フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JOの真央2【振り付け編】
※注: この記事は選手批判ではないつもりですが、演技の内容に触れるので、そう感じられる読者様もいらっしゃるかもしれません。





ちょうど3カ月前にいままでやったことのなかったローリープロの予想を試みました。
【注意】ローリーの振り付けを予想

せっかく予想してみたので、どれぐらい当たっていたのか採点してみました。

当たり→、1点
バスレ→、0点

全13種の振り付けを予想していましたが、うち2つをボツとしました。理由は下記に。
四角いテーブルに入っている内容は以前あげた記事の内容です。画像は少し小さくしました。


 V字腕で意味ありげな振りむき(溜めて振りむく系、溜めてはっとする系)prediction4.png


初見で見逃していたんですが、ありました。(最初「」これしてました)
mao-asada-lori-again02.png 
カメラが遠くから浅田選手の背中を写していてよくわからなかったのですが、
2A+3Tを飛んだあとにありますね。


 V字腕から片腕だけ上にまっすぐ伸ばす
ステップの最中もありましたが、キャプチャーがめんどくさかったので2か所で。
これは④と似た予想なので、この予想はそちらへ移動し、②をボツにします。


 V字形つながりですが・・・
片腕のV字腕、もう片方はまっすぐの状態から→
両腕・両手を同じタイミングで上に伸ばし→
そのまま円を描くようにして下ろす。
ゴールド選手もやってたんですが、キャプチャーし忘れました。
prediction13.png


①と合体した感じでした。
ノクターンではたしか1度しかやってなかったんですけれど、
ローリーが好きそうだし使いまわしするだろうなと予測したのですがビンゴでした。
mao-asada-lori-again06.png  


 もうとりあえずV字腕の振り付けをあちこちにちらばす
prediction1.png

prediction5.png
prediction7.png

初見では袖のヒラヒラに気が散ってしまって気にならなかったのですが、
気をつけてみてたら結構ありました。

mao-asada-lori-again04.png 
まあ、これ無しのローリープロはもう見かけないですね。
おとなしい感じの音楽が来たら確実にV字腕(折り曲げた状態の振り付け)が来る。


長めに片腕だけが激しい振り付け
https://www.youtube.com/watch?v=_v3V_P4Om04
3.11~

ここまで激しい片腕だけの振り付けはなかったように思います。
ですので、はずれ。


ステップ中の腕の振り付けは、真央2014のノクターン+グレイシー2015を足して割った感じ。

これは本当にそう。
本当にそう。
ゴールド選手を足さず、ノクターンそのままって感じでした。

ステップもそうですが、どう説明したらよいのか・・・
こう、片腕をふわっとあげて、別の片腕がそれを追いかけるように振り上げる振り付けがものすごく多かった。

後多いのはこれですよね。定番。
mao-asada-lori-again08.png 


今年もあるかな?
prediction9.png

ありましたね。
mao-asada-lori-again03.png 



とりあえずイーグルは入る。腕はふんわり上げる。
prediction6.png


イーグルは毎年入っていましたので、イーグル入れたから「当たり」はズルいかな。

それに、今回はジャンプ直後のイーグルではなかったのと、
腕ふんわり系ではなかったのでハズレとします。


片足あげて、ぐいぃ~ん
コスがいなくなった今、さらに片足上げの振り付け増えそうprediction17.png

ハズレ。これは結構意外だった。
ショートに来る?


ガニ股系の動き
ローリーってわりと股間節をひらげさせるの好きですし。アイガットやLittleLightほどは強調しないノクターンのようなガニ股は来る予感がする。ショートでは強調させる演技が来そうですけど。
またはくるっとまわる系のイナバウアー。
prediction12.pngkosnter-maitoshi4.png

演技の冒頭の、踏み出している右足のブレードが
アウトエッジなら○にしたんですけれど、違うのでハズレにします。

ショートに来る?
mao-asada-lori-again05.png 
左上の浅田選手の表情の作りをみて
演技力UPしたなあと感じました。


レイバックをしながら胸を突き出す。

prediction10.png

prediction14.png

prediction18.png
 
(ハーフ・ハーフ)
これかな。
mao-asada-lori-again07.png 
浅田選手がゴスペルでやっていたような酷いぐねぐねではなく
コスが過去やっていたスタイルっぽかったので、半分の0.5点ということで。



ステップの動き
ステップの途中でくるっとまわる動作の時に、
①両腕を広げた状態からターンに入る→②ターン中に両腕を前に持ってくる。

左:ゴールド(2015)、右:浅田真央(2014)。回る方向が違うだけ。

prediction15.png

ありましたが、腕の使い方を多少工夫してきたのでそこは評価したいです。
mao-asada-lori-again01.png 



手のひらは上向きで、ふんわり腕を下ろす
prediction16.png

1番自身のない予想。同じ「女性オペラ歌手」のプログラムですから、なんとなく多様するんじゃないかと思いました。浅田選手のノクターンのように「何かを救いあげる動作」を繰り返し取り入れたのと同じように、もしかしたらグレイシーのプロにはこの動作がアクセントだったのかもしれません。

これボツにしますね。大体皆やってる動きですし。
mao-asada-lori-again10.png 



バレエ的な両手上げ。
prediction8.png

無かったですね。




無効にした予想が2つ(1つはあまりにも一般的、1つは同じような予想を別でしていたことから)。

自己採点:11点中6.5点。

6割当たっていました。・・・・これは当たりすぎなのか、そうでないのか・・・・。


初めに申し上げておきます。私は蝶々夫人を見たことが無いですし、単純なプロットしか知りません。

蝶々夫人はチャンスがあっても(個人的には)避けたい内容のオペラですので、浅田選手が具体的にどこのパートを表現していたのかはわかりませんが、このプログラムの蝶々夫人はあまり『成長』や『変化』が見られないなあと感じました。

というのも、最初から最後までずっと、手を胸のあたりに持って来る振り付けばかりなんですよね。ずっと弱いままなのか、寂しいままなのかな。本当、ずうううーーーーーーーーーーーっと、です。

mao-asada-lori-again09.png 
このころ子供いなかったのかな。遠くにいる夫のことばかり考えている感じだった。

なんだろう・・・綺麗な振り付けが多いですけれど、「いざという時のために取っておいて」みたいな振り付けが多かったような・・・。たとえば、浅田選手のラフマニノフのフィニッシュポーズがプログラムを通して5回ぐらいあって締めの印象が薄れたような感じ・・・?


他にプログラムでよく見かけた振り付けはこちら:
右腕を来るっと回し、それを追いかけるように体も回る振り付け。
 mao-asada-lori-again11.png 
mao-asada-lori-again12.png 
多分これが新しい(?)振り付けなのかな・・・?
少なくとも浅田選手には新しいですね。
これは綺麗だと感じました。

グレイシー・ゴールド選手のオペラプロ(昨シーズン)のを見て、内心「これは浅田選手なら似合うだろうな」とああいった感じなると思ったのですが、実際出来あがってみると、ステップはノクターン・繋ぎは愛の夢から温かさを無くした感じ・・・みたいな。ローリーに期待していなかったとはいえ、正直もっといいものを持ってくると思っていました。

なにはともあれ、今回の復帰戦は見事なものでしたし、引退するつもりで休養した選手の演技ではなかったですね。おかえりなさい、浅田選手。

今シーズンは技術をとことん高めていく時期にしたいんでしょうかね。ジャンプを飛ぶ場所もほとんど同じでしたし、ジャンプの飛び位置の予想もバッチリ当たっていました。

guessing-.png

スピンは新しい種類のを2つ取り入れましたし、復帰シーズンの初戦でこの仕上がりは素晴らしいと思います。もっとコンディションが乱れているかもしれないと思っていたので。

今年はグレイシーとは振り付けがほとんどかぶってないですし、いい試合が続きそう。楽しみが多いシーズンになりそうですね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





































だがちょっと待ってほしい。



宮原知子選手のため息
satoko-lori-1.png
いつもの片腕折り曲げ(V字)の振り付け

satoko-lori-8.png
mao-asada-lori-again06.png 
両手が同じ方向に流すように回る


satoko-lori-5.png
腕を折り曲げた状態で肘を上に、手のひらは下向き、その状態からふんわり腕をあげる


satoko-lori-4.png
腕を曲げ意味ありげに振り向く振り付け

satoko-lori-3.png
ステップの最中に膝を曲げて小さくなってから体を大きく見せるようにホップ。
浅田選手やゴールド選手もやってたような・・・。

satoko-lori-2.png
002.jpg 
浅田選手のノクターンにも通じる、何かをすくい上げる動作。

そしてフィニッシュのポーズ。
satoko-lori-6.png

finish.jpg firstdress-7.jpg 
今シーズン、一番怒っていいのは宮原選手だと思う。


五輪シーズンに浅田真央・GG・コスに同じようなプロを作った時も対外だと思ったけれど、日本のトップ2選手にもやっちゃうのか・・・。宮原選手に浅田選手と同じような振り付けで(ノクターン+愛の夢)、同じ「初恋」をテーマに、愛の夢と同じ作曲家のリストで滑らせるのはさすがに酷いような。まして間が全然空いてないですし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


こんばんは

ちょっとまて には笑ってしまいました。
知子ちゃんの演技で、フィニッシュで同じように「ん?」って思いましたから^^;
蝶々夫人は ストレスのたまるお話なので見てませんが

個人的には あともう少しでもいいからつなぎ部分に蝶々夫人プロならではの
独特な振り付けを足してほしいなと思ってるんですが

新ノクターンもブラッシュアップに期待したけど、むしろ印象的な振り付けがジャンプの流れに邪魔だと省かれていった記憶が…
とにかく流れがキレーなSPプロに仕上がりましたが
蝶々夫人はフリーなので省くのだけはやめてほしいです。
復帰戦としては本当に申し分ないとおもうのですが
もっと振り付けが足されることを個人的に期待してます。
 キノコドレス | URL | 2015/10/06/Tue 05:04 [編集]
はじめまして
熊子さまの詳細な分析と冷静なツッコミ大好きです
蝶々夫人素敵なプログラムですけどTHEローリーって感じで、タラソワカムバーック!ってなります
新聞記事でローリーがこのプログラムは女性の権利云々と語っていて、ノーベル平和賞でも狙っているの?と思ってしまいました
でも真央さんは気持ちよく演じているみたいですし、題材自体は彼女にぴったりだと個人的に思っているのでこれからが楽しみです
怖いのはSPかな
ちらっとステップ御披露目してましたが身体はキレキだけど振りにはデジャブが…(笑)
たらこ | URL | 2015/10/06/Tue 17:11 [編集]
はじめまして
蝶々夫人、そんなに良かったですかね。
賞賛の嵐、なんて巷では言われているようですが、こちらのブログを
読ませて頂いて納得しました。
ローリーのプロは全体的にあっさりしているんですよね、、
観ていて飽きますし。真央ちゃんは一生懸命やっているんですけどね。
JOPは観ていて非常に「もったいない」と思いました。

蝶々夫人といえば、太田由希奈ちゃんの2004年スケアメ版
が印象深かっただけに(既に右足故障していてジャンプは決まら
ずでしたが演技は素晴らしかった)、これを超えるプロを期待して
いただけに残念です。


oba | URL | 2015/10/07/Wed 10:09 [編集]
初めまして&お久しぶりです

■キノコドレス様
ノクータンの印象的な振り付けってもしかしてウォーレイの事でしょうか?ジャンプの安定率が下がッてしまったら元の子もないので無くすと聞いて仕方が無いのかなと当時は思いました。

少し物足りなく感じるのは、まだ復帰戦で滑りこめていないからのように思います。アイ・ガット・リズムはすごくいい感じに手直しされたので、今後に期待ですね。


■たらこ様
浅田選手とは全く関係がないですが、ローリーのそういう平和思考が個人的に彼女をあまり好きになれない理由かなあと思います。絵空事か夢物語のようで、ちょっと「本気?」と引いてしまうというか・・・。まあ、自分がひねくれ者ですし、彼女の思想がどうであれ、彼女が作るプログラムへの評価が、それによって変わった事は1度もありません。蝶々夫人は国際的にアジア人文化を誤解させるような内容だという批判が強いものですが、「女性の権利」という議論はあまり聞いたことがないような・・・?

■oba様
蝶々夫人がよかったというより、浅田選手がよかったんだと思います。太田さんの蝶々夫人とてもよかったです。初めて見ました(スケオタ歴短いです)。正直2004年だと技術がどうかな・・・と、そちらが気になって演技に入り込めないんじゃと不安に思いながらプレイボタンを押したのですが、初めから惹きこまれました。腕や指先の動きがバレリーナのようでした。今まで見た中で一番バレリーナに近い動きをするスケーターでした。
熊子 | URL | 2015/10/07/Wed 21:01 [編集]
やはり
まあまあかぶってましたね(笑)何回もリピってますが、日によってノクターンにみえたり、愛の夢にみえたり、ジュピターに見えたりします。もう少し独特のモーションが欲しいですね。

太田ユキナさんのピカソダンスのような。

せめて、ソプラノ絶頂の所はイーグルとステップではなく、端から端までドカーンとスパイラルかましてほしかった。
teppi | URL | 2015/10/08/Thu 02:04 [編集]
■teppi様
スパイラル・・・そうなんですよ・・・!私もローリーの振り付けを予想した記事の最後に、クロスグラブビールマンをやらせたら大体のことが許せそうだと書いたのですが、まさかあんな記憶に残らないタイミングでふつ~のスパイラルが来るとは思わなかったです。あれじゃまるでスパイラルが苦手だから早く終わらせたようだった・・・。
熊子 | URL | 2015/10/09/Fri 11:30 [編集]
初めまして。
非常に細かく分析されていて、興味深く読ませていただきました。
6割はビックリです!

蝶々夫人、目新しさがまったくありませんでしたね。
ソチで浅田選手を好きになった知人は、楽しみにしていただけに
プロのつまらなさにショックを受けていました。

宮原選手のFSも、ローリー先生の振付と知らず見ましたが
開始1分で「これローリーじゃ・・・」と気づき、フィニッシュで確信しました。
それほど振付が多用されすぎています。

THE ICEのEXを会場で見て、私は今シーズンでローリー先生とは手を切ったほうがいいと思いました。
浅田選手のよさがまったく感じられず、席が遠ければ遠いほど
観客はつまらなそうでした。
対して仮面舞踏会とタンゴは素晴らしく、観客も盛り上がっていました。
SPが心配です。
りな | URL | 2015/10/18/Sun 19:40 [編集]
熊子様
素敵なブログですね。素人ではわからない細かいところまでありがとうございます。色んなフィギュアの動画やブログを見てますと、選手の全てをほめることが第一で、冷静なコメントをすると、気を悪くして、目くじらを立てて批判するファンの方が多くいらっしゃる様ですが、ブログというのはニュースサイトではなく、自分の意見や感想を述べるところなので、今後も気にせず、熊子様の視点で書いて頂きたいです。^ー^ 不快に感じる方は見なければいい話なので。

来季の真央ちゃんは別の振付師の曲がみたいです。さとこちゃんのFPの振付、最初に見た時からすごく似てるなーと思ってました。他の曲の選択肢はなかったんですかね。というのも、多額な費用を振付師に払い、これだとさとこちゃんがかわいそう。
蝶々夫人は好きですが他の振付師で見たかったな。
eri | URL | 2016/04/25/Mon 20:17 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。