フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「バトンスピン」はフライングキャメル。
bent-leg-layover-spin-mao-asada.jpg


私もこの変形キャメルを「バトンスピン」と誤解したまま記事を書いたことありますが、バトンスピンはフライングキャメルのことではないかと思うのです。英語Wikiでも、バトンスピンはフライングキャメルのことだと書いてあるんです。

「どうして日本人は、このスピンをバトンだというようになったのかな?」「それとも本当にバトンであっているのかな?」とわからずにいたのですが、昨日やっと、答えを見つけました。

答えはこの動画の中にありました。
↓2:38あたりに、「バトンキャメル」の話をしています。


ちょうどキムヨナがベント・レッグ・レイオーバースピン(bent leg layover spin)をしているときに、バトン氏が自分が開発したフライングキャメル(バトンキャメル)の話を始めたようなのです。ややこしいことに、キムヨナはフライングキャメルからレイオーバースピンをしたので、たしかに記憶を蘇らせて思い出話を始めるにはもってこいなタイミングだったのですが、一般視聴者にはレイオーバーがバトンかのように聞こえてしまったのです。

元を辿ると、納得のいく理由から生まれた誤解だったのでスッキリしました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。