フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
PCSがわからなくなりました。どっちなんでしょう??
今回のフランス杯でますますPCSがどのように採点されているのかがわからなくなりました。皮肉で言っているのではなくて、採点法そのもののあり方がわからないのです。

今回、フリーではこんな結果が出ました。(高いほうに☆印をつけました)

ワグナーのSS→8.29
羽生のSS→8.39☆

ワグナーの繋ぎ・フットワーク→7.89
羽生の繋ぎ・フットワーク→7.82

ワグナーの解釈→8.43☆
羽生の解釈→8.36

SPではワグナーのSSに8.75を出してるジャッジも。わけがわからない・・・・。膝の硬いワグナーがそこまで10に近いでしょうか・・・。つなぎの評価については、羽生の繋ぎは濃くないとスケファンから指摘させてましたが、ワグナーよりスカプロだったという判定はおかしいと思います。

私はてっきりPCSは男女混同で比べられているものだと思っていました。と、いうのも、バンクーバー五輪のときに、どこのサイトだったか、キムヨナが男子よりもPCSが上だったことを批判する記事が上がっていたからです。しかし、あの比較記事はフィギュアスケートが女子と男子が混同された上で比較されるものだという前提がなければ筋が通らない。

今回の大会から疑問に思ったのは、

ワグナーのスケーティング技術は女子にしたら8点台だったということか、
ワグナーのスケーティング技術は男子も考慮した上で8点台だったということか。

ISU公式サイトで"ISU RULES"のタブから、2012年に更新されたルールブックをダウンロードして、上記の質問に答えてくれそうなルールはを探したのですが、記載されていませんでした。

PCSは、女子と男子で比べないのでしょうか?
女子を採点するときは女子のみを考慮し、
男子を採点するときも男子のみで考慮しているのか。
それとも、男女混同で比べられているのか。

どっちなんでしょう。

いままでは男子と比べて女子(主にキムヨナ)のPCSが出すぎじゃないか?という指摘記事が多かったですけれど、もし女子と男子は別物だというのがISUの主張ならば、これらの記事はすべて意味を成さないことになります。

「女子の中では一番いいから10点満点で良し。男子のスケーティング技術は考慮されていません」というのであれば、男子よりもスケーティング技術、ジャンプ技術やスピードが劣っていても、10点を獲得する女子がいてもおかしくないことになります。

本当にどっちなんでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.


4カテゴリー全部で今までは語られてきました。
杉田さんの、「アイスダンスでは10点もあるが、ジャンプの助走が入るシングルでは10点は構造上出せない」とは聞いていました。
どのジャッジもどのカテゴリーの仕事が入ってくるか解らないし、カテゴリーごとに基準が違っていたら、審査できる人はいなくなってしまうでしょう。
ダンスジャッジはしいグルよりも特殊な資格のようですが、それだけ音楽にあったタイミングのカウントは難しいのかな?と。
ABC | URL | 2013/11/18/Mon 17:16 [Edit]
Re: No title
ABC様

コメントをありがとうございます。
やっぱりそうですよね、全部で語られていないと一貫性がないんじゃないかな?と疑問に思っていたので、解答してくださってありがとうございます。
熊子 | URL | 2013/11/24/Sun 14:12 [Edit]



Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.