フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浅田が優勝!3A!!3F+3Lo!!! 皆さんリプとコスには優しいのね・・・
浅田選手、おめでとうございます!!!

3Aと3F+3Loを取り戻すとは!

よっしゃあああぁああああ!!
判定はいつもどおり、もう(゚⊿゚)シラネ

実はソチ五輪のフリーで1番腹を立てていたのは、セカンド3Loを刺されたことでした。まあ、・・・今回は3Fを刺すことによって、より減点できるように調整されたわけですが。

まさかここまで復活するとは・・・3Aと3F3Loですよ!思い出してください、今シーズン序盤は3F3Loの影も形もなかったことを!「1度も本番で挑戦すら出来てないけれど大丈夫?」という状態だったこと!それがソチに入ってからバンバン練習で飛んでくるものだから、練習の映像だけで感動してしまい、「真央・・・、本当に懸けているんだな・・・(;ω;`)」と試合前から目頭が熱くなりました。

はあぁ~・・・・
・・・・3Aと3F3Lo。練習の映像ですら「うおおおおお!!!!(゚∀゚*)」となるものを、よくもまあ、点数を操作してまで、選手を精神的に追い込み潰そうとしてきたな・・・(怒)。たとえ成功させても表向きには失敗したジャンプとして記録してきた罪は重い。3Aと3F3Loの両方を奪われそうになった時、浅田は3Aだけはと、死守した。最終的に、ただ守るだけじゃなく、3F3Loをも蘇らせるとは!本当にすごい。

採点はまさにGPFの再来。TES76点から一気に10点以上引かれてしまいました。ソチもバンクーバーも、浅田が金賞を取れないように仕組まれていた。今回のフリーも素晴らしかったですが、やっぱりソチでの演技が1番だったな。あれほど「記録よりも記憶に残る演技」という表現があった演技はないです。

今日の(イチャモン減点がされる前の)得点をみてびっくりしたのが、浅田がもし、エイトトリプルを滑りきっていたら男子4位のアボットと5位のコフトンのTES(基礎点+GOE)と、そして3位のフェルナンデスの基礎点(GOE除外)と変わりなかったこと(逃した3Tの基礎点:4.10点→単純計算で76.79+4.10= ↑80+)。しかも、女子はジャンプが1つ少ないんですよ・・・。ここまで飛びぬけた選手が、キムヨナごときと同等扱いされてきたと思うと、メディアの印象操作や洗脳行為がどれだけ「効果的」だったかわかる。本当にメディアは怖い。バンクーバーは浅田はミスしたからと片付けられ、キムヨナの荒の多い演技が表現力が高いと評価された。ジャッジが行なってきた不正の数々は絶対に許せないものだと再認識しました。

コストナー&リプニツカヤ

コストナーは引退を決めてないという噂を耳にしましたが、もしそれが本当なら引退試合でもないのに、

・1回転が3つ
・4種トリプルだけ
・転倒

・・・にもかかわらず、あれだけ盛ってもらったのでしょうか。つなぎのないプログラムなのに、なぜトランジションが浅田より上なのか。レピストの採点が酷かった印象があったので、もしかしてあれより酷いのでは?と2010年のプロトコルをチェックしたところ・・・2種3トリプルだったとは!!!びっくり!!

リプニツカヤもなあ・・・。今シーズンの序盤は60点ちょっとぐらい。それが、政治の力でEU選手権で一気に68点になり、それを基準にしてもらって、この子の将来性を高めたのだろうか。どうなるかなんて誰にもわかりませんが、ルッツのエラーは直すのは困難ですし、ジャンプ全盛期の今でここまで低空で伸びがないとなると、一体どこを伸ばしてくるのか・・・。ああ・・・PCSか。

コストナーとリプニツカヤに関しては、贔屓の度合いが浅田や他の選手達とは比べ物にならないので、いまいち祝福しきれない。ただ、コストナーは、傲慢な態度を1度も取らなかったですし、根を腐らせずにいたのもすごいな、と思います。コストナーの人格は素晴らしい。ただ、「スケーター」としてみると、「ジャッジのお気に入りだったな」という印象です。「いい人だから悪くいえないけれど・・・」・・・のループ。リプニツカヤの特別扱いはいつまで続くのか。

うーん。

フィギュアスケートの大会は仕組まれすぎです。あわよくばコストナーを金にというジャッジの思惑がヒシヒシ伝わってくる大会でしたし、浅田の点数は絶対にキムヨナの記録を超えさせるものかと必死なのが伝わってきました。ジャッジは日本男子には結構優しいんですけれどね。一方で、浅田に対する採点はなんなのか。

「厳しい」ならかまわない。ただ、「不当な判定」は「厳しさ」ではない。ただの選手潰しです。浅田がキャリアを通してまともに採点されていたなら、もっと気持ちよくジャンプを飛べていたでしょうし、成功率も上がっていたと思います。回転しきってもDG、認定されても減点、質がよくても加点がつかない。こんな状況を改善しようとすらしなかった金の亡者のスケート連盟には天罰が下りますように。


おまけ

*浅田真央の挑戦・・・更新*

3A 46回→48回にUP
3F3Lo 29回→30回にUP
後半3F2Lo2Lo 19回→20回にUP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


コストナーさんのワールドの採点には私も驚きました。性格がいいので許してしまいますが、あの演技であの点数を考えると何か残念です。ワールドは失敗が多すぎました。、ジャッジの不当性をつくづく感じました。
それにしても、浅田選手はいままでよく我慢しましたね。。本当に、こんな事があってもいいのでしょうか。コストナー選手は許せるけど、IOCや連盟は許せません。このようなものでも、採点は正しいという専門家がいるのには驚きです。
熊子さん、お体の方は大丈夫でしょうか?季節の変わり目ですので十分お気を付けてお過ごし下さいね。
野バラ | URL | 2014/09/14/Sun 23:38 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。