フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついていけてない
いつの間にか、採点の傾向や基準が変わっていたんだと確信した大会だった。それに対策していくしかないし、ファンもこの採点の仕方についていかなきゃいけない。けれど、もう少し時間が欲しかった。

当たり前ですが、ガイドラインには、いままでどうあがいてもベテラン勢のPCSには、ジュニア達が追い付けないように採点されていたが、今シーズンからバンバン追い抜いてもOKなんていう事は書かれてはいない。

ジャッジの得点の出し方から、こういうふうに変わったんだと後から教えられるスタイルに対応していくしかない。選手も、ファンも。

しかし、ジャッジが得点を出してから対策を練らせるこの糞悪循環どうにかしてほしい。いつの間にシニアになったばかりの子たちがベテランのPCSをあっさり超えてOKになってたんだ。

とあるファンは、PCSはTESに関係がないと言っていた時期があり、
またあるファンは、PCSはキャリアに比例するといったり、
別のファンは、PCSはGOEと比例するべきという、だったら片方イラネ制度を提案したりということもあった。

つまり、一貫性がなく、誰も知らぬ間に採点の傾向が変わっているのがPCS。
この変わりように文句を言った所で、時間が無駄に流れるだけだし、思い返すと、このコロコロ基準の変わるPCSの姿勢は昔から変わっていない。

PCSやGOEの傾向に正しさも不当さもないような気がする。
だって、傾向が変わるものだから。知らない間に。

figureskating-article.jpg
月刊WiLL (ウィル) 2016年1月号 雑誌 – 2015/11/26
真嶋夏歩「進化していた浅田真央と無責任なJSF」
月刊WiLLのご意見・感想の送り先
☆「will@web-wac.co.jp 」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


変わったことが明らかになったのはやはりソチオリンピックの時でしょうか。そして点数操作のために与えたインフレ点をもう元には戻せなくなったとか。
ただオーサーはヨナの時、毎週のようにジャッジを招いてミーティングをしていたということなので、選手が皆知らなかったという訳ではないと思います。
judy | URL | 2015/12/13/Sun 08:02 [編集]
難しいことはわかりませんがSSが真央よりメドべ、Pチャンより羽生のほうが高いのは不思議です
まめ | URL | 2015/12/13/Sun 09:05 [編集]
judy様

まあ、私は浅田選手贔屓ですからこのように考えてしまうのでしょうけれども、女子に関しては、浅田選手の復帰が大きかったように思います。ソチ五輪後のシーズンはとても静かで、トゥクタミシュワ選手がトリプルアクセルを物にしてから世界選手権に挑んで、その時でもまたPCSは65点台で、その後、”お祭り”のWTTでやっと68点が出た感じでした。ですから、ソチ五輪がきっかけで変わったと思いません。むしろ、ソチ五輪後は、結構私たちが昔から知っている基準に戻ったなーと思っていました。

男子の羽生選手のPCSに異論をとなる方がたまにいますけれども、彼は五輪王者ですし、五輪王者で4回転を5回決めて、華もあり、昔から飛びぬけた才能があって、国際的にも一目置かれていたので、そんな選手がいる男子と、女子を一緒にしてもなあ・・・と、思います。
熊子 | URL | 2015/12/13/Sun 09:08 [編集]
まめ様

SSはベテラン勢のほうが上だろうなと思いますし、ましてただのベテランじゃなくて、スケーティングが綺麗だと評価が高いベテラン勢だからこそ、より違和感を覚えてしまいますよね。でも、これが今の傾向だから、それについていくしかないですし、受け止めて見守るしかないという考えに変えていこうと思っています。
熊子 | URL | 2015/12/13/Sun 09:11 [編集]
こんにちは
PCSについてはそもそも昔がおかしかっただけだと思います。
大したつなぎもない選手にTR高評価、転倒した選手にPE、IN高評価なぜ?
今のほうが自分にとっては納得できます。
若手にSS9点台が出るのは首を傾げるところですが。
最終滑走でメドベデワ選手は素晴らしい演技をしましたしPCS高評価は妥当だと思います。
しい | URL | 2015/12/13/Sun 19:04 [編集]
はじめまして。
今季のPCSについて、同感です。
何のアナウンスもなく、急に採点方法が変わりましたね。
納得できる部分もあります。
確かに、繋ぎも多く、完璧に滑りきった選手には、PCSだって高くでていい。
でも、メドベデワ選手のSSが9点代と言われてしまうと???
今季のトレンドとして評価したい選手には、
どこもかしこも点数が高くなるのは以前からずっと疑問です。
でも、選手もファンもこの傾向を受け入れるしかないですね。

GPFのメドベデワ選手の得点を見ると、
浅田選手が完璧に滑っても、勝てるかどうかみたいな感じですね。
オーサー、エテリチームのような採点傾向を読み切った戦略がないと
もう勝てない時代かな。
浅田選手が元気を取り戻し、
ジャンプも決めたうえで、美しいスケーティングを見せつけたときに、
この採点傾向を動かすことができたらいいな!
そんな淡い期待は、持ち続けてたい!



ブルー | URL | 2015/12/14/Mon 09:37 [編集]
しい様

基準らしい基準がないですからね、PCSは。スカプロでいつまでもPCS1位に居座り続けたキムヨナ。1度女王になったらPCS70点越えがほぼ定着し始めたコストナー。まあ、コストナーとキムヨナを一緒に語る時点でPCSが不可解だったなと思いますが、現時点でもなんらかしらの不透明さは感じさせる採点は続いており・・・。

しい様のおっしゃることはとても理解出来るのです。ただ、「『いつ』『なんのために』変わったんだ」という疑問が生まれるんです。今シーズン高得点を出しているラディオノワ選手は去年はPCS65点もリーチしていませんでしたが、今シーズンは当たり前のように超えている。どこかでPCSの基準や点数の出し方を変えようと言う話し合いがあったんでしょう。1人や2人が馬鹿高い点数を出した所で、たしか1番高い得点と低い得点が除外されたと思うので、とくに大きな影響力は与えませんから、集団的に一緒になって採点の出し方を変えたわけです。

これは消して浅田選手のPCSが低いから生まれる疑問だというわけではなく、去年のPCSの出され方と比較してあまりにも出し過ぎだろうという話です。なぜそのような高得点を出す方向性に変えたのか。

結局のところ、なぜ?いつ?という疑問に答えてもらえるわけもなく、新しいPCSの採点に得する選手と損する選手は必ず生まれてくるわけですから、選手は食らいついてくしかないという事を記事に書いたつもりでした。


後これは貴方に対してではなく、あくまで自分の意見のつけたしみたいなものですが・・・

羽生選手とメドデベワ選手のPCS高得点を同列で語ろうとするスケートファンがいますが、羽生選手はシニアキャリア6年目ですし、4回転やトリプルアクセルを他選手が苦戦している所でも結構な確立で決め続けたという成績があり、まして世界選手権でメダルをとってから初めてPCSも出してもらいやすくなっていました。そして大きな違いは、片方五輪王者だということです。羽生選手がもう21歳だということを忘れているのかと思います。SSはチャン選手のほうが上だと言われたら、おそらく国際的にも大半がその意見に賛同するでしょうけれども、メドデベワ選手と羽生選手を同列に語ろうとすれば、「は?」という反応が返ってくるでしょう。
熊子 | URL | 2015/12/14/Mon 09:50 [編集]
ついていけない、じゃなくて、
つまらなくなりました。
点取りゲームで、ルールは変わるし、試合ごとに評価が変わる。
あれがいいのになんでこれはダメ?
主観が良くないと非難された旧採点でしたが、それよりも主観が反映されている。

ファイナルなんて、見る気になりません。
nao | URL | 2015/12/14/Mon 13:10 [編集]
PCSやGOEって、結局廃止された昔の「順位点」の代わりに使用されてるんじゃないかと思います。
ようするに勝たさせたい選手に順列をつけるための手段なんでしょう。
旧採点方式の試合映像を見れば、各国の国旗の下に点数が表示されてどの審判が何点付けたか丸見えです。そして全然公平な採点じゃありませんでした。日本以外の各国の審判は自国の選手に高得点、ライバル国選手には最低点を恥ずかしげもなく付けていました。
最初から、公平でも平等でもなかったんです。
それなのに公平だと思いたくて後付けの理由を考えてしまう・・純真な人ほど振り回されてしまいす。
選手達の努力と苦悩を思うと、胸が痛いです。



マツコ | URL | 2015/12/14/Mon 19:02 [編集]
ssの評価って繋ぎの部分も大きくなったのかなぁと感じます。特にジャンプの入りと出に繋ぎがあるにも関わらず、質の良いジャンプが決まるとssが優れているからこそ繋げると評価されるような。羽生くんの4Tにはイーグル、ステップから直ちに、4Sの出はイーグル、3Aはカウンターなど、、難しいジャンプも含めて殆どのジャンプ助走なく跳んでます。これがSSの大きな評価に影響してるのかと思います。Pさんはそこが足りない感じなのでしょうか。特に目立つのは3Aで苦手だからか跳ぶだけに集中してるように見えます。4Tは羽生くん比で助走が長いような。全体的なスケーティングはPさんだとは思いますが、、どうなんでしょう。
メドべさんのSSも繋ぎが影響してるんでしょうか。

ケイ | URL | 2015/12/14/Mon 20:17 [編集]
度々すみません

メドベのことを語るなら宇野選手と比べた方がいいかもしれません。
同じくシニア初参戦で、前シーズンにジュニアの試合総なめ。二人とも9割近いpcsが出ています。まあ、宇野選手よりは前々シーズンから世界ジュニアで実績出しているメドベの方が格上でしょうか。
男女ともに若手だろうが何だろうがpcs出すということなのでしょうね。

熊子さんがおっしゃる通り、pcsのアドバンテージがなくなってしまったというのは3aを組み入れた女子最高難度のジャンプ構成で挑む真央ちゃんには辛い戦いになるでしょう…
日本女子はスケ連のサポートがありませんから、知子ちゃんみたいにノーミスを続け地道にpcsを上げるしかないんだと思います(女子最高難度の構成でノーミスを続けるなんて無理としか言いようがありませんが…)

まあ、でも若手にもpcsが出るというこの状況では、ヨナは復帰できないだろうし、その点だけは良かったと言うしかない(苦笑)
しい | URL | 2015/12/14/Mon 20:32 [編集]
主観です。
他の選手の点数はともかく、浅田選手にはこれ以上の点を出したくないのだな。。ということだけ感じます。
逆説的に、それだけ不世出の選手なのだと確信します。
他の評価はどうでもいい。私は、浅田選手の滑り、ジャンプ、人となりに惹かれます。

まゆ | URL | 2015/12/14/Mon 23:57 [編集]
■ブルー様
採点の傾向を読んだのか、それともジャッジとの話し合いで傾向を提案したのか微妙な所だなあと思いますけれどね。コーチがジャッジと話をしたりするのはよくある事のようですが、日本人コーチではそれらの活動は難しいでしょうね。そもそもジャッジがその意見を受け入れるかは彼らの自由ですし、なんとも言えないです。ただ、TSLに出演したスケーターでも誰が一緒にキスクラで座るかは重要とはっきり言ってましたから、ロビーの強いコーチとそうでないコーチは少なからずいるでしょう。

■nao様
お気持ちお察しします。競技として楽しむのではなく、好きな選手の演技だけを後から見て楽しむのも、ファンの1つのあり方だと思います。

■マツコ様
旧採点法のほうが顔出し国籍出しで責任を負う形になっていましたが、いまじゃシャッフルをして誰も責任を取らないですからね。

■ケイ様
ケイ様のご意見も理解できますが、だったらなぜSS(スケーティングスキル)とTR(繋ぎ)の両方が必要なんだという疑問が生まれてきます。そしてそれらの出来栄えはPE(パフォーマンス)とGOE(出来栄え)にも影響し、さらには「振り付け」の項目にも影響され、結局これらの要素をすべて切り離して語るのはほぼ無可能であり、主観が必ず入ってきて、基準がより曖昧になっていくんだろうなと思います。点数が出されてからこうかな?と探っていくしかないです。

■しい様
すみません、しい様に反論した意見で述べたつもりではなくて、他ブロガーが羽生選手のPCSをたたくのにエフゲニア選手と同列で語っていたり、宇野選手のPCSを無視したりだとか、そういうのが目についたので思わす書いてしまいました。申し訳ありませんでした。

若手にもPCSを少し高めに出す傾向はいままでもたくさん見てきましたが、さすがにベテランの得点を遥かに上回る得点を出した事はなかった・・・。

宮原選手やエフゲニア選手や、しい様や他の読者様の意見がどうとかいうわけでもなく・・・

ある所では、PCSは安定感で上がるから安定させようという意見があり、
別の所では、演技内容が濃密だから評価されるのでありキャリアは関係ないという意見があり、
言ってることが全く違うんじゃないかと思います・・・。

■まゆ様
まゆ様がそのように惹かれる浅田選手だからこそ、きっと「マオなら出来る!」でしょうし、大丈夫だと私は期待しています。厳しい状況ですが、もし次の五輪も視野に入っているのなら、チャン選手と同じように、目標はそこだと決めて、佐藤コーチにつき始めたころのようにまた積み重ねていく時期に入ったのかもしれません。
熊子 | URL | 2015/12/15/Tue 10:13 [編集]
過去の五輪の成績をグラフに表した。結局ジャッジは最後まで糞だった
の記事と比べると
ソチオリンピックだとフリーでPCSとGOEの優遇が一位から三位まで
えこ贔屓されていたな
今回は宮原選手がPCSとGOEの順位に差がある
更に採点の意味がわからなくなった
utaka | URL | 2015/12/19/Sat 21:13 [編集]
はじめまして、いつも細かいデータひそかに参考にさせてもらっています。
PCSですが、SSの項目はチャン選手のようなディープエッジを上手く使いこなす"見た目"も吸い付くようなスケーティングの上手さの他に、コントロール力もSSに該当するものと見ています。

TRはSSと直結するものとはあまり思えませんが、繋ぎが濃い選手の点数を見てもその他の項目と大幅に離れている印象がなく、ジャッジの点数の出し方を見ると、5項目の審査において極端なバラつきが見られないように感じます。

例えば抽象的な物言いですが、芸術性が高い選手は5コンポーネンツの内、特に芸術点に該当すると思われるCH,INの2項目は評価されてもおかしくないかもしれませんが、そこが特別高くなる事はありません。

PCSに曖昧が生まれるのはそういった矛盾からかもしれませんね。
グランプリシリーズを見ていても思ったのが、けっきょくはバンクーバ五輪においてノーミスで上手くまとめた選手が高く評価された時の出し方と同じ印象を受けました。
羽生選手の場合、尚且つかなりの高難度ジャンプに加え前後にあれだけ難しいムーブメントを入れた構成を音楽に合わせて跳んでいますから高得点もわかります。
ルール改正で4回転の点数が少し上がった事も関係しているのでしょうか?

そこでやはり不思議に思ったのがシニア1年目ですね。
まだジャンプに偏っているジン選手はフリーにおいてハッキリと差が出てしまっていますが、メドベーデワ選手の点の出方はおかしいと言うより、研究する材料となりそうです。タノジャンプがそこまで評価される対象になっているのでしょうか…。繋ぎも柔軟性を生かし独特なものもありますが…。
昔がキャリア重視でのPCSだったのか、たんに今の新人が現在のジャッジングシステムに適応する能力を持って上がってきたのか。
傾向はファンがそのように感じているだけで実は一貫しているのか…。いずれも素人の勘ぐりなのでどれも完全とは言えない気もしています。
こなた | URL | 2016/01/06/Wed 01:11 [編集]
要するにつなぎはともかく他を含めてPCS1位の演技には
見えなかったってことでしょう
じゃあ採点はおかしいでいいんじゃないのでは
ロステレコム杯ではPCS一位取れてないじゃん
utaka | URL | 2016/01/16/Sat 18:24 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。