フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
惚れ惚れするジャンプ構成。
以前にも解説したことのあるネタですが(1)(2)。
せっかく浅田選手のFancamをあげてくださった方がいたので、浅田選手のジャンプをキャプチャーしました。

■前半のジャンプ■
mao-asada-ice-coverage-first-half-of-the-program-olympic-performance-2014-sochi.png
mao-asada-ice-coverage-first-half-of-the-program-olympic-performance-2014-sochi-w.png


■後半のジャンプ■
mao-asada-ice-coverage-second-half-of-the-program-olympic-performance-2014-sochi.png
mao-asada-ice-coverage-second-half-of-the-program-olympic-performance-2014-sochi-.png

惚れ惚れするくらいリンクを広く使うジャンプ構成。
JOが近い・・・・
+(0゚・∀・) + ワクテカ +

浅田選手は意外(?)と飛ぶ場所を変えてきますし、一番ころころジャンプ構成を変えていたのは「白鳥の湖」だと思います。予想がつかず、試合で知るしかなかったので、個人的に一番斬新なシーズンでした。冒頭に3Loを飛んでみたり、後半に3Lo+2Lo+2Loを見せてくれたり。

蝶々夫人はソチと似た構成で来るという噂ですので、ジャンプを飛ぶ場所は大きく変えないんじゃないかなと予想します。得意なループはどこで飛んでもいけそうですが、苦手なサルコウやルッツ、そして難易度の高い3Aと3F+3Loは同じだと思います。

まあ、多くの選手が大体「このジャンプはここで飛ぶ」というのが決まっています。理由は大きく2つかな?:(1)規定で定められた要素を限られた時間で飛んでしまわなければならないので、助走をつけて飛べる場所が限られている。(2)安定させるため、ジャンプする場所を決めてしまう。

↓しかし、いくら安定感のためとはいえ、コレはない。
 これが演技構成点(PCS)で歴代1位・・・・・・・
yuna-kim-terrible-icecoverage-poorquality-practiceplz


余談。浅田選手はバンクーバーシーズン、もっと中央あたりでトリプルアクセルを飛んでいた印象があります。こうしてみると、当時よりだいぶ角よりになりましたね。スピードをつけたからかな?

余談2。できればいろんな選手のをキャプチャーしたいのですが、Fancam動画がなかなかないので、出来ずにいます・・・(´・ω・`)。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.


JOがいよいよですね~
当日観戦にいきますのでジャンプも振り付けも楽しみです 
楽しみなんです、が、
李子君のインタビュー記事で気になる内容が・・・(--;)

中国サイト記事をこちらに貼るのは控えますがざっくり訳した方によれば

SP 月の光 振付の時にカロがいたからSPはカロ風
FS ザ・アーティスト 振付の時は真央がいたからFSは真央風
EX 悲しみの水辺
二人とも振付を手伝ってくれて成熟した演技になるよう手助けしてくれた
曲はローリーが提案してくれたものの中から選んだ etc 

と、正直に浅田選手はSPジャズナンバーで子君選手の月の光ですから
ジャズでかぶらなくてよかったと思う反面やっぱりモヤモヤいたします。

日経記事によれば、ローリービジョンの蝶々夫人は
「官能的で強くて勇気ある女性」がイメージらしいので
愛の夢のリメイク版にはならないとおもうのですが
 
 キノコドレス | URL | 2015/09/23/Wed 01:30 [Edit]
お久しぶりです。
そちらの記事の内容は2ch的さんでチラッと読みました。

ローリーの好みには偏りがありますが(理想=コストナー)、そういう人だと理解して依頼しているのだから、選手から動かないとどうしようもない事だろうな~と思っています。

JOの観戦に行かれるのですか、羨ましいです!今年の出場者は豪華なので、存分に楽しんできてください。お体にも気をつけてくださいね。
熊子 | URL | 2015/09/24/Thu 10:38 [Edit]



Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.