フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【JAPAN OPEN】女子選手達のデータ・プロトコル
JOに出場する女子選手たちの成績をグラフにまとめました
浅田・宮原・ワグナー・ゴールド・ソト子・タクタミ)。

※浅田選手のグラフは以前の物と差し替えたしたのですが(上書き保存)、PCが以前のグラフを記憶していましたら、以前のままの状態で画像が表示されると思います。気になる方はタブレットやスマホから観覧していただけると新しいほうの画像が見られると思います。

浅田真央
Mao-Asada-SP.png
Mao-Asada-FP.png


宮原知子
Satoko-Miyahara-SP.png
Satoko-Miyahara-FP.png


アシュリー・ワグナー
Ashley-Wagner-SP.png
Ashley-Wagner-FP.png


グレイシー・ゴールド
Gracie-Gold-SP.png
Gracie-Gold-FP.png


アデリーナ・ソトニコワ
Adelina-Sotnikova-SP.png
Adelina-Sotnikova-FP.png


エリザベータ・トゥクタミシュワ
Elizabeta-Tuktamysheva-SP.png
Elizabeta-Tuktamysheva-FP.png


グラフについて

①グラフには今シーズンの予想に役立ちそうな過去4年間(2011’12~)の成績をまとめました。宮原選手を含む若手選手は2011年よりもっと近年にシニアデビューを果たしたので、それ以前のシニアキャリアは当然ないので、グラフが比較的さっぱりしています。

②参考にした大会はB級を除くものすべてですが(GPS、四大陸、世界選手権、国別、五輪)、公式でない国内大会等は参考にしていません。四大陸とヨーロッパ選手権は昔はB級扱いの試合でしたが、近年は各国のエースが出場するのも珍しくないので、参考しました。

③私はいままで過去4年分・またはキャリア全体の平均を取っていたのですが、今回から昨シーズンの成績の平均をとりました。浅田選手を含むベテラン勢はキャリアが長いので、キャリア全体の平均なんて取っても、7,8年前の成績なんていまさら何の参考になるんだという事で削除しました。ちなみに、浅田選手とソトニコワ選手は昨シーズン休養を取っていたので、彼女たちの平均点は彼女たちが最後に競技に参加したシーズン、つまりソチシーズンのものです。

④各選手の最高TES・最高PCSはわかりやすいように、点数を表示させ四角に囲ませました。青文字はTES、赤文字はPCSです。例:浅田真央選手のショートプログラムの最高TESは42.81(青文字)、最高PCSは35.85(赤文字)です。

⑤※これらのグラフは減点が考慮されていませんので、解釈の誤りにご注意を。減点はTESかPCSのどちらかから引かれるものではなく、総合点から引かれるもので、私が作成したグラフはTES・PCSを乗せていても、減点が載っていないのです。



なんとかジャパンオープンにまで・・・!と、意地で作り終えました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。