フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
お咎めなしと聞いてから謝罪。
■今週末に更新します。

ご無沙汰して申し訳ありません。霧の悪いタイミングで更新をとめてしまいご心配をおかけしました。自分は元気にやっています。この季節、出会いと別れが多く、そちらに専念していたら、あっという間にときがたち、いざ戻ってこようにも、60件以上のコメントがつく記事を書いたのだから、なんらかしら対応をしなければならないと感じていました。

あの件に関しては次の記事で触れますが、あらかじめ言えるのは、1ヶ月前の記事から高橋に感じることはほとんど代わっていないということです。

前回、明日上げると書いて約束を破ってしまったので、もう具体的にいつあげるか、ということは宣言しないようにします。



追加:すみません、今日中に終わりそうに無いので、明日になります・・・・。


20日→セクハラ・パワハラ騒動勃発。橋本、即座に「セクハラじゃない、外国人と付き合うとああいうことやっちゃうんだよねー」と言い訳をする。その後、都合よく体調を崩しご入院。HPは偽造「サーバー落ち」。
21日→高橋、1人でセクハラではなかったと弁明。
22日→JOC会長が「別に問題ない」と判断。橋本にお咎めなし。
23日→橋本、処分されないと聞いたとたん復活!「お詫びするわ、お~ほほほw」


処分を受けないとわかった途端に”謝罪”するとかね。


こういうのが1番嫌いだわ。


あの記事の追加記事を何度も書きあげようとしたのですが、結局書き直すばかりで、いつも出来上がるのはまとまりのない内容ばかり・・・。もう何時間も費やしたので、明日にはもう何が何でも終わらせて、この件は以後触れないでいようと思います。触れたとしても、この件だけを蒸し返すことはありません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


無料でビールを飲めたカナダ人だって法律やルールを守っていた
canada-beer-rules-sochi.png
ソース:

モルソン社が提供した無料自動販売機(*冷蔵庫)は、カナダ・ハウスに設置されているだけで、カナダ人はロシアの法律に従って試合会場(ホッケー等)にはお酒を持ち込んでおりません。

そして、カナダ代表のケヴィン・レイノルズ選手自身、周囲がお酒を選手村に持ち込めないことを愚痴っていたとインタビューで答えています。


こちらは問題の写真に写っていたお酒のカンとボトルです。
  alcoholornot.jpg

カンのほうは、バルティカじゃないでしょうか・・・。しかし、ボトルのほうは、ワインのような・・・・。バルティカ・ブランドにもボトルはありますが、形もデザインも違います。それに、ノン・アルコールなら「お酒を飲んだから」という高橋選手の発言に矛盾が生まれます。

「法律違反」までいかなくとも、ルール違反だったんじゃないかなと思います・・・。

この件に関してもっと情報がほしいところですが、ロシア語は読めないですし、私が調べられるのはここまでが限界だと思います・・・・。

*20歳以上のカナダ人と推測したのは、カナダ人の若いお嬢さんが試したらダメだった、とレポなさっていたので、おそらくロシアの法律に従ってダメだったんじゃないかと・・・。・・・あれ?ロシアってそういえば何歳から飲酒なんだろう・・・すみません、20歳じゃないかもしれないです・・・*

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


アルコールの持ち込みは違反だった。JOCが幕引きしたい理由
*ロシア語の記事を追加。

もしかして、お酒の持ち込みも違反すれすれだったから、わざわざお酒は持ち込めると擁護してるの?

・・・なんて、怒りに任せて書いたわりには的をついていたかもしれないです。
私は翻訳は苦手なので、こちらのブロガーさんの記事を紹介したいと思います。

☆★じゃくりんさんの「英文記事:ソチ五輪;オリンピック会場では飲酒禁止;国を挙げてのアルコール消費抑制の一貫」
http://ameblo.jp/jacqueline508engcafe/entry-11770660753.html

まず、上記の記事を踏まえてくださいね。


じゃくりんさんは、具体的に「法律」で違法になったことを書かれていますが、「五輪のルール」はまた違うなので、それをソースとともに、説明していきたいと思います。Googleで直訳されたものをそのまま残していることもあるので、わかりにくいものもあります。

*オリンピック・パークは、山と海沿いの2つに別れていました。山のパークはスキーやスノボ。海沿いはスケート・カーリング・ホッケーなどの大会が行われました。

ソース1:
Sochi Winter Olympics: Alcohol ban against 'the spirit of curling'
Read more: http://www.smh.com.au/sport/winter-olympics/sochi-winter-olympics-alcohol-ban-against-the-spirit-of-curling-20140215-32sji.html#ixzz3B6nhOauA

"Last year the Russians passed a federal law prohibiting the sale of alcohol inside sports stadiums and arenas. There's also a local law banning the sale of alcohol within 50m of many sports facilities."


昨年ロシア人はスポーツスタジアムやアリーナ内部の酒類の販売を禁止する連邦法を可決した。多くのスポーツ施設の50メートル以内にアルコールの販売を禁止する現地の法律もあります

ソース2:
Sochi Olympics a story of contrasting scenes-最初らへんを省きます(ビール関係ではないので)ー

Beer with zero alcohol

Want a beer? You can have one in the mountains, but you mostly can't on the coast.

A federal law enacted last year prohibits the sale of alcohol inside Russian sports stadiums and arenas. And a local law enacted last month prohibits the sale of alcohol within 50 meters of many sports facilities.
The upshot: No shots of vodka or bottles of Baltika for you, unless you're lucky enough to find one of the very few places in Olympic Park where it's sold.”

Restrictions don't apply outdoors so real beer and mulled wine are for sale in the mountains. But these are not hard-drinking crowds. At the cross country venue, full-strength Baltika is sold in tandem with food not normally associated with beer, at least by the standards of an American tailgating sensibility: Powdered doughnuts or folded pancakes with fillings of chocolate, cheese or ham.

All this is a far cry from the Vancouver Games, where Canadian ale flowed freely. So it is little surprise that one place where you can get beer on the coast, if you are lucky enough to score an invitation, is Canada House. Molson is free to anyone who swipes a Canadian passport on special maple-leaf-red refrigerators.

This is apparently proof Canadians believe beer is their birthright, though Russians who feel the same about vodka are mostly out of luck.”   Contributing: Nancy Armour and Mike Brehm


ゼロ・アルコールのビール

ビールを一杯いかが?山地にいる貴方は飲めますが、海沿いの方はなかなか飲めないでしょう。
(*山地→スノボ・スキーなど。海沿い→フィギュア・ホッケー・カーリングなど)

昨年制定された連邦法は、ロシアのスポーツスタジアムやアリーナ内部の酒類の販売を禁止しています。そして先月制定され、現地の法律では、多くのスポーツ施設の50メートル内のアルコールの販売を禁止しています。 

モルソンは、特別なメープルリーフ冷蔵庫カナダのパスポートをスワイプ誰でも無料で利用できます。(カナダのパスポートを使えばモルソンが提供したビールを飲める。カナダ人のみの特権ということです)

ソース3:

There's just something special and delicious about the age-old tradition - for those of age to drink, of course.

Well, fans at the Sochi Olympics have been dealt some harsh news - beer and alcohol isn't being served at most events during the Winter Games.

Gasp!

The Wall Street Journal explains why this is happening:

Russia, whose most famous export may be vodka, is staging the driest Olympics in memory. For many fans, it is the biggest upset of the Winter Games. A new federal law last year prohibited the sale of alcohol inside sports stadiums and arenas. And a local ordinance last month banned alcohol sales within 50 meters of some sports venues.

Let that sit in for a moment.

It's not all bad news, fans can still get alcohol at some of the venues, according to the WSJ.

In the mountain Olympic venues, which are outdoors and not subject to restrictions, the alcohol flows freely. At the snowboard halfpipe Tuesday, fans drank from cans of alcoholic Baltika and cups of mulled wine.

But at indoor ice venues along the Black Sea(フィギュアスケート会場がある場所です), drinking options are limited. The lone restaurant in the Olympic Park has a full bar. And alcoholic beer is sold at two Coca-Cola food stand areas and a larger food court. But with so much nonalcoholic beer on sale, the real thing is hard to find.

"It's not advertised very well," said Canadian visitor Erin Gagne, 27. "We had no idea they sold beer at the Coke tent until we asked someone."

One fan brought up a very good point:

The sentiment has surprised some foreign visitors, particularly at events where drinking is common in other countries. "Who wants to watch curling sober?" said Scott Simms, the 27-year-old brother of Morgan Simms. "No one. I'll tell you that right now."

While beer isn't being served at most events, Canadian athletes are enjoying their special beer fridge that requires a Canadian passport to get free beer.

What did we learn from all of this? Canada is the big winner in Sochi.

しかし、黒海に沿って屋内アイス会場では、飲み物の選択肢は限られているオリンピック公園唯一のレストランでは、本格的なバーがありますそしてアルコールビールは、2つのコカコーラ屋台エリアと、大きなフードコートで販売されているしかし、ノンアルコールビールばかりでノンじゃないビールを見つけるのは難しいです

「うまく宣伝されていなかった」とカナダの訪問者エリンガニエ27)は語る。「私たちは誰かに尋ねるまで、ビールがコーラのテント販売されていたなんて知りませんでしたと述べた。



ソース3: 
Official Spectator Guide: The XXII Olympic Winter Games, 2014 in Sochi, アップデート:2013年11月
               [公式観戦ガイド:冬季五輪2014] p.27

List of prohibited items at the venues:

Food and drink products, including alcoholic beverages (with the exception of children's food and mild, no more than 1 litre per child), thermos flasks and jars, glass containers and bottles, liquids with a total volume greater than 100ml

会場で禁制品のリスト:

子どもたちの食糧と子供一人当たりマイルドわずか1リットルを除くアルコール飲料魔法瓶や瓶ガラス容器瓶、100ミリリットルを超え、総容積を有する液体を含む食品飲料
↑Googleさんにおまかせしたままにします・・・・。液体は100mlまでよ!とガイドに書いてあります。



法律違反:

・ 去年から、スポーツスタジアムやアリーナ内部のアルコールの販売を禁止されているスポーツ施設の50メートル以内にアルコールの販売を禁止する地域もある。(法律違反にあたる)
・ もともと、スケボやスキーのファンからアルコール被害は出ていなかったための競技場にアルコールはOK。ブラック・シー沿いのスポーツスタジアム・アリーナ(ホッケー・スケート等)には持ち込んではダメ。(カーリングファンはお酒を飲みながら観戦するのがお好きだそうな・・・知らなかったです・・・)


オリンピック・パークの状況:

・ オリンピック・パーク内は、どこもかしこもノン・アルコールのビールの「Baltika」ばかり。
・ オリンピック・パークへの飲み物は100mL以内の持ち込みで規制されていた(ベビー用品等は1Lまで)。
・ オリンピック・パーク内で堂々アルコールを飲めたのはカナダ人のみ。理由はいまいちわからないですが、モルソン社が特別に、カナダのパスポートさえ持っていれば飲み放題のビール自動販売機を用意してくれたような。
・ オリンピック・パーク内(海沿い)でもアルコールは販売されていたが、Baltika(ノン・アルコール)がほとんどを占めていたため、探すのは困難だった。


・・・・と、ここまでは、得やすい情報なのですが、具体的に「選手村(Village)」に持ち込んでいいものかは書いてありませんでした。競技場のみダメなのか、お酒はお店から買って部屋に持ち込んでいいのか。

とりあえず、Village(選手村)に持ち込めたのかを、調べていたのですが・・・・


オランダ人の金メダリストの記事
Michel-Mulder-KKT-duim-Sander.jpg
”But the Russian security guards were unrelenting. No alcohol was allowed in the Olympic village, not even for champions. And since the Holland Heineken House (the place near the village where the Dutch celebrate their champions with alcohol fueled parties) was no place for a sportsman preparing for a race, Mulder and his colleagues had to go to bed sober. The horror.”

http://lordsofthedrinks.com/2014/02/13/sober-in-sochi-the-olympic-spirit-is-murdered/
+4,684,268 ヒットのあるブログ、FacebookでLikeされている数:5000以上のブログからです。

しかしロシアの警備員容赦なかったアルコールはチャンピオンですらオリンピック村への持込は許可されませんでした。オランダハイネケンハウス(オランダアルコールで彼らのチャンピオンを祝う村の近くの場所は、当事者を煽っレースの準備をするスポーツマンがいくような場所だはなかったので、モルダーと彼の同僚は、地味なベッドに行かなければならなかったなんというホラーだ(お酒がないなんてありえない!と訴える記事だったので、冗談交じりでホラーと書いてあるようです)。


まさかのケヴィン・レイノルズ選手のコメント発見!!!!
kevin_reynolds.jpg

Canadian Olympians keeping upbeat mood in athletes’ village: DiManno
www.thestar.com/sports/sochi2014/2014/02/06/canadian_olympians_keeping_upbeat_mood_in_athletes_village_dimanno.html

Coming around the corner now lopes figure skater Kevin Reynolds, who will skate the long program in the team event Sunday. His roomie is pairs skater Eric Radford.

“The whole atmosphere of the village is really cool,” says Reynolds, who’s been soaking it all up since arriving last Sunday, not knowing what to expect from his first Games. “Maybe the food’s a little bland, for my taste.’’

No alcohol allowed anywhere in the village, of course. “There’s been some complaining about that.”


日曜日にはチームイベントフリープログラムをすべるフィギュアスケート選手のケビン·レイノルズ彼のルームメイトは、ペアスケーターのエリックラドフォードである

村の全体の雰囲気は本当にクールだ」と、先週の日曜から選手村を堪能し、最初のゲームがどうなるかまだ知らないレイノルズ氏が語る。 食べ物は自分には少し味気ないようです」

もちろん、アルコールは選手村のどの場所でも許可されていません そのことについては、いくつが苦情があったよ

現地でボランティアをなさった方からの情報
volunteeratsochi.jpg

Syracuse graduate at Sochi Olympics: Surprising facts about Olympic Village
http://blog.syracuse.com/outdoors/2014/02/syracuse_graduate_sochi_olympi.html

A 2013 graduate of Syracuse University who is pursuing a master's in Information Management, Brittany Legasey is currently working as a volunteer press assistant for the International Olympics Committee at the XXII Winter Olympics in Sochi, Russia.

I asked her to list several things that might surprise folks back in Central New York about the Olympic Village in Sochi.

*

2) There is no alcohol allowed within the villages hosting athletes and smoking is restricted to a few select areas. (These rules don't apply to the Volunteer Village 'Omega' where I'm living. There is a market very close to my shared apartment within the village that sells both alcohol and cigarettes.

情報管理の修士を追求してシラキュース大学2013年卒業しブルターニュLegaseyは現在ソチロシアでXXII冬季オリンピックの国際オリンピック委員会ボランティアプレスアシスタントとして働いている

私は、ソチのオリンピック村についての背中中央ニューヨークで人々驚かせるかもしれないいくつかのことをリストする彼女に尋ねた

*

(2)選手をホストする村ではアルコールの持ち込みは許可されませんし、喫煙は限られた場所にのみ許されています。 これらのルールは、私が住んボランティア'オメガには適用されませんアルコールとタバコの両方を販売しており、村の中の私のアパートの共有に非常に近い市場があります



Alcohol is not allowed in the village, nor are prying reporters or most other visitors.
http://www.today.com/id/35439222/ns/today-today_in_vancouver/t/cold-days-hot-nights-olympic-village-secrets/#.U_c_kGNS_IU

お酒の持ち込みや、詮索好きなリポーターやほとんどのビジターの訪問選手村で許可はおりなかった


Right from the moment when the venue is passed over to the organizing committee of Sochi 2014, strict laws will be put into effect in the Olympic Village. Cigarettes will be completely banned as the Village is a smoke-free zone. And it will be practically impossible to find alcohol in the Olympic Village.

The Olympic Village: Where dreams of gold will be made - http://rbth.com/sport/2013/12/01/the_olympic_village_where_dreams_of_gold_will_be_made_32127.html)


会場ソチ2014組織委員会に渡された瞬間から厳格な法律は、オリンピック村の施行されますは禁煙ゾーンですとしてタバコを完全に禁止されるそして、それはオリンピック村でのアルコールを見つけることは事実上不可能になります

ロシアからの記事:2014年1月
http://echo.msk.ru/programs/oblozhka-1/1237988-echo/

原文:
Сейчас нельзя и жидкости проносить - ни на объекты, ни в олимпийскую деревню.

О.ЖУРАВЛЕВА: И неважно, спортсмен ты, или гость.

С.ЖУРОВА: да, нельзя. Причем, это было уже на других олимпийских играх. Так как алкоголь с деревне строго запрещен и это должны контролировать, поэтому некоторые вещи будут достаточно жестко делаться. Вот сейчас обсуждается вопрос фляжек с напитками - возможно, будут просить пробовать.

英語:
Now it is impossible to carry liquid - neither objects nor to the Olympic Village.

O.ZHURAVLEVA: It does not matter, you are an athlete, or a guest.

S.ZHUROVA: yes, you can not. Moreover, it was already on the other Olympic games. Since alcohol is strictly forbidden to the village and it must control, so some things will be tough enough to do. Right now discussing flasks with drinks - may be asked to try.


日本語:
どちらのオブジェクトも、オリンピック村へ-今では、液体を運ぶことは不可能である


O.ZHURAVLEVA:それはあなたがアスリート、またはゲストである、重要ではありません。 アスリートであれゲストであれ、無関係です)

S.ZHUROVA:はい、することはできません。 また、他のオリンピックに既にあった。 アルコール以来厳重に村に禁止され、それが制御する必要がありますので、いくつかのものが行うのに十分厳しいものになります。 今のドリンクフラスコを議論-を試してみるようにお願いする場合があります。



JOC幹部

選手村に選手団役員は打ち上げなどでお酒を持ち込めるのはルール違反でないはず(・・・だ。たぶん、そのはず)だが、本人から事情を聴いてみないと細かい状況が分からない」


ルール違反じゃないはず・・・・


はずだから・・・!

はずだよ!



・・・って・・・

いや、あちこちでダメだったといわれてるんですが・・・・・・・・

このJOC幹部の発言は最初から引っかかっていたんです。どうしてルール違反の話をしているの?セクハラ・パワハラのことは?と・・・。JOCにしてみれば、こっちのほうを問題視されたくなかったのか。こっちのほうが大事になるものなのでしょうか?もうわけがわからないです・・・。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

違法ではないので犯罪ではないですが、ルール違反だった・・・ということでしょうか・・・。
ルール違反でお酒を持ち込んだ挙句「セクハラ事件」を起こしたわけですか。



    *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな~れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚


連日からショッキングなニュースばかりでもう疲れました・・・。
美味しい物でも食べて気分転換してきます。やっぱそんな気になれなかったわ。いろんなことがずさんなんですね、スケート連盟って。

追加:一応メールで問い合わせましたけれど、たぶん回答は来ないだろうなと思います・・・・。
追加2:どうにも日本人はロシアで厳しいアルコールの取り扱いをするということをあまり知れ渡ってたなかった印象があります。日本のサイトからはなんの情報も出てこない・・・・。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


気持ち悪い!!ただ、気持ち悪い!!どっちもどっちなのか?
**高橋ファンには大変厳しい内容になっていると思います。**


****************************
****************************
****************************
****************************
****************************
****************************
****************************
****************************
****************************


外国では、役員と選手が口と口でキスするのが自然って初めて知ったわー

バンクーバー五輪でフィギュア日本男子初の銅メダルを獲得し、ソチでも6位に入賞するなどエースとして活躍してきた高橋とは21歳の年の差があり、“上 司”と“部下”の関係ともいえる。酒席とはいえ、異性にキスを強要したとすれば、セクハラ、パワハラと取られかねない行為だ。

 橋本氏は同誌の取材に文書で対応。キスは強制ではなく、選手団の選手や役員は外国選手等との交流が多く打ち上げなどでごく自然にハグやキスをすることが ある、とした。その上で「一般の方の誤解を招くことがあったとすれば、気を付けなければならないと反省しています」などと弁明している。


外国人と交流してたからぁ~
外国に住んでたからぁ~
日本人には理解できないかもしれないけれどぉ~

安藤美姫かよと一瞬思ってしまった。

橋本は外国スケート連盟の役員に、「あなたたちが普段から選手にやっていることを日本人選手にしたら問題になったわ!」と言えるんですか?外国人との交流を理由にするなんて、屁理屈もいいところ。貴方は、日本スケート連盟会長でしょう!!

高橋側も同じ内容の弁明をしました。ならば彼も、外国人スケーターに「君たちが普段から役員とやってることは日本じゃ問題になるんだよ~」と言えるの?、と。セクハラの可能性が極めて高いのに、こんなあいまいな弁明・・・?今までの恩があって庇っているのでしょうか。今後もスケート連盟とかかわっていくから、こういう弁明にすらなってない屁理屈を出したのでしょうか。

高橋の発言1つで橋本の未来が決まります。長い付き合いだったこともあり、追い詰めにくいのかもしれません。高橋は争いを嫌うタイプのように見えます。たとえば、世界選手権2012は高橋が優勝するべきだったのでは?といわれましたが、高橋はチャン選手を「体力がある」「スケーティングがすごい」とチャンの優勝を正当化し、1番好きなスケーターにあえてチャンをあげました。そういう方だというのは重々承知ですが、今回のような悪質な案件ではハッキリしてほしかったです。

橋本の高橋贔屓がひどい!という意見は前から飛び交っていましたし、証拠がやっと出たって感じはしなくはないです。

高橋に問題があった、なんて思いませんが、この「弁明」は本当に酷い。外国のせいですかい、そうですか。ヘェー。


■飲酒で暴力無罪?

 ユース五輪で中国の南京に滞在している竹田会長はJOC幹部と19日夜に対応を協議。
「選手村に選手団役員は打ち上げなどでお酒を持ち込める(だから?)。それ自体はルール違反で ないはずだが、本人から事情を聴いてみないと細かい状況が分からない」と説明した。


お酒を言い訳にするのはもうダメだわ
セクハラは立派な暴力です。


お酒を理由に暴力を振るうのはOKという
言い訳ですか?なんじゃこりゃ。
JOC幹部にも問題がある。

もしかして、お酒の持ち込みも
違反すれすれだったから、
わざわざお酒は持ち込めると擁護してるの??



もし、お酒を理由に暴力OKという解釈のほうが正しいなら、「飲酒運転して人轢いちゃったけれど、仕方がないね」って言ってるようなもんでしょ。あほか。言い訳が先に来ている時点で、本人にはすでに事情は聞いているっぽいし、真っ黒なんでしょ。キスの事実はもう写真が出回っているので取り消せないですし、「セクハラ退職」していただきたい。


■口裏合わせ完了・・・真実は闇の中?


口裏を合わせてきた時点で、真実は明らかにならないでしょう。

セクハラであった可能性もあり、不倫関係であった可能性もあり、またはネジがぶっ飛んだ方々だった可能性もある・・・という大変気持ち悪い状況ですが・・・・。

高橋と橋本の弁明が彼らの真意だとします(「外国では当たり前☆」)。お互い本気であれを理由にしているとします。
そうなると、彼らが出した弁明は:

「セクハラじゃありません。
 不倫でもありません。
 自分たちの常識はぶっとんでいません。
 なぜなら外国育ちですからキリッ」

という、セクハラ否認、不倫否認、自分たちの常識や感性がぶっ飛んでいる事を否認。
外国の文化に罪を擦り付けて解決☆


こんなので納得がいくとでも?


意味のないキスだというならば、偶然「お気に入りの高橋」がキスの相手に選ばれたというのもおかしな話です。

たとえ橋本の一方的な好意であったとしても、こういった形で公になってしまった以上、いまさらどのように橋本が”言い訳”しても、今後、高橋の活動に悪影響が少なからず及ぶでしょう。本当に残念でならないです。

常識的に考えて、橋本聖子のような50近いおばちゃんに言い寄られて高橋も相当不愉快だったと思います。”刃向かったら終わり”という黒い噂もあるスケート連盟で生きていくにはうまく流してやっていくしかなかったでしょう・・・・。


しかし・・・・・


橋本聖子だけの責任でしょうか・・・・??


周囲は誰も助けなかったし、止めようともしなかった。・・・・スケ連がどれだけパワハラで選手や役員をコントロールしていたのか今回ではっきりしました。会長自身が堂々とセクハラしてるんですもの。



パワハラはこの件だけじゃない!


ニュースによるとパワハラ・セクハラとは・・・

「公の場で立場が上の人間が立場が下の人間に対してキスをした場合キスをされた側の真摯な同意がない限りその行為はセクハラ・パワハラに当たる可能性が極めて高い

以前にも、橋本は浅田真央から「真摯な同意がない」にもかかわらず、阿倍総理にハグをしろと強要したことがあります。安部総理は空気を読み、「ファンに怒られちゃうから」とやんわりと断りましたが、結局その場の空気に流されハグをすることに。

阿倍総理と浅田選手のハグ写真だけを見ると、まるで二人とも「真摯な同意」があってやったかのように見えますが、実際は違います。高橋選手の件も、キス写真だけみて判断することは出来ないです。高橋も、何度もキスを迫られて、その場の空気に任せてやったんじゃないか、という意見もあります。

日本スケート連盟会長が人前でお気に入りの選手に性的な要求をして問題にならないのなら、出来レースなんて彼らにしてみれば、どうして問題になのかわからないのかもしれないですね。

なにもかもが気持ち悪い。

やっぱり腐ってるわ、スケート連盟。





・・・・と、ここまでが高橋から声を聞くまでの考えでしたが・・・

日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化本部長を務める橋本聖子参院議員(49)が、2月23日のソチ冬季五輪閉会式後に選手村で開かれた打ち 上げパーティーの酒席で、フィギュアスケート男子の高橋大輔(28=関大大学院)にキスを強要したと、20日発売の週刊文春が報じたことについて21日、 高橋が横浜市内で初めて取材に応じた。

 まずは「私事で関係者やファンの皆さんにご迷惑、ご心配をお掛けして。おわびします」と切り出した。続けて「お酒が入り、はしゃぎすぎて、あんなことになってしまった。お酒を飲んだ中でも考えて行動しなければいけない」と反省の弁を口にした。

 もっとも「セクハラ、パワハラを受けた」という解釈については「会長は選手思いの方。叱咤(しった)激励もしてくださった。パワハラ、セクハラとは一切、思っていません」と話した。「大人と大人。羽目を外しすぎたということ」と自重気味に締めくくった

 22日に開幕するフィギュアスケートのアイスショー「フレンズオンアイス」の公開リハーサルが行われた、新横浜スケートセンターで語ったもの。既 に高橋のマネジメント担当者が「高橋にパワハラやセクハラを受けたという認識はない。セクハラでも何でもなく、スケート界では健闘をたたえて、ハグやキス をすることはよくあることです」と説明していたが、それを追従するものとなった。

http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20140821-1354456.html

あーはいはい。
世の中のすべてお酒のせいですか。



「自然なことなのでOK」

「お酒のせい」


弁明の内容、がらりと変わってるし!!(怒)


橋本とキスをしてご機嫌をとるのは初めてじゃなかったんでしょ?って思えてきます・・・・。そうなると、いままでのいろんな疑惑が本当であったとしか言いようがないです!!そういうことを平然とする仲だから、優遇してもらえたこともあったということですか?ありえない。気持ち悪い。顔も見たくない!

本当にセクハラ・パワハラではなかったのなら、貴方がいままで積み重ねてきたすべてが疑惑つきになるんです。本当にそれでいいのですか!

「大人と大人」??は?不倫行為が大人と大人??ファンを馬鹿にしているのか!

もうだめ。会長が選手に手を出したというだけでもありえないのに、年の差の事や、片方結婚していたり、子供もいたり、見苦しく外国の文化のせいにしたかと思えば、お酒だとも言ってみたり・・・そして最終的には大人とオトナぁ?はあぁあ???

二人とも平然とこの大問題を流そうとしている。それで片付くと思い込んでいる。

最悪です!!!こんなのいままで応援してきたファンに失礼にもほどがある!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


スピン比較~足換えコンビネーション編~
こちらはフライングをしない足換えの記事です。フライング足換えコンビネーションの比較はこちらになります。
★足換えコンビネーションはフライングを入れようと入れまいと基礎点に変わりはありません(フライングと同じく、Lv4=3.5点)。

浅田真央とキムヨナの足換えコンビネーションスピンを比べてみました。
まずは、浅田・キムのスピンの組み合わせを比較してから、両者の引き出しを比較します。


年別比較

浅田真央

ショート
CCoSpMaoShort06-07.jpg CCoSpMaoShort08-09.jpg CCoSpMaoShort-10-13.jpg

フリー
CCoSpMaoFree2.jpgCCoSpMaoFree1.jpg  CCoSpMaoFree 3


キムヨナ


ショート
CCoSpYunaShort.jpg 
フリー

CCoSpYunaFree.jpg


■気づいたこと-組み合わせ-

浅田真央
ざっくりですが・・・・

①シット→キャメル→アップ→シット→アップ
②キャメル→シット→アップ
③キャメル→アップ→シット
④キャメル→シット→レイバック
⑤キャメル→シット→アップ→レイバック→アップ

キムヨナ
予想通りといいますか、

ショートもフリーも常に「キャメル」→「シット」→「アップ」の繰り返しです。
12/13、13/14年度のショートでは、「キャメル」→「シット」「アップ」「シット」「アップ」という、シットとアップの繰り返し。しかもこれ、自身のシニアデビューの2006にやっていた足換えそのままなんですよね。



足換えコンビネーションのバラエティ比較(フライング無し)

○キャメル

CCoSpVariation camel

○シットスピン
CCoSp-Variation -SitSpin

○アップライト

CCoSpVariation -upright-

○レイバック
CCoSpVariation layback



質と量を兼ね備えているのは浅田真央のほうです。

→ジェシー・ヘルムズ氏が「Hubpage」に、「『質』と『量』を兼ね備えている。ジャンプ、空中での姿、着氷とどれも非常に優美で高難度の技術だ」と書いたそうですが、どうやらHubpageには、金儲けできるシステムがあるそうなんで、あえて韓国人が喜びそうなもんを書き上げた可能性があります。実際ページにいってみたら、広告だらけでしたし。韓国のネットユーザーの集団性だけはすごいので金儲けに利用されちゃったのかな。

それはひとまずおいといて・・・・

はっきりしたのは、ポジの美しさ、スピンの組み合わせの多さ、そしてスピンの種類の多さも浅田真央のほうが遥かに優っていたという事です。腕の振り付けも浅田のほうが工夫しています。

キムヨナは決してフルパッケージ(すべてを兼ね備えた)な選手ではありません。まして、浅田真央と比較していたにもかかわらず、キムヨナをプッシュしていたメディアがどうかしていた。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


スピン比較~フライング足換えコンビネーション編~
足換えコンビネーションはスピンコンビネーションの中でもっとも基礎点が高いです(Lv4=3.5)。フライングで入るか、飛ばないで入るかの2択がありますが、フライングではいるとレベル上げに繋がりますし、出来栄えがよければ加点対象(GOE)にもなります。

フライング有無で記事を分けました(一緒にすると重くなるので)。この記事はフライングのほうです。

フライングについては、こちらの記事(リンク)と、画像、そしてKODEMARI SAKURA YUKIYANAGI様の「スピン。。。」をごらんいただければ、どちらのほうが質が高いかは明白なので、これ以上触れません。

すべてを兼ね備えた()キムヨナと、加点が低い浅田真央のスピンの引き出し(バリエーション)を比べてみました。
まずは、浅田・キムのFCCoSpの年別比較画像を紹介してから、引き出しの比較をしてきます。

年別比較

浅田真央

(フリーのみ、ショートはなし)
FCCoSp Mao Free
06/07→10/11→12/13→13/14の順です。

キムヨナ
 
ショート
FCCoSpYunaShort.jpg 


フリー
FCCoSp-YunaFree.jpg



■気づいたこと-組み合わせ-

浅田真央の組み合わせのバリエーションは:
 
 ①シット(基本姿勢)→キャメル(ドーナッツ)→アップ(ビールマン)
 ①シット(キャノン)→キャメル(キャッチフット)→アップ(ビールマン)
 ②キャメル→キャメル(ウィンドミル)→シット(キャノンボール)→アップ(ビールマン)
 ④キャメル→キャメル(ウィンドミル)→シット(キャノンボール)→レイバック(キャッチフット)→アップ(ビールマン)

毎年違う組み合わせ。

キムヨナの組み合わせのバリエーションは:
 ショート:キャメル(基本)→キャメル(レイオーバー)→キャメル(キャッチ)
 フリー:キャメル(基本)→キャメル(レイオーバー)→シット(ブロークン・キャノン)→アップ(変形)。

ショートとフリーで違いはあるものの、組み合わせはいつも一緒


フライング足換えコンビネーション-スピンの種類比較-

○キャメル
FCCoSpVariation-Mao-vs-Yuna-CamelSpin.jpg



○シットスピン
 FCCoSpVariation-Mao-vs-Yuna - SitSpin-   


○アップライト


FCCoSpVariation-Mao-vs-Yuna - Upright-

キムヨナは柔軟性が必要なポジは避けに避けまくってます。
この「???2」ってもしかして、浅田真央がノクターンでやってたコレ??↓
asada-upright-spin-beautiful.jpg
ちょっと話がそれますが、浅田真央のアップライトは、TheICEの時点では目線が下向き、アメリカ杯では上向きに変わり、最終的には下向き→上向きに変わる優雅なスピンになりました。

○レイバック

FCCoSpVariation-Mao-vs-Yuna - layback


こうしてみると、キムヨナって2007年度あたりまではまじめに向上しようとしてたんだな、と感じます。1番工夫しようとしてます。バックツイスト・グロークンレッグ・スピンがちゃんと認定されたのは2007年のプロが最後です。

ソチシーズンにむけて、ゴールデンスピンでツイスト(上向き)に挑戦したら、腰が高すぎて「シットスピン」と認定されなかったんじゃなかったでしたっけ(レベル1判定)?ソチではツイストをあきらめています。
terrible_quality-yuna-kim-robbed-.jpg


フライング足換えコンビネーションでは、バラエティ(組み合わせ)も、フライングも、ピジの美しさも、浅田真央が優っていますが、フライングを行わない足換えコンビネーションではさらに差をつけて浅田が圧倒していました。

→つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


「バトンスピン」はフライングキャメル。
bent-leg-layover-spin-mao-asada.jpg


私もこの変形キャメルを「バトンスピン」と誤解したまま記事を書いたことありますが、バトンスピンはフライングキャメルのことではないかと思うのです。英語Wikiでも、バトンスピンはフライングキャメルのことだと書いてあるんです。

「どうして日本人は、このスピンをバトンだというようになったのかな?」「それとも本当にバトンであっているのかな?」とわからずにいたのですが、昨日やっと、答えを見つけました。

答えはこの動画の中にありました。
↓2:38あたりに、「バトンキャメル」の話をしています。


ちょうどキムヨナがベント・レッグ・レイオーバースピン(bent leg layover spin)をしているときに、バトン氏が自分が開発したフライングキャメル(バトンキャメル)の話を始めたようなのです。ややこしいことに、キムヨナはフライングキャメルからレイオーバースピンをしたので、たしかに記憶を蘇らせて思い出話を始めるにはもってこいなタイミングだったのですが、一般視聴者にはレイオーバーがバトンかのように聞こえてしまったのです。

元を辿ると、納得のいく理由から生まれた誤解だったのでスッキリしました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


pc初期化中
iPhoneからの書き込みです

pcの調子が悪くタイピングするだけでフリーズしやすくなったので初期化することにしました。とりあえずいまは外付けのhdにデータを移動しています。数百gbあるんで時間がかかって、今夜復活できるかどうかって感じです。

うーん。そんなに古くないんですけれど買い替えも視野にいれないといけないのかも・・・。

驚いたのが1tbのhdが昔と比べて随分と安くなっていたこと。数年前は高いと感じてスルーしましたが、ニーズが増えて買いやすい値段になったんだな・・・と少し時代の流れを感じました。



復活しました!
ちょうどよい機会ですので、あれこれ整理します。


ふんぞり返るピノキオ都知事を予想していたWiLL。
舛添都知事をどうにか出来ないのか・・・・。

舛添都知事が訪韓へ、東京五輪・平昌冬季五輪の連携模索
http://figure-skating-2ch.seesaa.net/archives/20140722-1.html

オリンピックの名を借りた技術供与
http://figure-skating-2ch.seesaa.net/archives/20140726-1.html

国民の気持ちガン無視
http://figure-skating-2ch.seesaa.net/article/402919666.html

舛添氏、韓国の反日デモやヘイトスピーチについて「韓国は韓国のやることですから、われわれがどうこう言う話ではない」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1804630.html

韓国のやることは日本人が口出しするな?ふーん。なら、「韓国は韓国のやることですから、ピョンチャン五輪に日本国民がどうこう手助けする必要はないんじゃないですか?」

真嶋夏歩様の「IOCと韓国の「親密な関係」」p.198が掲載された月刊誌WiLL4月号に、舛添都知事のことを触れた記事がありました。

蒟蒻問答 第95回 「舛添の仕事はまず、ごみ集めだ(笑)」p.256
堤堯(ジャーナリスト)さん・久保紘之(ジャーナリスト)さん

「あんなチャランポランでいい加減な男もいない」p.256
「いまからふんぞり返る気配がある」p.257
「あのオッチョコチョイは何をしでかすかわかったもんじゃない」p.257
あだ名は「ピノキオ」。調子付くとすぐ高慢になるから。p.258

(´・ω・) 全部当たってますな。

自分は政治には疎いのですが、詳しい人には予測できるものですね。そういえば、フィギュアファンも、キムヨナがソチシーズンにまたGPSをサボるという情報を耳にした時に、「どうせグランプリファイナルと同時期に開催される大会に出るんだろ」と予測して当たっていましたし。


手相見姐さんの「あんたたちもっと驚きなさいよ」で、浅田選手の3Aの高さに関する記事がUPされました!

新宿高島屋「Smile浅田真央23年の軌跡」浅田選手の3Aの「高さ」
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-936.html

た・・・高い・・・(( ゚д゚ )))

プロの方が等身大になるように仕上げたなら、姐さんが行ったように、縦に長さを測れば浅田選手の3Aの高さがわかるので、68cmで正しいと思います。ものすごい迫力です・・・。 

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.