フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
今後の運営について
まず始めに・・・

thankyouforyoursupport.png

拡散してくださってありがとうございます!まさかツイートが20も行くなんて想像してなかったので、本当に嬉しいです。グーグル+とフェイスブックからもありがとうございます!

これだけキムヨナの不正を訴えたいという気持ちを持った同士がいるということですので、本当に心強いです。


■本文が長いのでざっくりまとめすと:

1.英語版ブログに集中します
2.ようつべに書き込もうとするも失敗に終わる・・・orz
3.ゴールデンスケートのアカウントを獲得

■ 本文

分析記事を書き上げたい。
感想記事も書き上げたい。
英語版ブログもやりたい。

やりたいことだらけですが、ソチまで本当に時間がありませんし、私も自分の人生がありますので何をあきらめて、何に集中するかを判断していかなくてはなりません。

いろいろ考えたのですが、ここに足を運んできてくださる皆さんはもう、ISUとキムヨナの不正は疑惑ではなく事実だと知っている方ばかりだと思います。不正の事実を知っている方と「不正ですね」と語りあうよりも、キムヨナの点数に違和感を持った外国の方にも、不正の事実を伝えたくべきじゃないかと思いました。韓国は絶対に心を改めて正々堂々と競うなんて事をしないでしょうし、英語でキムの不正を書き残して、また別に私や皆さんのように韓国人選手の不正を訴えたい人たちが外国でも現れたときに、キムヨナの不正ををぜひ「前例」として取りあげて欲しいのです。

ソチ五輪が終えるまで、日本語版ブログよりも英語版ブログのほうに力を入れていこうと思います。必然的に、こちらのブログの更新ペースはガクッと下がると思います。場合によっては1・2週間は空けるかもしれません。翻訳は趣味範囲内でしかやったことがないのですし、またBlogspotを使いこなせていないため、どうしても向こうに時間を取られると思います。英語版ブログのほうで記事をあげましたら、こちらのブログからも報告します。皆さんに頼りっぱなしで申し訳ないのですが、更新されたら新しい記事の拡散をまたお願いしたいと思います。

拡散を皆さんにだけに頼っていてはならないと思い、自分で拡散するには、どうすれば一番効果的なのかを考えていました。
1番に思い浮かんだのはYoutubeへの書き込みです。

Youtubeへの書き込みは、するべきか否かをずっと悩んでいました。中傷されるかな、小ばかにされるかな、そもそも無意味なんじゃ、たとえ宣伝効果があったとしても韓国人に付回されるのかな・・・とぐるぐる考え込んでいたのですが、考えてみれば浅田は2008からずっと、ようつべにいるような頭のおかしい韓国人に付回され、あることないことをネットで広められ(しかも妙に英語が出来る韓国人がいるから性質が悪い)、終いには浅田よりキムのほうが金メダルに近いかのような認識を広められてしまっている。

自分のブログやようつべコメントが無視されようと干されようと笑われようと、浅田が受けた数年間に亘る理不尽なバッシングに比べれば、たかが2ヶ月間がなんだ!何を言われようとも流すなり耐えるなりすれば良し!!そう考えると自分が踏み切れないでいることが馬鹿馬鹿しくなったので、どこにでも書き込んで広めればいいやって開き直れるようになりました。まして韓国人のように根拠のない嘘を広めるんじゃなくて、事実を広めようとしてるんですから。

キムヨナの演技動画に書き込むよりも、不正を疑っている方が集まりそうな動画に書き込むほうが効果的かなと思い、さっそく再生の多い動画に書き込んでみました(http://www.youtube.com/watch?v=1qhLcZiTgAs)。しかし、サインアウトするとコメントが消えるという現象にあってしまって、どうやら他の方も同じトラブルにあわれているようなのですが、これといった解決法はまだないようなのです。日を改めて、別のPCから別のアカウントを使い再チャレンジしてみます。出来れば成功してからこの記事をあげたかったのですが、今日は別の用事があるので、せめて報告だけでもと思いました。

ゴールデンスケート掲示板のアカウントも作ったので、ここにもリンクを張ろうかと考えてるのですが、掲示板のルールがいまいち把握し切れてないのと記事がまだ1つしかUPできてないのとで、もう少し掲示板を様子を見てからにします。

年が明けて私生活のほうも忙しくなってしまい、ソチまでどこまでやれるかはわかりませんが、やれるところまでやってみようと思います。


ご質問に対する回答

□画像を借りして翻訳してもよろしいでしょうか?
ぜひ!よろしくお願いします。

□英語記事で文法がおかしいところを見つけたのですが・・・・。
ぜひご指摘ください。英文記事の冒頭に「英語力じゃなくて内容を批判しろ」と書いたのは、中傷が目的で英語力を馬鹿するだけ馬鹿にして逃げ去る人がいるからです(この手の中傷はYOUTUBEでよく見かけます)。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.


私も頑張ります(^O^)/
おはようございます。お忙しい中、色々とありがとうございます。
私は機械&語学難民なのでなかなか使いこなせないのですが、“拡散ツイート”頑張ります!
ソチまで出来る限りのことをします!!
舞々 | URL | 2014/01/13/Mon 07:43 [Edit]
頑張って!頑張ってくださいね。ミクシィとFBでお知らせしています。お体お大切に。ソチには御行きになれないとしたら、我々使命感を持って応援してきます。
木陰の椅子 | URL | 2014/01/13/Mon 15:47 [Edit]



Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.