フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キム選手の復帰戦結果
あーあー
あーーーーあーーーー~~

彼女の演技は好きじゃないので、
SPとLP、どちらもまだ観てないですけれども、
フィギュアスケート動画サイトのコメント欄を見ると
どうやらSPは浅田真央選手が3Aコンビネーションを決めた
五輪とさほど変わらない点数が出て、
LPでは1-1-1コンビネーションと転倒尽きで<130点・・・。


バンクーバー五輪は浅田選手が優勝するべきだった。3度も3Aを決めたし格も違った。たとえミスなしでも負けるように仕上がっていたけれども、浅田選手が金賞に一番見合う選手だった。

ただ、真央ちゃん真央ちゃんいっているファンには申し訳ないけれども客観的に観て演技力は金選手のほうが上。浅田選手の表現はワンパターンでわかりにくいし一言で片付けるなら「下手」または「棒演技」または「未熟」。去年のシェヘラザードも冒頭はとくになにを表現したかったのかさっぱり。その点キム選手はわかりやすく悲しい、うれしい、セクシー、を表現できる。ただ、金選手の演技力が上とはいえ、ここまでの点数を出すほどのすばらしいものだとは到底思えない。大失敗があったにもかかわらずこの点数なら、五輪の金賞は金選手で決定。彼女は2度の五輪金を獲得することが約束されている。大変不愉快。もうどうしようもないわ。こんな糞マイナーな大会でもお金をばら撒いて勝つのか。大きな大会での不正より、小さな大会で不正をするほうがよっぽど怖い。浅田選手は五輪であそまでやったのに果たせなかったというトラウマがある。大きな支えであり心のコーチであったお母様も亡くなった。コーチは爺。ワグナー選手にいたっては3-3が出来ない上に特にスバ抜けてスケーティングがうまいわけでもない、ただの「米国枠」。彼女には、「金選手と同じ大会に出てあっさり追い抜かされ、100%勝てない試合に出続ける屈辱に耐える」ほど精神力がある選手にも見えない。またあの悪魔の五輪再来か。もう嫌だ・・・。

2年間休んだのはばら撒くお金を減らすためかあ・・・。予算つきちゃうし。彼女の策略はもう敵ながらアッパレで、2年間なら不正が続くというのはバンクーバーで証明されたこと。チャン選手も実際2年間ひどすぎて、ブーイングが起こり少し今落ちていますし。ですから今から2年間が良い時期ですね。不正優勝を2度成し遂げ、成績は2度五輪優勝のすばらしい女王様でばっさり引退してウハウハ。なんで世の中こんなんなってんだろうなあ・・・。マイナースポーツだから特にやりたい放題だし、一番損する選手が日本人だから世界的注目度もないし。一般の日本人の方だって「キムヨナってすごい選手なんだってねー?」ぐらいの認識ですから、浅田選手含め、すべての選手が気の毒。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。