フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
復活劇の連発だったスケカナ // チャンの得点に少しチクッと。
(*´Д`)フリー終えてほっとしてたリーザが可愛かったです。リーザはダーク系な踊りが得意ですけど、中身が人一倍女子っぽい印象を受けます。

ワグナーはショートで回転不足スルーされてテンション下がりましたが、堂々とした踊りがよかった。あの赤衣装を変えたのは大正解。

羽生はショートの失敗にブチ切れてフリーで持ち直したのがすごくよかった。あのヌルヌル歩きいいですね。

チャンもショート終えてFrustrating!(イライラする)とキレてたから、フリーがどうなるかとヒヤヒヤしましたが、いい感じにスイッチの入ったようでしたね。


ここからは少しチャンの得点について触れる内容になるので、チャンファンは読まないほうがいいかもしれないです。






















はてさて。

うーん

うーーーーん

水を差すようですが・・・・



チャン PCS 95.16
羽生  PCS 88.94 (-6.22

いきなりこの差はなんだ?と驚きました。これはプログラム云々ではないように思います。
個人的に、今シーズンの羽生のプロはオペラや新ロミジュリも見ごたえがあると感じますし)


基礎点と出来栄え点をグラフにしてみました:


hanyu-chan.png

羽生がチャンを基礎点では、 13.95点差圧倒して、
チャンが羽生を出来栄えでは、10.40点差で圧倒した。

カナダで開催された世界選手権2013を思い出します・・・・

1. 47 148.34 (BV 58.22 + GOE16.51 = TES 74.73,PCS 73.61
2. 真央 134.37 (BV 62.30 + GOE 3.66=TES 65.96,PCS 68.41
3. コス 131.03 (BV 50.75 + GOE 10.59=TES 61.34,PCS 70.69, Ded -1)

そして今回:

1. チャン 190.33 (BV 76.95 + GOE18.25 = TES 95.17,PCS 95.16) 
2. 羽生 186.29 (BV 90.50 + GOE 7.85=TES 65.96,PCS 88.94 Ded -1)
1. 村上 171.37 (BV 79.61 + GOE9.76 = TES 89.37,PCS 82.00) 

村上大介選手は4Sが2本、3Aが2本で+9.76だけやねんで(´・ω・`)
出来栄え点で10点差以上、PCSで5点差つけてもらえたら、そりゃ難易度高い構成はいらないわな・・・。
羽生の4Tがチャンの3Tと同じ出来栄え点ェ・・・。
ダイスも3つのスピンのうち2つが最高レベルの4をすでにとってるし、後は出来栄え点とPCSの問題なんですよね・・・・。

羽生とチャンのライバル関係(?)の場合、羽生の基礎点がめっさ高いのでなんとか『勝負』になっていますが、女子のほうでもこれをやってましたからね・・・。女子で15点差は基礎点で補えるものではない。英語版ブログのほうで、「47のインフレ点に追い付くには最低でも3回4回転を飛ぶ必要がある」事を計算して証明しましたが、実際今の羽生がその状態ですね。

今回のスケカナはライブ観戦してましたが、4回転1本・3A一本のチャンのTESが、4回転3本・3A2本の羽生に追い付き始めた時に「これは確実にGOEだな」と思ってふたを開けてみたら、やっぱりえらいことになってました。復帰おめでと~☆ってことなのかもしれませんね、今回は。

女子でも男子でもそうですが、ショートで勝たせてもらえても、フリーで(GOEやPCSの面で)贔屓してもらえる選手のほうが遥かに勝ちやすいんですよね。単純計算でフリーのほうが得点が出ますから。浅田真央も、ソチシーズンのころには、ショートはクリーンに滑れれば、47よりすこーしだけ出してもらえるようになってきたかな?という印象を覚えてましたが(事実、PCS差はほとんどなくなってきていました)、なぜかフリーでは、ドーンとPCSとGOEで点差をつけられるので、結局こっちか本命かというような採点のされ方をしていました。今回の羽生と同じく、「GOEで10点差以上・PCSで5点差以上」と勝たせたい選手に点をつけられると、勝てるものも勝てなくなる。

今回だけかもしれませんが、どうでしょうね。

一部の女子のインフレはスケアメから続いていますし、今シーズンは白人国家のインフレが続きそう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


追加:
今回の大会、チャンが3連続を完全に抜いちゃっても、優勝できてるぐらいに、フリーのインフレがすごかった。
hanyu-chan2.png
実際の物から基礎点-10.01・出来栄え点-1.2。

羽生はショートで大きなミスをしたとはいえ、チャンも大きなミスしてますしね・・・。
GOEの出し方を見ると、ショートは羽生有利・フリーはチャン有利、的な採点がされていきそうですね。まさにソチ五輪シーズン再来です。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.


PCS、GOE相変わらずめちゃくちゃですね・・・
ショートでは
はにゅさんのPCSの高さにおどろき
PちゃんのSSがはにゅさんより低かったりで・・・???となったのですが・・・

フリーでのPちゃんのPCSの上がりっぷりにビビリました。
1日でこんなに変わるんだ・・・PCSって。

GOEでも相変わらず+と-の入り乱れでした。
ナムくんのスピンで軒並み+1のところあるジャッジは-2・・・
どういうこと?って思います。
nohohon | URL | 2015/11/03/Tue 01:29 [Edit]
お久しぶりです。nohohonさん。

今回ナム君(カナダの王者)はエキシビションに招待されず落ち込んでしまったようです。一推しを思いっきりプッシュするのがカナダ流なんでしょうけれど、5位に入った現カナダ王者なのに、扱いが酷いと海外掲示板で少し話題になっています。ケヴィン君の調子が良かった時でも、チャンをカナダナショナルで優勝させる事がありましたしね。

スケーティングスキルがショートとフリーで変わるっていうのもおかしな話だと思うんですが、PCSやGOEのご都合点っぷりはいまに始まったことではないですね。
熊子 | URL | 2015/11/03/Tue 02:38 [Edit]
熊子さん、理にかなった分析でしたね。こういう分析を待っていました。
審判員の匿名も、PCSやGOEで勝たせたい人を勝たせるのに都合がいいからでしょうね。PCSやGOEが本来の役割を果たさず、審判員のご都合通りにさせる調整のための材料にもなっていることが残念に思います。

浅田選手が、ヨナとの対決で長いこと、苦しめられました。
フィギュアスケートはこれからもこのようなスタイルでいくつもりでしょうか?
これから、このようなスタイルから打破できる審判員が出てくることを切に希望します。
また、これからも、このような分析で、私たちの思考を目覚めさせてください。
ありがとうございました。お体をお大切になさってください。
野バラ | URL | 2015/11/03/Tue 17:00 [Edit]
お久しぶりです、野バラ様。

あくまで一個人の見解ですから、そういう意見もあるというふうに受け止めていただければなと思います。

チャン選手は47とは違い、酷いバッシングを受けた中でも毎年競技に参加し続けて競技を盛り上げてくれましたから、誠実さが全く違うと思っています。なにより47はスケーティングが特別優れていたわけではなかったので、PCSの高得点はもはやただの暴力でしたが、チャン選手の場合、スケーティングスキルは本物です。ただ、GOEの面では羽生選手のほうが上だろうと思うのです(理由1:単純に回転数の多いジャンプのほうが加点がつきやすい(スケールの幅が広いため) 理由2:羽生のほうが難しい入りをしてる難度の高いジャンプが多い)。

PCS6点差は妥当という意見も見られましたが、トリプルアクセルを3つ4回転トウに変えて追い付ける点差だという事をもう少し自覚してほしいですね。「トリプルルッツ」の差ではない。まして羽生選手はすでにつ3回転・2つ3Aを入れた構成ですから。
熊子 | URL | 2015/11/05/Thu 05:49 [Edit]
羽生のコーチであるブライアン・オーサーが『チーム・ブライアン』の中で
「GOEとPCSの法則を見つけた」とかなんとか書いていたようですね

私はGOEとPCS、特にPE評価が連動してパトリックのPCSが別人のように上がったのではないかと思います
PE評価とは日本メディアは高橋大輔や町田樹のようにプログラム曲を自分のものにして表情も豊かに情感たっぷり演じることを重視しているかのような報道をしてますが
実際にジャッジが重視しているのは「Execution」の方だと思います
予定された要素を質よく正確にこなすことに重きを置いた評価をしているように私には思えるのです。
そしてそのPE評価に引きずられた他の要素も高評価になる、という傾向がここ最近強くなっています

47のPCS評価が突然キチガイ的に上がったのもジャッジがGOEをじゃんじゃん与えたからですし
ケビン・レイノルズが2013年4CC「だけ」PCSを大きく伸ばしたのもPEの評価によるところが大きいのではないかと・・・
(GOEに関してはあまり沢山もらってないですが普段の彼はUR判定が非常に多いので)
そして女子シングルのロシアのちびっこたちがジャンプの入りや出で工夫しているというだけで真央やコストナー張りのSS評価を受けているのも
やっぱりジャンプGOE評価とPE評価連動よるところが大きく、オーサーの見解はある意味当たっているのではないかと思えるのです

羽生とチャンの話に戻りますが、チャンは全ての要素について質的には申し分なかった
羽生は後半4Tコンボでお手つきをしてからジャンプ着氷がやや悪くなりましたし
スピンでレベル取りこぼしもあり、回転スピードも前半ほどの勢いがなかった
それがGOEやPCSの差となって出てしまったのでは…と思います
megumi | URL | 2015/11/05/Thu 19:07 [Edit]
megumi様。

ご見解をシェアしてくださりありがとうございます。ちょっと思いついた検証がありますので、 そちらの記事のほうでお返事ように事になると思います。現時点では同意するともしないとも言えるほどの知識や情報がないと思いましたので。
熊子 | URL | 2015/11/06/Fri 13:33 [Edit]



Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.