フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真央の「踊るリッツの夜/Puttin On the Ritz」
ちょっと長めの記事です。

初見の感想:

よかったぁぁあああ!!!

。゚(゚´▽`゚)゚。

ゴスペルほど酷くないいいいい!!!
。゚(゚´ω`゚)゚。ホッ

=======以上=======



ここからが2度見以降の感想となります。

新プロお披露目前に、「あれ?もしかしてクネり気のある振り付けはズボンを履けば残念感が抑えられるんじゃ?」と思った矢先に、パンツスタイル衣装を身にまとった浅田選手の写真が出たので「よかった」と思いました。ズボン派は少数派っぽいですね。

次に気になったのは、

(´・ω・)このプロ、結局なんだろう??ということ。

事前に曲を調べてなかった私は、衣装からてっきりマジシャンか芸人なのかと。
女性らしく真っ赤な口紅を塗って鏡でダブルチェック。
・・・なのに、男装をしておじさん踊りを始める。意味がわかりません。

男性が歌っている曲だから不釣り合いだということもあるでしょうが、演技を通して結局真央は女性を演じてたのか男性を演じていたのかすらわからない。


「Puttin' on the ritz lyrics」で検索をかけると、こちらのサイトが見つかりました。
http://kayto-006.livejournal.com/6811.html


すごく丁寧に解説してくださっていて、大変わかりやすかったです。

「憂鬱な気分を変えるために、お金持ちの振りをしてお金持ちが過ごすような一夜を体験してみようと出掛けたおじ様の視点から書かれた歌詞」・・・のように解釈しました。いつもと違う事をするわくわく感から、テンションが高い振り付けが多いのかも?

英語版Wikiによりますと、「Putting on Ritz」という言い回しはスラングで、豪華なリッツ・ホテル(Ritz Hotel)にやってくるお客さんのようにスタイリッシュな格好をすることらしいです。「Putting On(着る・装う)」と表現されていることから、実際にお金持ちなのではなくて、それを気取った人物を表すんじゃないかと。

この曲ではファッションが重要で、どうも服装が1920~30年代の背景や雰囲気を感じさせるものばかりで、これらのファッションを徹底的に無視して女性スケーターが女性らしい衣装を着て演じるのは可笑しいようです。・・・・衣装変更を望むファンが多いようですが、残念ながら新しい衣装は期待できないと思います。上のほうで紹介したサイトに、どのようにファッションが歌詞に関係してくるのか、細かく解説してくださっているので、ぜひ読んでみてください。

・・・うーむ。日本育ちの日本人女性の浅田選手に、1920~30年代の白人社会に生きる中高年男性を演じさせようとするのが間違いのような・・・。浅田選手は頑張って演じてたと思いますけれども。

性別が大きく関係する曲を使って、性別を逆転させるのは無謀すぎる。感情を表現する曲なら誰が踊ってもおかしくないのですが、どうあがいても男性としか受け取れない演目や選曲で、女性が演じると必然的に違和感が付きまとう。まして今回のプログラムは、女性らしく口紅をしたかと思いきや、そこからずっとおじ様を演じるのだから、奇妙な演目だった。

結構ネガティブな評価っぽいですが、実はゴスペル、スマイル、メリポピ、ジュピターよりもこのEXナンバーが気に入っています。どうして似たような振り付けなのに、受け入れやすいのかな?と自分でもわからなくて、しばらく考えていたのですが、昨夜寝る前に気付きました。

これらの振り付けって・・・・・・

igotrhytm-.png
    
男性がやったほうが自然なのでは…?


浅田選手が男装するまでさっぱり気付かなかったわ・・・・。だから、今回のEXが見やすかったのか!と。

そういう動きはコミカル代表(笑)の織田選手に任せれば良し。:
nobu-sp-comical7.jpgmao-gotrhythm.jpg

nobu-sp-comical4.jpgMao-Asada-Figure-Skating-I-Got-Rhythm-Lori-Nicol-2012-2013-choreo-step-sequence-36.jpg

nobu-sp-comical2.pngMao-Asada-Figure-Skating-I-Got-Rhythm-Lori-Nicol-2012-2013-choreo-step-sequence-25.jpg

nobu-sp-comical1.jpgMao-Asada-Figure-Skating-I-Got-Rhythm-Lori-Nicol-2012-2013-choreo-01.jpg  

nobu-sp-comical8.jpgMao-Asada-Figure-Skating-I-Got-Rhythm-Lori-Nicol-2012-2013-choreo-25.jpg

nobu-sp-comical9.jpg Mao-Asada-Figure-Skating-I-Got-Rhythm-Lori-Nicol-2012-2013-choreo-step-sequence-16.jpeg

うん。織田選手は違和感ないわ。こういう動きは女性がするものではなかった模様。うーん。性別の壁って大きい!男性は「子供っぽい」じゃなくて「コミカル」と言われるのに、女性が同じことをやると「子供っぽい」と評される。

足を高く上げたり、面白い顔を作って観客に近づいたりするのは「男の人」のほうが自然と「エンターテイメント」として受け止めやすい。これらの振り付けはゴスペルでもしていましたが、奇妙な髪型にヌーディーな衣装でやるものだから見ていられなかった。芸人の世界でも一般社会でも、女性が笑いを取りに行くより男性が行ったほうが親しみやすい。

このプロをあえて女性の浅田選手が演じる必要性は?と聞かれたら、特にないような・・・・。最初っから男性に滑らせれば違和感がなかったわけですし。想像ですが、スケーティング技術の面からローリーが浅田選手にやってほしかったのかもしれませんが、親父を演じさせる事に一体どのような意義があったのか?いや、まだおじ様とわかるならマシですが、セクシュアリティすらままならない演目だった。

女性を捨てて男性を演じ切ればいいとも思うのですが、最初の「ん~ぱっ!」は可愛いし・・・。

mao-cute-scene0.png


ここまで男性のファッションが重要な曲で、「女性」を捨てず口紅を塗る動作をわざわざ取り入れている事、「男性」も捨てず男装をしている事。ここに違和感を覚えて演技に集中できなかった。・・・どちらかを捨てればよいと思うのですが、曲の解釈も、浅田選手の性別も、当然どちらも捨てきれない要素なので、単純に選曲ミスじゃないですかね。手っ取り早い解決策は、口紅チェックをやめることかも。

浅田選手のスケーティングの軽やかさを楽しめる面もありましたが、演目としては・・・・うん・・・・。うーん・・・・。せっかく綺麗なスケーティングをしてるのに、「あなた、女性なの?男性なの?」で終わっちゃうのはもったいない。

総合的に、この演目は一応「曲」を生かそうとしていますから、スマイル・ゴスペル・Jupiterより遥かに観やすく、受け入れやすかった。ゴスペルやスマイルは、『私の光で皆を元気にする♪』的なメッセージ付きでエンターテイメント性はなかったですし、Jupiterも祈り系が苦手なので好きではなかった。

今季復帰ということと、タラソワ先生が外人拒否するようになったこと。この2つの事情があるから「いままでどおり」ローリーで行く選択をしたのでしょう。EXは所詮EX。競技プロはPCSさえ出ればもういいんじゃない?みたいな気持ちもあります(I Got Rhythmもそうだった)。


とりあえず、
( 」>Д<)」 真央~!JOガンバレ!!



余談:

織田さんのえんび服。似合いすぎ。
「織田信成がえんび服姿で「TOP HAT」をアピール」
URL: http://news.walkerplus.com/article/59851/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


これこれこれこれ!!!こういうのですよ!!仮面真央が可愛すぎ。
タラソワ「真央にはビッグ・ミュージックが似合う」

mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress01.png
mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress02.png
mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress03.png
mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress04.png
mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress05.png
mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress06.png
mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress07.png
mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress08.png
mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress09.png
mao-asada-masquerade-the-ice-version-red-long-dress10.png


こっちをEXにしたら?


真央のペアプロや、ワンピース姿を見ると、エレガントなプログラムがものすごく似合いそうな体型だなあと毎回思います。腕や脚の長さや形といい、全体のバランスといい、筋肉の付き方といい、とりあえず全部が。ボールルームの中央で華麗に舞ってそうな・・・。ペアスケーターやアイスダンスの女性役にバッチリな清楚感とエレガンスとスタイルを持ち合わせていると言いますか。実際出来る云々じゃなくて、ただ、本当に「美しい女性の体型」をしているなぁ、と。

仮面も似合いすぎ!!唇がふっくら可愛らしい形をしてるから、魅惑的で素敵。
ラフマオノフや月の光(初代)の衣装で青も似合うと思いましたが、薔薇のように目を引く豪華さがあるから赤色のドレスも口紅も似合う。

(*´д`*)仮面真央は可愛すぎて真央がファンをコロしに来たかと思うような破壊力があったわ
死ぬかと思った。

テンションが上がりすぎてヤバイィィイイイ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


【注意】ローリーの振り付けを予想
!!いつも感想です。「ローリープロ・・・orz」という感じの。
!!超主観的なため、読者に友好的な内容ではないです(*反感を買いやすい)。

読もうか迷う方は下記の3つのポイントに当てはまれば、(多分)大丈夫です

1 この記事「今シーズンのローリープロは似ている・・・か??」で激しい嫌悪感を抱かなかった 
2 浅田選手にローリーニコルが手がけるゴスペルやジャズは似合わない。
3 自分と合わない意見でも楽しんで読める。



xxxxxブログランキングから内容を読めなくするためxxxxxxxxxxxxxx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx





フリーは蝶々夫人に決まったようです。これはグレイシー・ゴールド選手のオペラプロのリメイクっぽいのになる予感がします。あのプロは、フランク・キャロルコーチとローリー・ニコルの女性像を押し付けられてグレイシーのよさを殺していると米国ファンに不評でしたし、曲が悪いとも言われてました。女性オペラ歌手の歌声って、好きな方には申し訳ないんですが、耳障りに感じる方が多いんですよね。

Wishing You Were Somehow Here Again
グレイシー・ゴールド選手、世界選手権2015にて:
https://www.youtube.com/watch?v=_v3V_P4Om04


ローリーのプログラムはワンパターン化してるので、いままでやったことがなかった振り付けの予想をしてみます。外れていれば良し、ちょっと当たるぐらいなら良し、しかし当たりすぎたら・・・orz



ローリーが蝶々夫人プロに取り入れそうな振り付け

 V字腕で意味ありげな振りむき(溜めて振りむく系、溜めてはっとする系)
prediction4.png


 V字腕から片腕だけ上にまっすぐ伸ばす
ステップの最中もありましたが、キャプチャーがめんどくさかったので2か所で。
prediction5.png


V字形つながりですが・・・
片腕のV字腕、もう片方はまっすぐの状態から→
両腕・両手を同じタイミングで上に伸ばし→
そのまま円を描くようにして下ろす。
ゴールド選手もやってたんですが、キャプチャーし忘れました。
prediction13.png


 もうとりあえずV字腕の振り付けをあちこちにちらばす
prediction1.png

prediction7.png

長めに片腕だけが激しい振り付け
https://www.youtube.com/watch?v=_v3V_P4Om04
3.11~


ステップ中の腕の振り付けは、真央2014のノクターン+グレイシー2015を足して割った感じ。


今年もあるかな?
prediction9.png


とりあえずイーグルは入る。腕はふんわり上げる。
prediction6.png


片足あげて、ぐいぃ~ん
コスがいなくなった今、さらに片足上げの振り付け増えそう
prediction17.png



ガニ股系の動き
ローリーってわりと股間節をひらげさせるの好きですし。アイガットやLittleLightほどは強調しないノクターンのようなガニ股は来る予感がする。ショートでは強調させる演技が来そうですけど。
またはくるっとまわる系のイナバウアー。
prediction12.png

kosnter-maitoshi4.png  


レイバックをしながら胸を突き出す。
prediction10.png

prediction14.png

prediction18.png

セクシー()で女性的(???)な動き。
この3人の中ではダントツで真央が1番不得意だと思う。究極に似合わない。

上品なエロスがコス。
特にエロスもないが何がしたいのかもわからないのがゴールド。
がんばったけれど失敗してるのが真央。様になってない??


ステップの動き
ステップの途中でくるっとまわる動作の時に、
①両腕を広げた状態からターンに入る→②ターン中に両腕を前に持ってくる。

左:ゴールド(2015)、右:浅田真央(2014)。回る方向が違うだけ。
prediction15.png
スピード感出すには悪くない振り付け。


手のひらは上向きで、ふんわり腕を下ろす
prediction16.png

1番自身のない予想。同じ「女性オペラ歌手」のプログラムですから、なんとなく多様するんじゃないかと思いました。浅田選手のノクターンのように「何かを救いあげる動作」を繰り返し取り入れたのと同じように、もしかしたらグレイシーのプロにはこの動作がアクセントだったのかもしれません。


バレエ的な両手上げ。
prediction8.png



蝶々夫人の予想というより、ローリーの振り付けの癖をまとめただけのものになったような気がします。

受けの悪かったGゴールド選手と同じ路線で行かせるっていう時点で、ローリー自身がこれ系(女性オペラ歌手)に未練が残ったから浅田選手に引き継がせただけのような気がする。もし本当に、ゴールド選手のリメイクがきたら、ローリーも真央も表現の限界にきてるように思う。前のローリー記事では「浅田選手のではなく、ローリーの限界をみた」と書きましたが、そんな限界の来ているローリーにしか頼まない真央にも非がありますし、ある意味これが浅田真央の限界なのかなと思います。他の人に頼む挑戦をしない。休養中に新しい振り付け師さんに挑戦してくれてたらなあと思います。

もし本当にゴールド選手のプロのリメイクだったとしたら・・・

長洲未来 →リメイク→ 浅田真央(I Got Rhythm)
浅田真央(ノクターン) →リメイク→ ゴールド
ゴールド →リメイク→ 浅田真央(蝶々夫人)

・・・すごい・・・・悪い意味で。
フィリップ・ミルズ(振付師)さんが「私が振り付けたプログラムを演じる選手をみて、『フィリップ・ミルズだ!』と思われるようではダメだ。選手のものでないと(意訳)」とTSLのインタビューで答えていて、そのメンタリティは素晴らしいなと感じました。

TSLのほうでも、ローリーのワンパターンさや彼女の思い描く女性像の押し付けはどうかという意見が寄せられていたので、少なからず似た印象を持つ方は増えてきたようです。選手に合うプログラムって考えないの?ローリーの自己主張の強すぎるプログラムにはちょっとげんなり。

・・・ただ、浅田選手にクロス・グラブ・ビールマン・スパイラルをやらせたら、もう大体のことは許せそう。コストナーにもゴールドにもやらせて、なぜ真央にはさせないのかと不思議でならなかった。



SPは・・・・うーん・・・・これはあれでしょ。
また『真央スマイル』の押し売り作品になりそう。

まだ曲も聞いてないですが、明るいジャズということで、それをもとに適当な予想します

 ┐(*´ー´)┌ 
  アイガットやゴスペルプロでもあったやつです。

 ┐( °o° )┌
  口を丸くする

 ガニ股、または股間節を開くのを強調する動き
    
 コストナー選手のような、ディープエッジを強調する系のステップ。溜める系。

 手をヒラヒラさせて「明るさ」を強調する振り付け。

 特に難易度は高くない、はしゃぐうごきをしそう
  →The Little Light of Mineっぽいの。

ショートの予想は全部外れててもおかしくない。ゴスペルは苦手すぎてほとんど見てませんし。



「スケートっていいな」と語ってくれた真央にはうれしかったですし、心が打たれました。が。それを押し売りするかのようなローリーのプログラムはどれも好きではありません。自分の幸せを主張するプログラムと、Happyを表現するプログラムは似ているようで全く違います。ちょっと極端ですが、「自己紹介」と「ジョーク」の違いぐらいあるように感じます。何分間も自己主張して、どれだけ自分に酔いしてるんだとはねつけたくなるのがローリープロ。一方で「ジョーク」はエンターテイメントですから、エンターテイメント性の高いものなら見ていても苦じゃない。

ゴスペル(The Little Light of Mine)で明らかだったのは、浅田選手は一般的に言われる「リズムが取れて踊るのが上手」な選手ではないという事。テンポが一歩一歩遅れていますし、「クネクネ」が極端に下手な浅田選手が最後にぐねんぐねん体をくねらせてセクシーポーズを取るから、一体何が起こったのかと思いました。こういう動きをさせたら1番ダメな選手になぜこればかりさせるんだろう。ましてあの感動的な復活劇をみせてくれた浅田選手が何を演じる!?・・・というときにこのプログラムでしたから、当時のショックは大きかったです。今だから書いてますが、ゴスペルがお披露目された時はゴスペルの感想は控えました(プラス面が無かったので)。

踊れない選手だとでも言いたげな感想でしたが、「ポル・ウナ・カベサ」や「ピアコン」を滑りこなす選手が踊り下手なはずもない。多分、浅田選手は相当変わったリズムを持ってるんじゃないかなと思います。変わったテンポで刻むから、プログラムによっては絶望的に踊れず、時には抜きんでれるのかな、と。そういうところの見極めはタチアナ先生のほうが遥かに上手でした。

こちらが某有名なタンゴEXです。
https://www.youtube.com/watch?v=w8QVsi6_rgM


肩や腕を”くねらせる”振り付けはありますけれど、曲に合っていますし、清楚でリズミカルでチャーミング・・・そして何より違和感がない。なぜローリーの振り付ける「くねり」は浅田選手にこうも似合わないんだろう・・・・。

最近のローリープロをみていたら、あのころの真央はどこへ?という気持ちになります。


月の光
figure-skating-mao-asada-2008-claire-de-lune-blue-dress01.jpgMao-Asada-Figure-Skater-Skating-Claire-Du-Lune-2008-purple58.jpg



タンゴ(Por una Cabeza)
  fc2blog_20150630144056f45.jpg fc2blog_201506301444037c5.jpg

カプリース
fc2blog_20150630144055269.jpg fc2blog_201506301440577e6.jpg

バラード
mao-asada-figure-skating-chopin-black-dress-ballade-2010-201123.jpeg mao-asada-figure-skating-chopin-black-dress-ballade-2010-201112.jpg


Mao-Asada-Triple-Axel-Moscow-of-Bells-Best-Program-2009-2010-WC-Olympics046.jpg Mao-Asada-Triple-Axel-Moscow-of-Bells-Best-Program-2009-2010-WC-Olympics009.jpg Mao-Asada-Triple-Axel-Moscow-of-Bells-Best-Program-2009-2010-WC-Olympics072.jpg


・・・・月の光はローリープロの中で唯一好きな作品です。他は全部タチアナ先生。ですが、どうやらもう外国人とはお仕事をしないのだとか・・・。

ローリーの「世界の貧困を考えながら、スケートでみんなを幸せにするぅ」思考が傲慢すぎてとても嫌。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村




Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。