上に高さと幅も飛びぬけたジャンプだ!」といわんばかりに、周りが追いつけないようにと、高すぎる加点を与えてもらえる期間が、ヨナに限ってはすごく長かったです。ホームアドバンテージによって、またはその年の注目選手に特別得点がもらいやすい大会や時期は、フィギュアにおいてよくあります。しかし、キムヨナは毎試合必ず加点され、2007年には、すでにどうしてキムヨナはあんなにも加点がもらえるのか?という意見が出ています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


フィギュアをスポーツにする気がない韓国。根本的に、主張が全く違う
韓国人の思考回路には毎回驚かされます。悪い意味で、ですが。

敵情視察を兼ねて、TheSkatingLessonやYouTube等で張られている韓国人が立ち上げたブログで、一体どのような主張でキムヨナが勝つべきだったと訴えているのかを調べてみたら、内容にあきれ果てました。

ソトニコワとキムヨナ騒動
(騒動と言いますか、鎮火している所を韓国人がガソリンばら撒いて騒いでいるだけのような・・・)

私の主張

技術(基礎点)でつけられる点差がわずかにもかかわらず、不透明なPCSやGOEであまりの点差をつけて、優勝してしまう選手がいる事自体がおかしかった。キムはこういった不透明さで優勝してきた選手だったので、そこで特別キム1人だけ贔屓されなければ負けるのは必然である。まして、ソトニコワは明白にキムヨナより難しいエレメンツに取り組んでいたので、彼女が金賞にふさわしかったかどうかは別としても、順位がキムヨナより上なのは当然だ。そもそも、キムは最低でも3Lz,3S,3Lz+3T等の回転不足を見逃されているので、本来ならば表彰台から落ちるべき選手が銀賞まで持ち上げてもらっている。


韓国人の主張
技術点でつけられた点差はわずかなので、芸術でキムヨナが勝てなかったのはおかしい!!!



スポーツする気ないのね。


WiLL (ウィル) 2014年 06月号
真嶋夏歩「キムヨナ銀メダル、まだ文句言う韓国」


詳細: あんたたちもっと驚きなさいよ「月刊誌『WiLL』6月号、真嶋夏歩さんの原稿掲載が決定しました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


トリプルアクセルを飛ぶイメージ
羽生がトリプルアクセルを、「壁にぶち当たって行く感じ」と回答したときは、壁に体当たりしているイメージだという印象を受けたので、心に闇でも抱えてるんじゃないかと思ったのですが(何度壁を壊してるんだ?と(笑))、織田との会話を聞くと、別にそんな変なイメージではなく、要は軸をぶれさせないように壁のような全く形の変わらない物に沿って飛ぶイメージをしている・・・ということかなと思います。

むしろ「壁のイメージをする」、と発言した羽生に対して、織田があそこまでビックリした事に驚きました。壁のイメージは一般的だと思っていたのですが・・・・。私ですら壁をイメージするという話を聞いたことがあったので、なぜ織田が知らないのかな・・・。もしかして一般的な教えではない・・・?

壁のイメージはヤグディンもしていました。羽生のは壁1つをイメージして、それに沿って飛ぶイメージのようですが、ヤグディンの場合は、空中に斜めの壁を2つイメージして、その間を飛びぬける感じらしいです(本田武やヤグディンが出ていたISU公式DVDで、アクセルジャンプの飛び方のコツをヤグディンがちょっとだけ語ってくれてました。)

まとめ動画のブログ(http://skating.livedoor.biz/archives/51882794.html)でコメントを読むと、ジャンプの話がよくわからない・・・との意見がみられたので、ジャンパーたちのイメージを描き込んで見ました。↓

howtojump-3A.png

あと、「当たって行く」と表現したのは、アクセルジャンプが前向きだからかもしれないです。


WiLL (ウィル) 2014年 06月号
真嶋夏歩「キムヨナ銀メダル、まだ文句言う韓国」


詳細: あんたたちもっと驚きなさいよ「月刊誌『WiLL』6月号、真嶋夏歩さんの原稿掲載が決定しました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


PCSで優遇してもらえるアドバンテージ
浅田真央はいつからキムヨナにPCSで勝たせてもらえなくなったのか?と思い調べてみました。

下記のバーグラフは浅田とキムのPCSがどのようにして点差が開いて行ったかを表しています。
yuna-kim-PCS-unfair-unconditional-favoritism.png

計算法:単純にキムヨナのPCS-浅田のPCS=39.57点。キムがサボっていた期間は正確には比べられないので、空白を作りました。

やはりというか、わかりやすいというか、韓国で開催されたグランプリファイナル(GPF)で浅田がキムヨナを破って優勝したのをきっかけに、嫌がらせのように「PCSは常にキムヨナが上」という不可解なルールが出来上がったようです。

上の図に、最低でも39.57点PCSで得していると書き込みましたが、点数以上にキムヨナが得していたのは、架空の実績を与えてもらっていたということです。試合に出なくとも、2試合出場するだけでありもしない4年分の努力が点数に反映されてきた。この4年間で浅田が15試合多く出場し、彼女自身のPCSを少しずつあげていった所で「+5点ルール」に変わりはなかった。つまり、キムは試合に出場しなくとも、まるで出場していたかのような点数をもらっていたのです。


キムヨナのブランクを埋めて、彼女が試合に出ないでどれだけ得してきたかを計算してみましょうか。

キムが浅田と同じだけ試合に出場し、PCSが順調に直線的に上がって行った前提して、ブランクを埋めみました。これにより、「もしキムヨナがまともに試合に出場したならば」の"ifの世界"の計算をしました(この計算法についての矛盾は下記にあります)。その上で、浅田とキムのこの8年間分のPCS点差を計算すると・・・
pcs-advantagecalculation.png

キムヨナがサボりまくりでもPCSが上がっていったそのアドバンテージはおよそ135.04点にも匹敵するでしょうね。

中には、135.04点得している、という計算に対して異論を唱える方はいらっしゃると思います。しかし、その反論の内容は、まあ、私でも予想がつくものだと思います(例:PCSは綺麗にまっすぐ上がるものではない、出場大会数が違っただろう、出場する大会・選手によってPCSは左右される、浅田はジャンプ修正により成績が思わしくなかったため点差が広がりやすい、PCSの予測はほぼ不可能等)。

そもそもキムヨナはミスをしない選手ではないです。そのため、まともに出場していたら、四方八方からバッシングを受けたでしょう。そういった意味でも、出場しないで点をあげてもらうことはとんでもなく卑怯で姑息だといえます。私はヨナが試合に出ないで卑怯だと感じたのは、浅田のように毎試合出場すると必ずバッシングするアンチが出てくることです。ヨナはそういったバッシングを年に1度受けるだけで済んだ(WC12をスキップしたので2年に1度のときもありましたが)。ソチシーズンも、キムはGPシリーズに出場すらしてないのに、浅田が演技をするたびに動画には韓国人からの酷い書き込みがありました。一方、キムは参戦すらしないので、批判する機会をアンチにほとんど与えませんでした。

キムには、「出場しないで、爆アゲしてもらおう」とする作戦は正しかったでしょうね。出場回数を減らし、構成の難易度を下げてもPCSは常に1位にしてもらえる・・・・・・という不可解なキムヨナルールを可能な限り世間の目に触れさせないように出来ましたし。キムヨナがPCSで得したのが、たかだか同じタイミングで出場した試合での点差だけだとは思いません。

真面目に出場していたら、PCSの上げ下げはあったでしょう。しかしヨナのような選手はたまに出場したほうが得だった。無条件で浅田より5点上回るように採点されていたのだから。

135点という計算には納得できない方もいらっしゃるかもしれませんが、39.57点という時点で相当ですし。どの道、キムヨナがPCSで救済されてきた事実に変わりない。

yuna-kim-unfair-PCS-GOE-mystery-1.png
*WC13のSPじゃなくて、WC11ですね。


試合に出ないほうがPCSが飛躍的にUPする例はキムヨナだけではなく、コストナーもですよね。

WC2012年でのPCS:65.72点
GPSをスキップし、EU13に出場したらPCSが70.28点

65.72→70.28・・・ GPSをスキップしたら一気に+4.56点

そしてWC14では1回転が3つ、転倒1回、4種トリプルでPCSが73.78点。意味がわかりません。五輪で銅賞だったから・・・という理由がなくはないですが、それをいったら浅田は五輪銀賞+世界女王2回ですからね・・・(今はワールドタイトル3つですが)。

試合に出ないで点アゲをしてもらう方法は、いってみれば他人の努力を自分の点数に反映してもらうことなんですよね。自分はいい印象を残した状態で姿を消して、周りのPCSが少しずつあがってから顔出しすると・・・

①周りのPCSが前よりあがっている(PCSはあがるものですし)
②このタイミングで復帰する
③ジャッジ「復帰したこの選手は、休まず出場し続けてきた選手たちよりも、上だったから、とりあえず上にしておこう」

・・・結果、試合に出なくともPCS☆UP!

去年開催されたWC2013では、キムヨナとコストナーのみが70点台のりをし、6種トリプルを飛んだ浅田は68点台に終わりました。関係したかはわかりませんが、浅田が引退を口にしたとたん69点台の常連になりました・・・が、結局、15歳のリプニツカヤが2年にも満たないキャリア(ワールドタイトル無、五輪メダル無、GPFメダル無、ナショナルタイトル無)で浅田のPCSを超えました。結局のところ、休む・休まないではなく、贔屓されればいくらでも点数なんて操作できるということです。

要は、PCSで軽々5・6点差つけるべきではないのでは?ということ。基礎点で5点差埋めるのがどれだけ大変か。下位の選手と上位の選手に5,6点差あるのは理解できますが、上位の間で5・6点差というのはアホかと。上位者達の実力にそこまで明白な違いがあるのでしょうか?

今回のルール改悪は残念でなりません。ましてGOEの重みやPCSの上がり具合に変わりないようですし。

あーあ。
せっかく3+3を挑戦する女子が増えたのにな。ま~た酷い点差をゴォオオオジャス!フェイス!で誤魔化されるのでしょうかね。アホくさ。



おまけ、少しさっぱりさせたグラフも用意しました:
yuna-kim-unfair-PCS-GOE-mystery-edited.png



WiLL (ウィル) 2014年 06月号
真嶋夏歩「キムヨナ銀メダル、まだ文句言う韓国」


詳細: あんたたちもっと驚きなさいよ「月刊誌『WiLL』6月号、真嶋夏歩さんの原稿掲載が決定しました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


昔見かけた浅田選手のアイコン素材
浅田真央選手のアイコン(無料素材?)でドット絵のような可愛らしいのを昔見かけた記憶があるのですが、検索してもさっぱり見つからないのです。

浅田選手が親指を立てていて、ひざは少し曲げた状態で、ニコニコした表情のアイコンだったのですが、どなたかご存知ないですか?アイコンは顔や上半身だけではなく、まあ、ひざの話もしたので予想はつかれたと思いますが、全体図です。衣装もバリエーションがあったような・・・・。

う~~~ん
もやもやします・・・・

見つけたら何なんだ?と聞かれたら・・・まあ、特になにかあるわけではないのですが、思い出したら気になって気になって。(ノ´∀`*)


WiLL (ウィル) 2014年 06月号
真嶋夏歩「キムヨナ銀メダル、まだ文句言う韓国」


詳細: あんたたちもっと驚きなさいよ「月刊誌『WiLL』6月号、真嶋夏歩さんの原稿掲載が決定しました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


サルコウも回転不足。でも全部カメラのせいだから!


ようつべのコメント欄


ソトニコワと真央のジャンプのほうが高くみえたけれど、カメラのせいじゃないかな。

カメラアングルが全部同じじゃない。客観的に判断するのは不可能だ!

アングルが違う・・・NBCの演技をみろ

全員クリーンだね

ソトニコワ2.5 & ヨナと真央は3.0かな?

ヨナのジャンプは低く見えるのは高めのアングルから撮影されてるからだ。

ヨナには悪いカメラアングルだ!!!!!!!! ダーティーな五輪め!


   _, ._
( ゚ A ゚;)


>カメラアングルが全部同じじゃない。客観的に判断するのは不可能だ!
じゃあ逆に回っていると判定されたジャンプは、角度さえ変えれば回転不足に見えるの?

動画には韓国人が必死にカメラのせいだ!!と書き込んであり、動画UP主さんが気の毒だったので、Upしてくださってありがとうとだけメッセージを残してきました。


カメラの角度ニダ!という苦しい言い訳は、実は私の英語版ブログのほうにも書き込まれておりました。英語版で下記の画像をUPして、なぜキムヨナのスパイラルが浅田と同じGOEであることがおかしいのかを説明しました。



そして返ってきたコメントが

The GOE thing is really interesting, but I think that you're kind of nitpicking. In the photos where you compare Yuna's spiral from Les Miserables to Mao's spiral in Swan Lake, the cameras are at different angles, so it's harder to see whether or not Yuna is really doing a lame edge compared to Mao.

Thanks anyways for posting this though.

>GOEの件は面白いと思うけれど、あら探しじゃないかな。ヨナのLes Miserableと真央の白鳥の湖のスパイラルを比べるのは、カメラの角度が違うから、本当にヨナが真央と比べて下手なエッジかは判別しにくい。



( ^ω^)・・・・・・・・・・・。

こんなのの相手をしてられんわ

じゃあ、別角度からのどうぞ(笑)
yunaspiraldis2.png

え?もしかして韓国人はキムヨナのスパイラルはすばらしいと思ってるの・・・・???本気・・・?


そろそろ英語版の更新に戻る予定なのですが、記事の内容に反論できない韓国人はとりあえず中傷コメントを残して行くので、少しここでストレス発散しておきます。1番堪えたのは浅田のソチのSPの直後に集団で中傷コメントを残されたときかな・・・。まあ、すぐにスパム登録して対処したのですが。


WiLL (ウィル) 2014年 06月号
真嶋夏歩「キムヨナ銀メダル、まだ文句言う韓国」


詳細: あんたたちもっと驚きなさいよ「月刊誌『WiLL』6月号、真嶋夏歩さんの原稿掲載が決定しました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。