フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お、おお、、お、お、落ち着いて状況を把握しよう
!一応グラフとかありますが、相当感情的になっております。

高橋があそこまで追い詰められた様子を見せたので、本格的に調子が悪いのかなと心配です。

いままではPCS救済で表彰台につないだこともありましたし、今回も大丈夫だろうと高橋については気楽に考えてましたが、本当に身体的にも精神的にも余裕がないのかなと心配します。羽生も町田もPCSが出ない選手ではないですからね・・・。高橋が五輪代表に選ばれるには優勝又は表彰台に上がればまず間違いないでしょう。国際的な人気やいままでの実績を考えると4位でもまあいけるかなと思っていましたが、ヤバイのは5位に落ちたときです。小塚が世界選手権への切符を逃したときも5位じゃなかったっけ・・・・。

これが今回の男子のSP結果です。上位5名のみですが。
japannationals2013-1.png


高橋はどのくらいの可能性で表彰台を見逃すのだろうと、参考までに、「今回のSPの得点+FPの今期最高点」と「今回のSPの得点+FPの今期最低点」のグラフを作ってみました。


japannationals2013-3.png
高橋は今期最悪の演技を繰り返せば242点を越えない

japannationals2013-2.png

今期最高点でみると、羽生がぶっちぎりです。しかも4Sを転倒したときに出た点数ですので、もし今回ノーミスで纏め上げることが出来れば300点を超えるでしょうし、そうであるべきだと思います。五輪直前の試合なのだから盛れる所は盛るだけもって送り出せばいい。

高橋は今季最高の演技をして255点

255点では、まず羽生が今期"最悪の演技"をしても勝てません。町田も今期のフリーは一度も170点台を逃していない以上、255点は超えてくると思います。今期最高時の小塚には20点差ほどで、そして最高の織田には1点差ほどで負かすことが出来ますが、今大会においては高橋自身が何か特別に不安を抱えているようでした・・・。

今シーズンはショートのほうが調子がよかっただけに、ここで点を稼げなかったのは相当キツイんだと思います。いままで高橋は、ショートで失敗しようとも「フリーで頑張れば!」という切り替えが出来る選手でしたが、今回はその切り替えが瞬時に出来てないのが気になります。

高橋から漂う悲壮感から察するに、本人には、フリーで良い演技が出来る自信が全く無いんだと思います。怪我の影響か、練習での感覚か、それとも直感のような物なのか。ただ、あのSPは本人の中では『なるべくしてなった結果』だったからこそ、余計に落ち込んだように見えました。『練習ではうまくいっていたから成功するはずだったのに』と、自分に怒りを感じてるような様子は一切なく、ただ「これはもう・・・」というような様子で。経験豊富だからこそ、身体が今大会にあわせ切れてないと悟る部分があるのかもしれません。ベテランだからこそ感じる危機感や絶望感が今高橋に迫ってるのか。ああもうだめだ、考えたら涙が・・・。ずっといままで日本フィギュア界に貢献してきて最後がこれになるかもしれないの・・・?うわあああ

もし高橋が5位にまで落ちるようなことがあれば、どうなるんだろう・・・。世界ランキングって今どうなってるんでしたっけ・・・・あああもう誰が落ちてもやるせないですし、誰が選ばれてもケチをつけてしまいそうで、自分がイヤになります。

もうはっきりさせてほしい。ギリギリで選ばれるとか落されるとかじゃなく、もうぶっちぎりで勝ったり負けたりしてほしい。誰もが納得の出来て、あきらめのつくような点差で終わってほしい。

ああああああ・・・orz

追加:
荒川はもう黙っていてほしい。高橋の演技後の表情が「ほっとしてるように見える」ってどういうこと・・・・。やり直せるならやり直したいようにしか見えなかった。

小塚のスケーティングはさすがだなと感じます。町田はスケーティングはまだ少し甘いけれど、ジャンプは確実に決めてくる。織田は決まればジャンプの質は一番高いけれど、いざというときに決める強さが足りない。

本当に、日本は味のあるいい選手ばかりで、皆五輪に送り出したい・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


わからないことがあります。

どうしても、羽生選手のステップが綺麗に感じられないのです。

好みがあるのだと思いますが、ジャンプは綺麗と思うけれど、

ハンヤン選手が、

高橋選手は他の選手と違うと感じる

彼はダンスしている

氷の上に滑り出すやいなや高橋選手は表現していると、

ジャンプも採点も関係なく高橋の演技をずっと見ていたいと感じたのは、


私だけ出なかったはず、

海外の解説してる人で
音楽無しでも高橋の動きをずっと見ていたいと、高橋に点数はつけられない。

高橋選手は、自分の天才を自覚して

採点競技以上の魅力ある

今までなかったスケートのジャンル作ってほしい

点数に対して、真央ちゃんも羽生選手も小塚選手も
喜びながらも懐疑的でした。

高橋選手の、持っている才能は、点数のつけられない

宝物だから。

なな | URL | 2013/12/23/Mon 03:14 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。