フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Toe vs Loop:女子がよく挑戦する2nd/3rdジャンプはどれ?
++前回と同じ内容の記事です!ただ、この記事からは感情論を省きました。+

3Aや4Sがすごい!ということは、スケートに魅了された方ならちょっと勉強すればわかることですが、セカンドやサードジャンプに使われるTとLoの差がわかりにくいと感じている方もいらっしゃると思います。そこで!こんなランキングを作りました:

女子達が試合で、
よく挑戦するセカンドとサードジャンプは?

☆一試合観戦したら見るジャンプの平均回数も右隣に書きました

1位フリーの2T・・・16.7回

2位ショートの2T・・・5.0回

3位フリーの2Lo・・・4.7回

4位フリーの3T・・・2.7回

5位ショートの3T・・・2.0回

6位ショートの2Lo・・・0.49回

7位ショートの3Lo・・・0.20回

8位フリーの3Lo・・・0.12回


...つまり、フリーの試合を観戦したらおよそ17回ほどセカンド又はサード2Tを見ることになるでしょう。

注意:★キムヨナと浅田真央を省いています★
このランキングは2006年から2012・2013年のGPシリーズの試合内容を元に作られました。
すべてコンビネーションジャンプの2nd/3rdジャンプです。単独ではありません!
注意2:3Tは必ずしも3+3ジャンプというわけではないです。2A+3Tの場合もあります。
注意3:あくまで挑戦であって、「成功したジャンプ」だけではありません!




TvsLo1a.png

tvslo-1.jpg




解説:

まず最初に、このデータを集めようと思い立ったのは浅田真央うんぬんは置いても、セカンド・サードループの扱いがひどいと感じていたからです。トウループとループの点差がほとんどないのも理由のひとつでしょうし、美しい簡単なトウループを飛んだほうが、難しいループを飛ぶより、GOEがつきやすいのも問題なのだと思います。

今回のランキングはループジャンプの価値を訴えたい気持ちもあり、セカンドジャンプに飛ばれるのは果たして2T・2Lo・3T・3Loのどれなのかを証明しました。(その他のセカンドジャンプは除きました。例:2A、1Lo等)

その結果:上記のグラフやテーブルから計算できますが、

ショートではセカンド2Loに挑戦することよりも、
3Tに挑戦するのを好む選手が4倍多いのです。
2Tを挑戦するのを好む選手にいたっては10です。

フリーではセカンド3Tに挑戦する選手は
セカンド3Loに挑戦する選手に比べて22.5倍多いです。

ちなみにこのランキングは「もっとも挑戦されるランキング」ですので別名・・・
もっともありがたくないセカンドジャンプランキング

1位フリーの2T・・・16.7回
2位ショートの2T・・・5.0回
3位フリーの2Lo・・・4.7回
4位フリーの3T・・・2.7回
5位ショートの3T・・・2.0回
6位ショートの2Lo・・・0.49回
7位ショートの3Lo・・・0.20回
8位フリーの3Lo・・・0.12回

フリーでも少ないながらも試合によっては、2Loより3Tが飛ばれているものもあります。3Loに限っては、98試合中1試合だけ、3Tを上回っています。ちなみに、3Loや2Loが多くなる試合は7~8割がたの確立で安藤美姫が出場しています。日本のスケーターがループを得意とし、取り入れてくれるのは嬉 しいですね。後カナダのLacoste選手もよく2Loを飛ばれていたようです。キムヨナと浅田真央を比較したら、2Loや3Loを挑戦する浅田真央の 「選手であってくれる有難味」は数倍以上あります。3Tに挑戦する選手が3Loに挑戦する選手より22.5倍多い世界だからこそ、浅田真央の3Loを必要以上に厳しく判定したり、安藤美姫のセカンド3Loも認めない意向を示したジャッジたちに、ブチ切れるファンが多かったのです。

結論:ジャンプには回転数だけでは語れない難易度というものが存在する。セカンド3Loがセカンド3T以下の「挑戦するだけ無駄なジャンプ」になってる現状が残念だ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村



スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。