フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
全日本に関する不満はすべて吐き捨ててスッキリさせます
!!不満や気になる点を書き綴っただけの記事です。スッキリさせて新年を迎えたいので。

安藤美姫には何もなし・・・?

安藤と浅田は日本女子をものすごく盛り上げてくれましたし、史上初女子の4回転サルコウを成功させ、世界女王に2度もなって、五輪にも2度行かせた選手が引退するというのに、な に も な し ? ? 世界女王になってまだ3年もたってないのに、扱いが酷すぎます。世界選手権11は東日本大震災の直後で、急遽日本からロシアに開催国が変わった中で、安藤が見事勝利を飾ったのに。

スケート連盟にしてみれば、「(・д・)チッ、振り回しやがって」みたいな選手だったのかもしれませんが、浅田のようにおとなしく従ってくれる選手に対しても扱いが最悪ですし、スケート連盟がいろいろとおかしい気がします。

安藤は失言や寄り道が多かったですが、最後にこんな冷たくあしらうスケート連盟はどうかと思います。安藤の行動は「大人」ではなかったかもしれませんが、大人の対応をするというのが、なんの花も持たせてやらないこと・・・?安藤が明るく去っていってくれたことがせめてもの救いです。会場の皆さん、安藤に惜しみない拍手と応援をありがとうございました。


安藤には安藤にしか出来ない演技がたくさんありました。
お疲れ様でした。
best2.jpg
nihon4.jpg
best3.jpg
個人的に最後の写真が一番好きです。ニコニコしていて。


小塚と織田が五輪に出場するチャンスはそもそもあったのか。

小塚だって努力して五輪を目指していたことには変わりなかったですし、調子が悪かったり怪我と重なったりと大変だったと思います。もう無理かな、と半分あきらめていた所で、SPで90点も出たら、「もしかしてスケート連盟には行かせてくれる気があるのかな?」と希望を持たされたと思います。しかし、実際に選ばれたのは5位に落ちた高橋。所詮外野である私たちは「高橋のほうが選ばれる可能性が高い」と冷静に考えられますが、小塚のように「高橋か自分か」という立場にあったら期待せざるえない。小塚からすると、「高橋を行かせるために利用されただけだった」と、自分が選ばれなかった悔しさや悲しさも感じたかもしれません。それとも、あえてそういう「大人の事情」は見ないようにしているのか・・・。ご都合で、選手達の点数を上げて希望を持たせたり、適当に下げて落ち込ませたり、いい加減にしてほしいです。どうせ高橋を選ぶなら、妙な期待を持たせるような採点をする必要はなかったんじゃないですか。


図々しく感じた高橋の出場権

・・・あと、これはあの、小塚より高橋を推しておいていうのもあれですが、

えっ?
高橋が世界選手権も行かせてもらえるの?Σ(゚д゚ )

いくらなんでも・・・・。
高橋のほうが客集めが出来るのかもしれませんが、一応・・・その、5位に落ちた選手です・・・よね・・・?
そこはちょっと譲ってあげなよ・・・と思ってしまいました。五輪という大舞台も行かせてもらって、世界選手権も?

母国開催の世界選手権ですし、誰だって出たいでしょうけれどね。しかし、あれもこれもって・・・。4位だったら妥当かなと思えましたが・・・。こうして試合が終わってみるとつくづく高橋救済ルールだったなと感じます。おそらく引退するであろう高橋で儲けられるのは今年が最後でしょうからね。


鈴木の高得点を超えたことは触れず

メディアにしてみれば、鈴木に勝たれてもなあ、というところでしょうね。安藤や浅田なら盛り上げやすかったんでしょうけれど、メディアはあまり鈴木には興味ないようですね。差別かもしれませんが、スポーツ選手が結果を残してもメディアが無視することって腐るほどあります。なんだかな。これは少し鈴木が気の毒です。


余談:あれ、泣いてたんですか。

村上って泣いてたんですか!Σ(゚д゚;)
変顔してるだけで、解説者は何を言ってるのかな?と思ってたんですが、後のインタビューで本人が泣いていたといってるので、そうだったみたいですね。目じりや鼻が赤くなってなかったので変顔かなと思ってました。



五輪がかかった全日本でしたから、いろいろ考えさせられ、勘繰ってしまいました。これが世界選手権の出場枠だけなら「来年があるから!」と選抜落ちした選手達にもエールを送りやすいのですが、五輪となると4年後ですからね・・・。簡単に「次ぎ」なんていえないです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.


ちょっとした希望
このところの記事、いろいろ、同感です。
世界選手権が日本開催でなければ、こづ、織田くんが世界選手権という選択もあったはずです。ISUもjSUも、所詮は金儲け目当ての悪徳興業主みたいなもんですね。
ただ、私はソチの成績如何では、五輪組の誰かが辞退して、こづが世界選手権に出る可能性もあるのではないかと、期待しているんですが。
とくに高橋は辞退するんじゃないかな・・・。
こづにはとりあえず、四大陸優勝をめざしてほしいです。
つぐみ | URL | 2013/12/27/Fri 17:24 [Edit]
高橋選手の世界選手権出場について
はじめまして。
いつも興味深く読ませていただいてます。

世界選手権は、私も小塚選手と織田選手(今となってはもう遅いけど)が出場するべきだと思っていますし、日本以外での開催なら、そうしたのではないかと思います。
ですが、高橋選手が「世界選手権も自分を出せ」と言ったわけではないというか・・高橋選手も、小塚選手と同じく連盟に従うしかない立場なのでは? 
「譲る」と言いたくても言えないといいますか・・

私も、つぐみ様と同じく、オリンピックの結果次第で辞退者が出るのではないかと思っています。

熊子さまのおっしゃりたいことの本意は理解してるつもりですし、同感なんですが、高橋選手のことだけちょっと、そう言われてしまうと高橋選手が気の毒だなぁと思って、コメントしてしまいました。「そう言う人もいるんだなぁ」程度に聞き流してください、すみません。





ゆやたまご | URL | 2013/12/27/Fri 22:57 [Edit]
こんにちは。2度目のコメントです。
私は大ちゃんファンですがそれでも世界選手権まで大ちゃん、というのが納得いかないです。
NHK杯はたしかによかったけど、それ以外はぱっとしない成績だった。
安定した成績が出せていて、全日本のみけがの影響で、というのならわかるんだけどなあ~。
なんか小塚君とか織田君に浮かばれなかった自分の人生を重ねてしまって
やりきれない気持ちです。
ほら、世の中って不公平なことがいっぱいあるじゃないですか。
だからこそ、スポーツという世界では公平であってほしいと思うんです。
去年も納得いかなかったんです。
全日本も四大陸も国別対抗戦も無良くんだったでしょ。
連盟は無良くんの成長にかけてたのかもしれないけど、
今季の無良くんの成績は芳しくなくて、連盟の思惑は完全に失敗。

安藤選手の美しい写真をありがとうございます。
いろいろたたく人もいましたが、大ファンでした。
あのままやめないで、競技に帰ってきてくれて、ファンとしてはとても嬉しかったです。
ほんと、ほんと、引退セレモニーくらいやってくれてもよかったのにー、と思いますね!
ぺけ | URL | 2013/12/28/Sat 17:14 [Edit]
高橋選手、「さいたまワールドにも選ばれたら出たい」って、以前言ってましたね。
フリー終わって、悲壮感漂わせてたので、怪我の具合がかなり深刻なのかな・・?だったら、少しでも時間があった方がいいから、五輪は小塚君か織田君で、大ちゃんは自国ワールドを花道に引退もアリだなって思ってました。
でも、本人「五輪出られなきゃ、四大陸もワールドも出ない」発言してたので・・・v-11 そして、翌日のエキシ裏話でのはじゃぎ様・・・う〜〜ん。さすがは、何年もトップを張ってたお方。
まっ、なんだかんだで、私も高橋選手選出で問題ないと思いますが。

織田君や小塚君、ずっと太陽のような高橋選手の影で、月のような存在、扱いを受けてた気がします。年齢が近いので、より影響を受けてしまいましたね・・。
町田君がようやく大ちゃん憧れから脱出して、戦う意識になったようには、
また羽生君は最初から挑んでいく強さがあったようには、彼らはできなかったのでしょうね。
安藤選手も、真央ちゃん太陽の影に苦しんできて・・・
でも、フリーでさっぱりした顔だったので、よかったです。エキシに出演させてあげるべきだったのではないでしょうか。

りっちゃん | URL | 2013/12/28/Sat 18:06 [Edit]
同感です
安藤さんのことはずいぶんな扱いだと思いました。
おっしゃるように、会場の温かく鳴り止まない拍手がせめてもの救いでした。
いつもヒール扱いされる安藤さんが気の毒でしかたありませんでした。あれほど質の高いルッツジャンプを跳び、2度も世界女王になった人だというのに、いろんなことで「なぜ?」と思っていたので書いていただき嬉しかったです。

小塚選手、世界選手権には派遣して欲しかったです。
なんだか連盟って理解できないことが多いです。

安藤さんは海外での評価が高いようですので、今もイタリアでショーにでているはずです。英語も堪能だし、のびのびと活躍してほしいですね。
mintotea | URL | 2014/01/02/Thu 22:31 [Edit]



Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.