フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SA2013:女子の結果。ワグナー「3Aが必須となる日が待ち遠しい」
!感情爆発論です

SAは男女共にシングルス制覇!!

 浅田選手、金賞おめでとう!!!
ショートは受けもよかったですし、3Aを回りきって着氷させただけでもよかった。余裕を感じたのか、セカンド2Loを後半に変更してきて、こちらも気持ちにゆとりをもって観戦できました。フリーのほうでは3Aで転倒をしてしまいましたが、序盤に調子が良すぎるとソチのころにはピークが去っているんじゃないかという心配をしてましたし、ある意味安心しました。

 ワグナー選手
漕ぎが多いと批判されがちですが、ショートは彼女が表現したいものはしきれたんじゃないかな、と感じました。PCSは米国開催の大会ですし気になりません。3F+3Tも認定されてるようですし、この大会をきっかけにどんどん責めの気持ちで挑んでくるかもしれませんね。フリーは・・・後々良くなってくるのかな?伸びしろがまだありますし、今後に期待です。TSLのインタビューでおろかだと思われようとも、本気で五輪の表彰台を狙っていると語っていたので、後半に3F+2T+2Tを取組んだのも納得です。

 ラジオノワ選手
すみません、五輪に出場してこないとわかっている選手ですので、あまり興味がないです。将来が楽しみな選手ですし、なにより今大会は後半に入ってからのリカバリーが見事でした。

予想どおりの結果でしたので、あまり語ることはないです。


ただ、韓国のストーカー、いい加減にしてほしい。
oct20.png
フラグやスパムが多すぎて気持ち悪いです。現在では「Like 289 / Dislike 325」。
彼等はキムヨナが欠場したことを今だ知らないのでしょうか。

今回は、ユーロのストリーミングで観戦しましたが、あの女性解説者は不快でした。男性の解説者の方は「チャンピオンのような滑りだったがジャンプが・・・」、「ステップがダイナミックだった」というように、良い点を上げつつ「ここはちょっと」というところを指摘した上で判定は難しいと解説したものでした。男性解説者は町田の演技に対しても、2013年の世界選手権を参考にし、「世界戦で3位になれたであろう点数が出た」とその場で分析して伝えてくれるので、私はこちらの解説者のほうが好きです。


浅田・ワグナー・ラジオノワ選手の素敵なインタビュー
ワグナーが全部持っていったインタビューでした(笑)。

"I have to say congrats to Mao, because she is pushing this sport further and further every single competition, and that's something we should all be very happy about," Wagner said.
「真央を祝福します。なぜなら彼女はこのスポーツを大会後とにどんどん前へ引っ張っていってるし、それは私たちみんなが喜ばしく思うべきことです。」とワグナーは語る。


Radionova, in her first Grand Prix competition, called Asada, who became the first woman to win all six current Grand Prix Series events, "my idol."

"I don't see her only as a rival," Radionova said through an interpreter. "I'm just enjoying watching her when she skates."
女性で始めてGPシリーズの7大会を制覇した浅田を"私のアイドル"だと語るラジオノワ選手。「浅田をライバルとしてみてるだけではないです。彼女のスケートを観ること自体を楽しんでいます。」


Asada recalled her first Grand Prix event at 15 and feeling the same way about Japan's Shizuka Arakawa, the 2006 Olympic champion, and American Sasha Cohen, the '06 silver medalist.

"I remember I was very happy competing with them or just being at the same competition with them," said Asada, who would have been a favorite for the gold medal in 2006 had she been old enough to compete. "It feels kind of funny to be in their position now. It's nice to hear the comment from [Radionova] and I wish her good luck."
浅田は当時15歳で出場した始めてのGPSを振りかえり、彼女自身も荒川やサーシャをみて同じような気持ちを抱いたと語った
(ラジオノワ選手の気持ちに対してこたえた回答)。

*ここは日本語のインタビュー動画が出てくると思うので、浅田選手の回答はそちらで。


Asada laughed when asked this week if she could imagine competing in a third Olympics in Korea in 2018.

"2018?" she replied with a smile, "Who knows? I'll only be 27."
2018年の韓国五輪に出場する姿を想像できるかと聞かれ、浅田は笑った。
「2018年?」彼女は笑顔で答える。「わからないです。まだ27歳ですし。」


"The triple axel is something that's so exciting to happen in figure skating and I really I can't wait to see the day where it's not just the triple-triple that's required to be competitive but the triple axel," Wagner said. "Having women like Mao setting the tone in that way is quite extraordinary. She's pushing the boundaries of skating, and it's up to us whether or not we're going to keep up with her."
「トリプルアクセルを観るのはフィギュアスケートにおいてとても興奮することですし、いつか3+3だけではなく、3Aも必須となる日が待ち遠しいです」とワグナーは語る。「真央のようにそこへ向かう女性は並外れ。彼女はフィギュアスケートの限界を超えようとしているし、それについていけるかは私たち次第。」


URL:http://espn.go.com/espnw/news-commentary/article/9855159/espnw-japan-mao-asada-pushes-boundaries-wins-skate-america-gold-ashley-wagner

勝つために3Aが必須となる時代は来るのだろうか?


・・・・・・・・難しいだろうなあぁ・・・。

しかし、ワグナー選手が浅田選手に暖かいコメントを送ってくださったおかげで、上記にあげた必死でやかましい韓国人の気持ち悪さがさらに増しました。美しいものと醜いものを一緒の記事に載せるべきではないですね。以後気をつけます。

浅田選手を時代を切り開く女性かのように語ってくださったワグナー選手に感謝します。

↓たしかに何か切り開いている感じはありますね。
oct20omake3.png
URL:http://www.asahi.com/articles/TKY201310210011.html


さて、次はスケート・カナダですね。
織田・無良・羽生VSチャンも見所ですが、鈴木が初戦でどこまでいけるかも気になります。


がんばれ、日本!!

PS:コメントは明日返信します。すみません。


おまけ

町田選手、浅田選手、金賞おめd・・・・・・ん!?
oct20omake.png
oct20omake2.png
_, ._
( ゚ A ゚;)
い、一体何色のメダルなんだ・・・?!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


こんにちは、熊子さま。 記事、いつも楽しんで読ませていただいています。
ワグナー選手の言う「3-3だけじゃ勝てない時代」、本来なら5、6年程前に来たはずの時代ではなかったのかなぁと思います。 ワグナー選手もその頃は3lz-3loに挑戦していましたし、他のスケーターも様々な大技に挑戦していて、本当にエキサイティングな時代になった・・・はずだったのに。
なんとも粗悪なルール改正で、本当につまらない競技になりました。 そういう意味でも、ISUの罪は重いですね。 それと同時に、ひとりの天才が与える影響の大きさがどれだけのものかも実感させられます。
しどれ | URL | 2013/10/22/Tue 09:51 [編集]
メダル・・・。わかります・・・。
昨シーズンのメダルもほぼ同じデザインでしたね。この透明な板はクリスタル?まさかプラスチックじゃないですよね・・・。衣装と同化しちゃってるよ!
スケアメは四角いメダルのときもありましたね。たぶん材質や作成にお金がかからない方向に行ってるんじゃないかなー。アメリカのフィギュア人気の無さを表してるかのようです。花束も普通のお花屋さんで買ってきたようなものでしたし。
こういう透明な板を使ったメダル割とよく見ますけど、ちゃんと金、銀、銅、とわかるように金属(?)も使っるんですけどね。デザインもこってますし。
日本開催の大会はメダル、花束、キスクラ、トータルでゴージャスですよね。ジャパンオープンなんてバナータオルを各国仕様で作ってましたし。(ジャパンタオルかわいかった。)まあ、こういうのは日本だけ、さらに今だけ、ですよね・・・。

doroshi- | URL | 2013/10/22/Tue 15:17 [編集]
コメントをありがとうございます。

しどれ様

どのスポーツもご都合でルールを変えてしまうことは良くあると思います。ただ、フィギュアスケートは元々主観的なスポーツだった事もあり、やろうと思えばやりたい放題できるんだぞ、という酷い前例が作られたので、今後また起きないとはいえないのが本当に残念です。


doroshi-様

日本は来年から厳しくなりそうですね。フィギュアスケートが注目されるためにはどうしても、女子で話題性を集める必要があるように感じます。再来年あたりはどうなっていることやら・・・。ただ、今年のロシア女子の層が厚さをみると、急にポンッとたくさん出てくることもあるようなので、気長に次世代を待つことにします。
熊子 | URL | 2013/11/04/Mon 03:58 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。