フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
浅田真央が挑戦してきたジャンプ
エイトトリプルへの道のりはとんでもなく険しいものでした。
浅田選手のいままでの挑戦をまとめてみました。
下記にまとめたジャンプは、スケートファンには大好物のジャンプばかりです(まあ・・・少なくとも私にとっては・・・(笑))。


後半2A+2Lo+2Lo

フランス大会2007
グランプリファイナル2007
全日本選手権2007
四大陸2008
世界選手権2008
ジャパンオープン2008
―――計6回


後半3Lo+2Lo+2Lo
中国杯2005
フランス大会2005
ジャパンオープン2006
NHK杯2012
グランプリファイナル2012
全日本選手権2012
―――計6回
 

後半3F+2Lo+2Lo 
フランス大会2009
全日本選手権2009
四大陸2010
バンクーバー五輪2010
世界選手権2010
ロシア杯2011
四大陸2011
世界選手権2011
全日本選手権2011
世界選手権2012
ジャパンオープン2012
中国杯2012
四大陸2013
国別2013
ジャパンオープン2013
アメリカ大会2013
NHK杯2013
グランプリファイナル2013
ソチ五輪2014
―――計19回
 

後半3Lz+2Lo+2Lo 
NHK杯2006
全日本選手権2006
世界選手権2007
―――計3回


3F+3Lo
フランス杯2005SP
中国杯2005SP
グランプリファイナル2005SP
全日本選手権2005SP
アメリカ大会2006SP
NHK杯2006SP
NHK杯2006FP
グランプリファイナル2006SP
全日本選手権2006SP
世界選手権2007FP
ジャパンオープン2007
カナダ大会2007SP
カナダ大会2007FP
フランス大会2007FP
グランプリファイナル2007FP 
全日本選手権2007SP
全日本選手権2007FP
四大陸2008SP
四大陸2008FP
世界選手権2008SP
ジャパンオープン2008
NHK杯2008SP
グランプリファイナル2008SP
全日本選手権2008FP
四大陸2009SP
世界選手権2009FP
四大陸2013FP
国別2013FP
ソチ五輪2014FP
―――計29回

3F+3T/3F+3Lo・・・2つのトリプル・トリプル
グランプリファイナル2007FP 
全日本選手権2007FP
四大陸選手権2008FP
世界選手権2008FP
―――計4回


3A/3F+3T/3F+3Lo・・・・トリプルアクセル+2つの3+3
グランプリファイナル2007FP 
―――計1回
 

3A トリプルアクセル(単独)
フランス大会2005
グランプリファイナル2005
全日本選手権2005FP
ジャパンオープン2006
NHK杯2006
グランプリファイナル2006
全日本選手権2006FP
世界選手権FP2007
ジャパンオープンFP2007
フランス大会FP2007
グランプリファイナルFP2007
グランプリファイナル2008FP
全日本選手権2008FP
四大陸2008FP
ジャパンオープン2008FP
世界選手権2009FP
国別2009FP
ジャパンオープン2009FP
ロシア大会2009FP
四大陸2010FP
全日本選手権2009FP
五輪2010FP
世界選手権2010FP
NHK杯2010SP
全日本選手権2010FP
世界選手権2011SP
四大陸選手権2012SP
四大陸選手権2012FP
世界選手権2012SP
四大陸2013SP
四大陸2013FP
世界選手権2013SP
世界選手権2013FP
国別2013SP
ジャパンオープン2013FP
アメリカ大会2013SP
アメリカ大会2013FP
NHK杯2013SP
NHK杯2013FP
グランプリファイナル2013SP
グランプリファイナル2013FP
全日本選手権2013SP
全日本選手権2013FP
ソチ五輪団体戦2014SP
ソチ五輪個人戦2014SP
ソチ五輪個人戦2014FP                                                             
―――計46回


3A+2T トリプルアクセル・ダブルトウ
世界選手権2009FP
国別2009SP
国別2009FP
四大陸2010SP
四大陸2010FP
五輪2010SP
五輪2010FP
世界選手権2010SP
世界選手権2010FP
グランプリファイナル2008FP
全日本選手権2008FP
全日本選手権2009SP
―――計12回


6種トリプル

世界選手権2013
ソチ五輪2014 
―――計2回

エイトトリプル
ソチ五輪2014
―――計1回


上記の挑戦数はUR・DG・!・e・転倒等のミスを含みますが、予定をしていても、全く認められなかったものは除外されています。(例:今年の全日本で3A+2Tに挑戦するも、3A+seqになったので除外。これは心情的に3A単独のほうに含みたかったのですが、3A+2Tのミスであって3Aのミスではないのでノーカウントです。 単独の3Aを予定していても2A等になった場合も除外)。いつもは国際大会のみを考慮しているのですが、今回は浅田選手がシニアに上がってからの大会をすべて考慮してみました。多分、これで全部だと思うのですが・・・。参戦数が多い浅田選手なので、ちょっと見逃してしまった挑戦もあるかもしれないです・・・すみません。

X+2Lo+2Loといった、2Loを連続して飛ぶジャンプは2006年から表彰台争いしている選手のなかでは浅田・安藤・村上の日本女子3名しか成功させていません。それを浅田は軽々と何十回も当たり前のように試合で飛んでたので日本のファンは感覚が麻痺してそう・・・。

五輪で飛ばれた後半3連続
↑高難易度
↓低難易度
()に記載されているのはフリーの順位です。

3F+2Lo+2Lo ・・・ 浅田真央(3位)
3F+2T+2Lo ・・・ ソトニコワ(1位)
3F+2T+2T ・・・ ワグナー(7位)
3Lo+2T+2T ・・・ メイテ (11位)
3S+2T+2T ・・・ コストナー(3位)、ゴールド(4位)
2A+2T+2Lo ・・・ キムヨナ(2位) 
2A+2T+2T ・・・ オズモンド (13位)

コストナーは去年のWCでは3S+2T+2Loだったんですけれどね・・・。ゴールドもWC13では3Fのエラーが見逃されていたかは覚えていませんが、一応3F2T2Tを飛んでいました。キムヨナはここ数年安定の2A+2T+2Loです。2A3Tをあきらめましたから。シニア女子でジュニアよりも難しい技に挑戦し続けられているのは浅田のみです。(ジュニアのほうが3+3等が飛びやすい)

浅田はたくさんアップダウンがありましたし、構成の難易度を下げたほうが・・・という意見も飛び交う時期もありましたが、もし浅田が「難しいことするのや~めたっ」とあっさり捨ててしまえる選手だったなら、なんとなく、他の要素も今ほど完成度が高かったような気がしないんですよね・・・。

浅田選手、五輪での素晴らしい演技をありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。
世界選手権での演技も期待しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.


更新ありがとうございます(*^^*)

いつも分かりやすい内容で、このブログ大好きです!
みむ | URL | 2014/03/03/Mon 15:25 [Edit]
突然のコメント失礼致します。
この度、ソチオリンピックで沢山の感動を与えてくれたフィギュアスケーター達に笑顔のお返しをと思い、有志の集まりで『スマイルプロジェクト』を発足いたしました。
ブログ主様やこちらにいらっしゃる皆様に、是非ともご参加していただきたく案内させていただいた次第です。
詳細は以下になります。

http://www.smile-project.info/

当プロジェクトの主旨にご賛同いただけるようでしたら、拡散のご協力についても是非お願いいたします。
尚、ご質問等につきましては、当ブログにて対応いたしますのでご安心下さいませ。
【お問い合せ:info@smile-project.info】

スマイルプロジェクト
スマイルプロジェクト | URL | 2014/03/05/Wed 00:23 [Edit]



Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.