フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ISU「関与してない」中国杯のゴタゴタ・アイフル問題・責任転嫁の連鎖
いまさらの話題です2。

アイフル問題:
まとめ→応募条件「借金」(2ch的フィギュアスケート様)

2014年7月中旬に、サラ金のアイフルが「借金5万円すれば中国杯で選手達とバンケットを楽しめる招待券を抽選でプレゼントっ★」という下品なキャンペーンを始めました。キャンペーン内容が記載されたページには、当時未成年の羽生結弦選手・村上佳奈子選手・リプニツカヤ選手の名前が記載されており問題視されました。当然苦情が殺到し、アイフルは「借金しなくても抽選に参加できるよ☆ミ」とキャンペーン内容を変更しましたが、結局、本当に借金していない方が当選したのかすらわからないままです。


当時、「あんたたちもっと驚きなさいよ」の手相見姐さんがスケート連盟に問い合わせて詳しい内容を掲載してくださいました。

日本スケート連盟との通話結果


実は当時、私も英語でISUに問い合わせをしていました。


手相見姐さんが、JSF(日本スケート連盟)に問い合わせたときに、JSFはこのように答えていましたよね:

日本スケート連盟との通話結果より

アイフルのキャンペーンについての問い合わせですが?
公益財団法人日本スケート連盟も知らなかった。二日ほど前に一般の人から問い合わせをもらって初めて知った。
アイフルはISUと直接契約をしていて関知していない。
ISUが中国連盟と契約している。
このキャンペーンに公益財団法人日本スケート連盟は関係ない。
名前を出された2選手に確認したところ「削除してほしい」とのことだったので現在はキャンペーンページに名前がない。
今回の件はアイフルの勇み足。こちらは申し入れをした(ドヤ顔の空気感)。
アイフルに問い合わせてくれ。


*中略*

アイフルに問い合わせると公益財団法人日本スケート連盟に聞いてくれと言われましたが?
→(ここでいきなりようすが変わり、絶句、ふーーーん、ああ・・・という変な間ができました)
それは初耳だ

初耳ということは本件に対するアイフルの個別対応がそちらにフィードバックされているのか、もしくはこう回答すると言う了解が公益財団法人日本スケート連盟とアイフルとの間で取れているのでしょうか?
アイフルのことはわからない

アイフルを決めたのは誰でしょうか?
ISU。公益財団法人日本スケート連盟は関知していない。契約内容も一切知らない

い くらISU傘下とはいえ、公益財団法人日本スケート連盟に所属している日本人の、それも未成年のスポーツ選手がサラ金という特殊な企業に公益財団法人日本 スケート連盟も知らないうちに名前を使われるのはおかしいと思う。ISUから事前の通達なり相談なりが入る仕組みを検討しないとまずいのではないでしょう か?
契約についてまったく関知していない

**




そしてこちらが、7月16日に私がISU公式サイトから問い合わせして、返ってきたメールの内容です↓

帰ってきたのが1ヵ月後だったので、「遅いYo!」と少し思いましたが、日本スケート連盟にお酒の持ち込みは違反だったことに関してメールを送りましたが、そちらのほうはずっとシカトされているので、返答が来ただけでもマシですね。

We thank you for your message of July 16, 2014 and we wish to inform you that the ISU is not involved in sponsorship operations at Cup of China since all commercial  rights for this event belong to the Chinese Skating Federation.

The Chinese Skating Federation confirmed that they will investigate this matter with their sponsor in order to protect the interest of the skaters.

2014年7月16日にあなたからのメッセージを受け取りました。
このイベントのすべての商業権は中国スケート連盟に属しているので、
ISUは中国杯での事業後援に関与していないことをお知らせしたいと思います。

中国スケート連盟は、スケーターの利益(イメージ?)を保護するために、
彼らのスポンサーとこの問題を調査すると承認した。
contacttoisu.png



JSFのいう構図はこんな感じでしたよね:

JSF「われわれは無関係です。なぜなら下記のような事になっているからです」

アイフル←契約―ISU―契約→中国スケート連盟


ところが、ISUは下記のように主張:

ISU「われわれは無関係。なぜなら下記のような事になっているからです」

中国連盟(商業権)←契約→アイフル

アイフル側はこのように語っています:

アイフル&日本スケート連盟←契約→中国連盟



JSFは自分たちは関知しておらずISUに責任があるといい、ISUは自分たちは関与しておらず中国杯でのことは中国人にまかせてあると答え、肝心のアイフルはアイフルで事情はJSFに聞けと返し、結局なにがどうなって、あんなことになったのかはよくわからないまま、中国杯が終えました。中国のスケート連盟にも問い合わせればよかったのかもしれませんが、中国語はサッパリですし・・・。

なんとなくですが、ISUの言っている事が正しいのかなと思います。JSFは全く把握してなかったのに、「アイフルがJSFに聞けと言った」と聞かされた途端、電話越しの方は絶句されたようですし。もし、ISUが正しいなら、1番悪いのは中国スケート連盟ですね。アイフルが持ちかけたにせよ、断る責任があったのは彼らなんですから。

・・・もしISUが正しいなら、JSFは電話越しで適当な回答をしていたことになりますよね・・・。ISUトップや重役とすぐに連絡がつけるような立場にないんでしょうか。JSFは立場が弱いのかも・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2015/01/22/Thu 21:38 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。