フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デニス・テン選手の羽生選手への練習妨害。非常に残念です。
最高の舞台から突然の最悪のニュースで、本当にそんなことが起こったのかと信じられず、羽生選手・テン選手のどちらがどうとか言えずにいましたが、検証動画や他の選手の練習の様子もみると、テン選手は残念ながらほぼ意図的に妨害してたと思います。最低でもマナー違反なのは間違いないようです。

検証動画1


検証動画の内容:
①世界選手権2015、羽生選手の曲かけ練習。ステップ妨害?
2014・15シーズンはファントムが多かったので、念のため羽生選手の番だったのか確認してきました。「ISU」の文字の角度と、音楽のタイミング、そして羽生選手がいる位置から、羽生選手の曲かけであったことは間違いないです。ステップシークエンスが終えるタイミングです。参考*(4:28~)、*(4:03~)、*(4:30~)。1と2の参考動画はどちらもGPFのもので、WCではありませんが、「ISU」の文字の位置は変わりないので、大体の位置確認はできます。
②世界選手権2015、6分間練習。羽生選手を追いかけるように4回転を飛ぶテン選手。(動画2には、さまざまなカメラアングルからの検証あり、全体が見渡せるGIFも張っておきました)
③世界選手権2016、羽生選手の曲かけ練習。スピンに入る直前に妨害
④世界選手権2016、③と同じ局かけ練習(?)。ステップの妨害
⑤世界選手権2016、別リンクでの曲かけ練習。ステップの妨害。上記の検証動画にはありませんでしたが、こちらのブログ様にまとめてありました:「デニス・テン「問題があったとは思わない」羽生結弦の怒りには「少し驚いた」と妨害疑惑の故意を否定

検証動画2
The TRUTH: How Denis Ten Intentionally Interfered with Yuzuru at the Worlds

中国の羽生選手ファンが作ったようです。

GIF



これは故意だといわれても仕方が無い・・・・。しかも、中国杯の衝突わずか4ヶ月後ぐらいでしょうに。似たような場所で飛んだり、スレスレですれ違うのはよくあるんですが・・・。

ジャンプの距離感が近すぎるし、助走からずっと追いかけるっていうのは初めてみたかも。ステップの2回の妨害も、2日連続で同じようなタイミングでっていうのは、狙ってると思われても仕方が無い。

ステップ後半(ツイズル)のタイミングで”ニアミス”?



注意することを決断させたアクセルの妨害ですが(非公式練習で動画なし)、さすがにアクセルで有名な羽生選手のジャンプ軌道を知らない事はありえないですし、トップアスリートとして研究してないわけがないです。ステップだけでなく、さらにアクセルまで妨害されたら怒るのは当然だと思います。同じ大会でこれだけ妨害行為があったら、故意だといわれても仕方が無いです。

ジョニー姉さん!もっと言ってやって!

ジョニー・ウィアーさん

「このレベルの選手達なら、他のスケーターのパターンは把握しているし、一緒に100万回滑ってきた。知っている(・わかっている)べきだし、注意するべき。それが礼儀正しい競技者の振る舞いの一部よ。」
"When you're at this level, you know the patterns of the other skaters, you have skated with them a million times. You should be aware and take care. It's part of being a respectful competitor."



キャロルコーチも、羽生選手が当たり屋かのように発言するのはどうなんだ。五輪王者だから避けれた、だ?酷い言い草!

検証できるかぎりでも、たった2試合で6回。多すぎです。選手全員合わせて6回ならまだしも、一人の選手からの妨害数ですからね・・・。悪意がないなら、不注意にもほどがある。

羽生選手は散々でしたね。注意するのにも気分が悪かったでしょうし、悩まされたでしょう。大会後には握手して和解をするなど、今後の大会に支障をきたさないようして、とてもスマートな対応しましたね。和解なしでは気まずいでしょうし、だからといって黙ったままなら来年も妨害が続く可能性がありました。個人的に、テン選手が紳士だとか知的なコメントを出しただとかいうのはどうかと思います。これだけされてたらキレてもいいし、今回ばかりは紳士なのはむしろ日本スケート連盟と羽生選手。ただ、和解は本当によかったと思います。

羽生選手、銀メダルおめでとうございます。お疲れ様でした。


記事をあげてから数分間、[追加1]があったのですが、アンチブロガーの記事の内容をすべて読まなかったために、テン選手のファンクラブが出したデマ情報を公式かのように載せてしまいました。羽生選手は練習で怒声をあげた事を謝罪しただけであり、テン選手に故意を感じたことや妨害されたことが勘違いであったという謝罪は一切していませんし、連盟もそのような謝罪はしてないです。

追加2: 
カザフスタンの記事とやらを読みましたが、つっこみ万歳な記事ですね・・・。
①デニス・テンが五輪王者・・・?
②記事ではメディアが3月30日の出来事を”ran into each other”、つまり衝突したと書いたと説明してますが、そんな記事ありましたっけ・・・。ツイッターのほうもぶつかったと書いてない。
③いつ羽生選手が、テン選手は「怪我をさせるために」ぶつかろうとしたと言ったんだっていう・・・。精神的な揺さぶり行為でしょう。
④日本のニュースの内容と大きく食い違う。誤解の謝罪なんてしていない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


はじめてコメントさせていただきます。
この短い映像、とても公平に作られたとは思わないのですが…今回の件を冷静に見ている方が沢山いらっしゃる中、日本の偏った報道で、一部の方がテン選手に隣の国の方々と同じような行動に走っているようで残念です。
日本のようにここまで大きくは取り上げていない様ですが、他の国での報道は日本とは少し違うテイストみたいですよ?
正直、曲掛け練習優先とは言え他の選手のプログラムの軌道を全て把握している選手なんているのでしょうか。というと批判されてしまうのかもしれませんが、長く見ているとそういうシーンは沢山ありましたよね?
妨害という言葉は残念です。
限られた時間に限られた練習をする皆のリンクです。とはジョアニーの言葉。
確かに羽生選手は注目選手。目が行くのかもしれませんが、それでもシニアにあがってからニアミスが多いというのはやんわり指摘もされてきた選手でもあります。ここ数年、羽生選手だけが衝突が多いのも気になるところです。
いくらなんでも大過ぎませんか?
それについてはどうお思いですか?
あとは羽生選手のこうした言動で、キム選手のように周りの選手から避けられないことを願うばかりです。
タンポポ | URL | 2016/04/05/Tue 13:48 [編集]
はじめまして、タンポポ様。

私は羽生選手は応援していますが、熱狂的なファンではありません。実際、オーサーコーチのこともあり、「・・・うーん」と反応したものです。しかし、これらの検証動画を見て、自分なりに他の選手の練習の様も確認し、羽生ファンが怒るのも無理ないと感じました。宇野選手とフェルナンデス選手の練習の様子も拝見しましたが、だれもステップとスピンで邪魔してきてる人はいませんし、ましてそれが同じ人物に2回もとなると不可解です。さらに、また翌日にも同じステップのタイミング(同じコーナー)で中断させらるっていうのは気になります。私は浅田選手が1番好きですので、もし、浅田選手がと想像してみました。浅田選手の曲かけ練習で2度も同じ選手からステップで妨害され、アクセルも妨害され、スピンも妨害され、というのを、1つの大会で繰り返されたらさすがに酷いだろうと思いました。

>それについてはどうお思いですか?
これらは曲かけでの練習でしたか?違いますよね。それにジョニーは、曲かけしてる選手が優先されるとはっきり明言し、羽生側にいち早くついた方です。

"When you're at this level, you know the patterns of the other skaters, you have skated with them a million times. You should be aware and take care. It's part of being a respectful competitor."

ジョニー「このレベルにいる選手達なら他のスケーターのパターンは把握しているし、100万回は一緒に滑ってる。スケーターは気をつけるべきだし気にするべき。それが尊敬できる競技者になるということだ。」

ジョニーがあまりにも早い段階で羽生選手側につく発言をしたので、現地にいた人たちは感じるものがあったのかもしれないと思いました。ましてジョニーは羽生選手の衣装を手がけるなど思い入れのある選手だということもあり、よく見てたのかもしれません。

追加で、ジョニーの言葉を記事に入れました。
熊子 | URL | 2016/04/05/Tue 14:04 [編集]
初コメントです。
映像ありがとうございます。あーなるほど。こうゆう伏線があったなら羽生選手もいい気分はしないですね。


テン選手が故意に妨害したとは思ってないですが、これだと故意だと疑われても仕方ないとは思います。私は本人が言うように注意力に欠けていただと信じたいです。羽生選手もここまで大騒ぎになるとは思ってなかったんでしょうが、発言には気をつけないとマスコミはすぐ囃し立てますから。


しかし映像前から気にはなってたんです。
羽生選手っていつも丁寧な発言だししっかりしている印象だったので、今回にかぎってそんな怒るだなんてどうしたのかしら?と。
映像見てこれかって納得がいったので助かりました。ありがとうございます。
めぐっち | URL | 2016/04/05/Tue 15:36 [編集]
動画アップと検証、ありがとうございます。
ここぞとばかりにしつこく、羽生選手を貶めようとする輩に
ここ数日本当に嫌な気分にさせられてきました。
それでも黙ってきたのは、一部の悪質な連中のしていることが
絶対に正しいはずはないと信じていたからです。

今はこれ以上書けませんが、取り急ぎお礼だけ言わせてください。
ありがとうございました。
結氷 | URL | 2016/04/05/Tue 16:47 [編集]
選手同士は和解しているから
はじめまして。

選手同士は解決しているのにここにきて蒸し返すような動画をUPするのはどうかと思います。
長いフィギュアスケートファンは2人の選手以外でも似たようなものも多く見ているし保存もしています。
そうしたら特定の選手に限らず過去のあの時はどうなのって事になってしまいます。私達は選手じゃないので状況まで分からないです。だから画像だけ見て判断したくないです。
スケらぶ | URL | 2016/04/05/Tue 19:08 [編集]
ジョニーが活躍してた頃のフィギュア界もこんなにドロドロしてたのかな・・?(´-`)
真央ちゃんはキムチ攻撃されてもこういう部分は自らはメディアに発信しなかったよね。 歯がゆかったけど今となっては頭が下がる気持ちです。
動画拝見しましたが、同じ位羽生選手が他選手の妨害したと思われるのもありますよね?(ー ー;)
当事者で無い以上この件に関しては昔話にしたいのですが日本側が正式に謝罪したという事はやはり自意識過剰と言われても仕方ないのでは・・?
試合前に満足な調整が出来なく歯がゆい思いをした選手もいるでしょうしそんな報道はキムヨナ選手に関しては目立ちましたよね。
まるで羽生選手には全く落度が無いような今回のブログ記事には賛同出来無いので失礼ですが辛口コメントで申し訳ありません。最近の羽生選手の口の悪さには違和感を感じます。

| URL | 2016/04/05/Tue 20:38 [編集]
もやもや
ジョニーが活躍してた頃のフィギュア界もこんなにドロドロしてたのかな・・?(´-`)
真央ちゃんはキムチ攻撃されてもこういう部分は自らはメディアに発信しなかったよね。 歯がゆかったけど今となっては頭が下がる気持ちです。
動画拝見しましたが、同じ位羽生選手が他選手の妨害したと思われるのもありますよね?(ー ー;)
当事者で無い以上この件に関しては昔話にしたいのですが日本側が正式に謝罪したという事はやはり自意識過剰と言われても仕方ないのでは・・?
試合前に満足な調整が出来なく歯がゆい思いをした選手もいるでしょうしそんな報道はキムヨナ選手に関しては目立ちましたよね。
まるで羽生選手には全く落度が無いような今回のブログ記事には賛同出来無いので失礼ですが辛口コメントで申し訳ありません。最近の羽生選手の口の悪さには違和感を感じます。

はなまるき | URL | 2016/04/05/Tue 20:40 [編集]
ジャンプやステップのジャマされるのは誰だっていやですよねえ。故意でする人なんていないと思いますが。相手のジャンプ軌道に入れば自分が怪我するリスクがかなり高いですし。
他の選手の曲かけの映像を見ても、わりと選手の皆さんリンク内自由に使っているんだなと感じました。こちらで転載されている映像でもデニス・テン選手以外の方も結構なスピードだしてるんですね~。マナーが云々っていう報道を先にみていたので普通は他の選手は端っこであまり動かないようにするのがマナーなのかな?と勘違いしてました。
さかな | URL | 2016/04/05/Tue 23:53 [編集]
感謝です
本当に連盟や羽生選手が謝罪したのか?と疑問に思っていましたが
やはりこれもデマのようですね。
もう、二人は和解してるのだからそれでいいという想いもありました。
でも悪質なデーオタの記事を読んで
まるで羽生君の方が悪いみたいな感じで腹が立ちました。
でもこれ読んだら救われました。
羽生選手の言葉を変に誤解するような受け取り方をする最低な人達
同じことを高橋大輔がされたら手のひら返したように
きっとデン君を攻撃しただろうに。
特その1 | URL | 2016/04/05/Tue 23:54 [編集]
残念。
自分はジョニー・ウィアー氏のコメントは羽生選手擁護ではなくお互いさま的な内容だと捉えています。
そもそも五輪銅メダリストで実力があり、また精力的に社会貢献をしているカザフスタンの英雄が、身の危険を冒して故意に妨害する理由がどこにあるのか?と。

いつも冷静な主様なのに、今回の記事ではデニス選手憎しの悪い感情に満ちていてとても残念に思いました。
ナリタ@ロム専 | URL | 2016/04/06/Wed 00:41 [編集]
■めぐっち様
私も今回にかぎってどうしたの?と思い、浅田選手の応援と演技を十分に済ませてから(笑)、テン選手の「故意」について調べました。
去年に引き続き、怖いことするなーと思ってた選手がまた次も気になる度重なる”ニアミス”に腹が立っていったんだろうと思いました(羽生選手とテン選手が競う大会は去年の世界選手権以来)。不注意であれ故意であれ、テン選手からの謝罪は欲しかったですね。

■結氷様
お察しします。あの人たちは何かにつけて妄想で叩いてましたからね・・・。今回のニュースは、初期段階では判断のつかないもどかしい問題だったのに、無条件でテン選手が「良い人」であり、羽生選手が悪いと断定してましたからね。あんなのについていける人たちの気持ちが知れないです。こんなことで振り回された羽生選手が本当に気の毒でした。


■スケらぶ様
何をおっしゃいますか!むしろ逆で、”和解”したことにより、アンチの妄想では羽生選手が悪者で、”非のない(アンチの誤訳)”デニス・テン選手というデタラメを広められているので、こういう記事は少なからず残しておくべきだと思います。一部では羽生選手がまるでいちゃもんをつけて他選手を無意味に威嚇してるかのような解釈をしてる人もおり、こういうアンチは無駄に原動力と時間が有り余っているので、ああいうアンチの妄言が本当なのかと疑問に感じる未来のスケオタたちに、探そうと思えば探し出せる事実関係を残すべきだと思います。

>特定の選手に限らず過去のあの時はどうなの
羽生選手は今年の世界選手権だけで4回も曲かけで妨害されているんですよ(スピン1、ステップ2回、アクセル1回)、多すぎないですか?まして曲かけを妨害した相手が五輪王者なら「中断させた」という認識はあったでしょうに、まるで一度も中断させてないかのような立ち振る舞いをした時点で、こりゃテン選手怪しいと思わせるものがありました。

■はなまるき様
>日本側が正式に謝罪した
ですから、していませんって。
ソースを持ってきてください。

■さかな様
曲かけをしてる選手をできるだけ自由にさせる形ならば、皆好きに滑っていいです。しかし、今回の羽生選手のような「同じ選手から何度も中断」させられるのは不可解です。4回の中断が同じ選手からばかりって結構すごい確立です。1/5^4・・・でしょ?確立0.12%です。

■特その1様
公式謝罪なんていうデマ情報を流しても謝罪すらしませんし、本当に酷いですね。私も騙されて、この記事に載せたんですが、ヘタクソな英語で翻訳がうまくできず、こういいたかったのかな?と自己判断して日本語に翻訳したものを残せてました。あの人たちはなぜか日本のメディアよりも、当事者の羽生選手やテン選手の言葉よりも、カザフ人が書いた奇妙な記事のほうが信用できるようです。

■ナリタ様

英語だから伝わりにくいと思いますが、ジョニーはトゲのある言い方をしていますし、テン選手を責めてるように捕らえられる発言なんです。

>また精力的に社会貢献をしているカザフスタンの英雄が、身の危険を冒して故意に妨害する理由がどこにあるのか?と。
そんなことを言ったら、キムヨナの浅田選手への練習妨害はどうなります?社会貢献してた韓国の英雄様ですが、意味はあったでしょう。精神攻撃です。

>デニス選手憎しの悪い感情に満ちていてとても残念に思いました。
すみません、テン選手は本当に興味の無かった選手で、私も記事にしたことがいままででも1度なかったです。あまりにも興味がなさすぎて、最近は少しサボっていましたが、テン選手のグラフすら作ってないレベルです。悪意なんて持ち合わせておらず、もしあったなら、オーサーコーチ・・・みたいな記事を出さず、テン選手を叩いてたと思います。ですから、もし悪い感情を覚えられたなら、今回の記事は純粋にテン選手の”ニアミス”をみて、ドン引きしたということだと思います。
熊子 | URL | 2016/04/06/Wed 01:05 [編集]
視点の違いかな?
いつも詳細の分析、ありがとうございます。毎回楽しみ♪に読ませていただいてます。熊子様の視点は、いつもフェアでフラットなので、参考になります。

今回の公式練習の、妨害?と言われる証拠動画ですが・・
う~ん、<たまにある>から<ちょっと逸脱?>の範囲かなと思います。

私は海外でも国内でも、公式練習が大好きで、シングル・ペア・アイスダンスに拘らず、観に行きます。上のシーンみたいなのは、テン君&羽生さんにたまにありますね。要は、好きな選手の目線かどうかで、違ってくるかなと。

真央ファンなので、真央ちゃんの曲かけの時、アクセルを遮る位置に偶然いてしまう選手に、「あれ?なんで?」と瞬間的に思ってしまうこともしばしば。
エレーナや、知子ちゃんも、真央ちゃん曲かけで真ん中でスピンしてました。
二人が故意とは決して思いませんでしけど。
軌道がたまたま同じだった、うっかりや、注意力不足だな~気をつけて~ぶつぶつ・・・←勝手な身贔屓の意見ですがv-414

テン君は、演技は好きな選手なので、彼がデビューの時から観てますが、
性格的にはマイペースの、かなりプライドが高いタイプだなと思っています。
羽生さんに対しては、負けたくない気持ちは根底にはあるのでしょう。
ですが、故意をあからさまに現わすような、品のない選手ではない!!と断言します。
じゃあ、なんで?って考えると、今回(去年も)怪我に悩まされて、復帰に近いワールドなので、かなりナーバスになっていて、注意力散漫になっていたのでしょう。

公式練習での、主な非はテン君の方にあると思います。
かっとなって注意してしまうのも良くない事ですが、羽生さんの抗議も理解できます。(2013年大阪四大陸 ダンスの六練で怒鳴ったスコットの例)

それでもあえて言うなら・・・ここからは熊子さんの分析から別次元の話ですが、

羽生さんの、日本のインタビューで「故意だと思う」の発言の愚かさが、理解できないです。
2009年Jr代々木からずっとバナーを振って応援してきましたが、今回のことで羽生さんの精神バランスに疑問を持ちました。羽生さんも怪我もちで、かなりナーバスになっていたのでしょう。キャロルコーチは老獪なので、好きになれませんが、「五輪チャンプとしての振る舞い」はやはり要求される場面だったのに・・
残念でなりません。あんなに賢い選手なのに・・・v-406

あと個人的感想ですが、ジョニーさんの時代もプルヤグ、みどりちゃんの時代には、もっとあからさまにドロドロ、バチバチv-41してたように思いました。
最近、スケーターって仲良し♪なのね~現代の若者だからライトなのかしら~と思ってたんですけど、久々にあの時代を思い出しましたわ。


まりっぺ | URL | 2016/04/06/Wed 08:44 [編集]
残念
今回の件、妨害があったのは事実ですが、それを公式の場で「故意」と断言してしまう羽生くんにとてもがっかりしました。
公式練習をしていると集中のあまり周囲が見えなくなる選手も散見されますし、故意にしている選手など近年は某選手くらいだと思っていましたので。
それに、たとえテンくんが故意だったとしても、羽生くんの注目度、影響力を思えば公式の場で言うべきではないと思うのですが。騒動になるのは目に見えていますし、あまりにも浅はか。
確かに同じ大会でこれだけニアミスすれば「故意かも」と熊子さんが判断されるのも当然かも知れませんが、羽生くんにも「本当は羽生くんが悪いんじゃないの?」と思わせる衝突騒動が複数ある以上(今大会でも他選手とのニアミスが多数)、やはり彼は黙っているべきだったなぁと思うのです。
あの時の真央ちゃんのように。
りんのすけ@ROM専 | URL | 2016/04/06/Wed 14:39 [編集]
ありがとうございます。
動画をありがとうございます。
日本の一部マスコミや田村氏青嶋ひろの氏、その他は、非は、勘違いして激昂した羽生選手にあると言ったそうです。
そして、アンチは、さらにひどいことを言っています。
羽生ファンの中にもテン君は、良い人だと言っている人もあります。
これでは、あまりにも羽生くんがかわいそうです。

いつも振り返ればテンがいるという状況が2年続き。怖かったでしょう。
過去のトラウマにも悩まされたでしょう。
何も言わなければ、ずっと妨害は、続き、最後には、怪我をしていたでしょう。

私は、これで良かったと思います。
動画を本当に本当にありがとうございます。
真実は、明らかにされなければなりません。

昨年のワールドの追っかけ動画
もう、テン君の行動は、弁解できないくらいひどいです。
故意だと言ったのは、こういうことがあったからです。

繰り返しになりますが、ありがとうございました。

最初のコメントのタンポポさん
羽生選手は、故意に当たっていません。
故意か故意でないか。
そこが決めてです。
キャベツ畑  | URL | 2016/04/06/Wed 14:49 [編集]
ルール等、詳しくないうちの80の父親は結果を知って一言。
見たか、なんて言った時点で負けだったな、って。

テンくんが故意だった、注意散漫だった、それが問題なのではなく(ケガにつながりかねないことですから問題なのですが)それにどう対応したか、それが問題なんだと思います。
nao | URL | 2016/04/06/Wed 14:53 [編集]
1部の人
熊子さまと氷結さまの気持ち分かります。

今回の羽生選手とデニステン選手の事で、デニステンを援護してる1部の方で。
ただデニステン選手を援護してる方は良いのですが。
デニステン選手を援護すると同時に、羽生選手を叩きたい気持ちが見え透いてる1部の方にウンザリしました。
これが羽生選手でなく元男子選手だったら、1部の方はまた違った事を言いそうですが。
また関係無いのに今回の事で羽生選手を叩きたい方が真央ちゃんを巻き込んでるのも、真央ちゃんファンとして真央ちゃんが気の毒です。

羽生選手も来季に向けて頑張って欲しいです。
GD | URL | 2016/04/06/Wed 15:24 [編集]
一目瞭然ですね。
映像を観てよく解りました。有難うございます。
一度も外国人住んだこともなく、外国人と身近に接したことのない人には到底理解できないでしょうが、公衆の面前で堂々と不正を働いてふてぶてしくしらを切る人なんてざらにいます。自分を守るためには、いい加減にしろと怒鳴りつけるくらいで丁度よいのです。羽生選手は自己嫌悪に陥ってしまった様で可哀そうでしたが、オリンピックに向けてこのような悪意のある行為が今後も増えるでしょうから、けがをしないように、そして精神を追い詰められないように頑張ってもらいたいです。今回の事件でテンの肩を持つ日本人がいることに、正直驚いています。
花火 | URL | 2016/04/07/Thu 10:04 [編集]
再び失礼します。
デニス君が故意だろうと故意じゃなかろうと
やはり、練習を邪魔してしまったのなら
そのことに対しての謝罪は必要だと思います。
その謝罪すらないんですよね。
特その1 | URL | 2016/04/07/Thu 14:57 [編集]
天の下、清廉潔白な羽生結弦選手
貴方様には詳細に検証して下さって心から感謝しています。
私は羽生選手がテン選手を一喝したとのニュースを知った時、ゆづ君の日頃の言動からして、何か余程の腹に据えかねる事態があったのだろうと感じ
ただただ彼のメンタル消耗が心配でした。
その後中国の方々から何本も検証動画が上がり、私も見ましたが
すべて見ての通り。恐怖さえ覚えました。
この異常ともいえる複数回に及ぶテン選手による妨害行動の
意図は何だったのでしょう?
テン選手(及び老獪なコーチ!弟子を注意するどころか、反撃の態度)の
ドロドロした羽生選手に対する深層心理が如実にこれらの行動に
出ていて気持ち悪くなります。
それと、どなたかが書いていますが、私も羽生選手が(和解)
というのには解しかねます。(和解)ではなく、これは羽生選手が自制して
自らテンに歩み寄ってあげて騒動を収めたのだと理解してます。
その時さえテン選手は最初はムっとしていたと聞いています。
ついでにいえば、テンがINSTAGRAMに上げた握手写真、何故カラーではなく、陰隠滅滅とした色あいの代物なんでしょうか。。。解せません。
しかし今回の(騒動)で、天下に更に明白になったのは
羽生結弦選手の清廉潔白さと度量の深さだと思いますよ。
やっぱりね、我が意を得たり!という感じです。
羽生選手にはその顔(おもて)に、行動に、
天の下、一点の曇り無し!

(テン選手&いい年したコーチよ、ゆづの爪の垢でも戴いたら?!)
なんて
憎まれ口ききたくなる未熟者です。。汗

今はもう、羽生選手の怪我の全回復と
再びの美しく強靭な活躍を応援するのみです。






美しき哉 | URL | 2016/04/07/Thu 22:50 [編集]
初めてコメントいたします
いつも拝読しております。

今回の記事とコメントに対する熊子様の返信を読んで、検証するには見方が公平ではないなーと感じました。あと、いくつか疑問に思ったことがあったため、長くなりますが書かせていただきます。

まずは、動画について。
私は、検証にはリンク全体を見渡せるような視点で状況を把握し、テン選手が妨害行為と思われる行動の前の動作から、脈絡がなく不自然に羽生選手に近づいていないかをチェックする必要があると考えています。
検証動画を見ましたが、大部分が羽生選手をフォーカスした短い動画ですね。
これでは、羽生選手の立場から考えるために見るにはいいですが、テン選手が羽生選手を意図的に妨害したのかという疑惑に対しての検証には不適切ではないでしょうか?
2015年ワールド6分間練習の動画のようなものは適していると思います。

次に、ステップやアクセルの妨害について。
熊子様はテン選手が羽生選手のアクセルの軌道を知っているはず、ステップを妨害したと書かれていますが、失礼ながら決めつけて考えすぎでは?と思います。
他の選手のジャンプやプログラム構成を研究するかどうかは選手やコーチの考えによって違います。
テン選手やキャロルコーチが「羽生選手のジャンプとプログラムを見て研究している」と明言しているのなら知っているのでしょうが、そういった発言は過去にあったのでしょうか?
熊子様の今までのコメントを読む限り、そのような発言があったか調べていないように見受けられます。
それに、熊子様の書き方だと羽生選手が先にジャンプの助走動作に入っているにも関わらずテン選手が羽生選手のジャンプ軌道でスピンを始めた、と考えていらっしゃるのかな?と読めます。(違っていたら申し訳ありません)
実際の動画が公表されておりませんし、報道でもどちらが先にエレメンツの動作に入ったかわからないような書き方のものしか見ていないのですが、熊子様は何を見てそのような書き方をされたのでしょうか?

最後に、ウィアー氏の発言について。
私はウィアー氏については羽生選手が尊敬する選手の一人で過去に羽生選手の衣装のデザインをしたことがある人と認識しており、羽生選手寄りだと思っています。
そのような方が羽生選手を擁護する発言は当然だと思うのですが、何故ウィアー氏の発言を掲載されたのでしょうか?
テン選手寄り、もしくはどちら寄りでもない方の同様のコメントならわかるのですが。
私はウィアー氏のことを上に書いたぐらいしか知らないのですが、コメントを読んだ印象では人情に厚い方のようですね。
でも、「一緒に100万回滑ってきた」はかなりの誇張で笑ってしまいました。1日10回毎日滑っても270年ほどかかりますよ(笑)
比喩的に使っているんでしょうが、申し訳ないですが個人的にはこういった誇張表現をされるといいことを言っていてもちょっと引いてしまいます。

長くなりましたが…正直に言って、今回の件は羽生選手に非がないとは言えないと思います。
故意だと思うこと、相手側に注意することはいいとしても、関係者内で事をおさめずに部外者のマスコミに一方的に自分の主張をしてしまうのはまずかった。
和解したとのことでホッとしていますが、今回のことが尾を引かないのを願うばかりです。
牡蠣ちよこ | URL | 2016/04/07/Thu 23:29 [編集]
私なりの意見ですが
初めまして。羽生君とテン君の一件で私が思ったのは、真相は藪の中かな、でも羽生君の方が分が悪いかな、です。
紹介された動画を見たのですが、テン君の動きがよく分からない。他の方も仰ってましたが、全体を映した映像でないと故意に妨害したと断言できないと思いました。あとは、、、羽生君の前科ですねえ。羽生君はチャン選手、ハンヤン選手、村上選手と接触・衝突事故を起こしてますよね。で、そのうち二回は相手選手のみ怪我をしてる。たった2年ちょっとの期間でこれは多すぎると思います。
私は信用って過去の積み重ねだと思っています。だから正直なところ羽生君は結構自分優先な人なんじゃないかって気持ちがあります。村上選手にぶつかった時なんて逆走してましたし。キムヨナも逆走してたなそういえば、、、。

それと「故意にやったと思う」って発言は完全に羽生君が悪いと思います。なんで本人じゃなくてマスコミに言うかなって呆れました。さっそくマスコミはテン君を悪者扱いした記事書いてますし。「思う」レベルの話ならしちゃダメでしょ!証拠出せって言われた時どうするんだろう、あるの?って感じです。
真央ちゃんファン | URL | 2016/04/08/Fri 02:17 [編集]
熊子さま
はじめまして。コメント欄をお借りして一言失礼します。
まず、羽生選手は練習の時は必ずタブレットで録画してます。よく失敗したとき見直ししてますね。
だから証拠だせと言われてもすぐ対応できるでしょう。今回も動画を確認したと言ってます。
それに羽生選手は最初に公式練習でテン選手とニアミスがあった後、声をかけて話し合いをしたと言ってます。テン選手もリンクが狭いよねと話したと言ってます。これで次気をつけないなら故意と言われても仕方ないのでは?
ボストンにはいってから2人はずっと同じグループで練習してるんですから研究してなくてもここで3Aくる!くらいわかるのでは。2回目ですし。
それに去年の世界選手権の羽生選手の公式練習をテン選手は見学してますね。去年からかなり意識してたようですし研究してないというのはほぼあり得ないと思います。
それに故意発言は連盟の方が取材で言ったものだと。羽生選手は少なくとも取材を受けてあれは故意だとは発言してないはず。連盟の方に状況説明するときは言ったでしょうね。早い話がオフレコ部分ですね。それをペラペラ話す連盟の方が悪いのでは?頭悪すぎです。
それからチャン選手、ハンヤン選手はおいといて村上選手はキャロルコーチがぶつかったけど怪我はなかったとあのふざけたコメントで言ってますよね。
正直こんなところで彼らの名前をだすキャロルコーチの品格を疑います。多分ヨナ元選手のお母様の事務所ATSとカザフ連盟の意向を汲んで発言してるのではと思います。

長文失礼しました。
あい | URL | 2016/04/08/Fri 06:47 [編集]
><; お返事が書き終えた分をちょこちょこアップしていきます。遅れてすみません。

■まりっぺ様
故意か否か。それはわかりかねますが、事実曲かけで不注意だったところは謝ってほしかったなと思います。その後の対応の評価は分かれるでしょうね。あまり落ち込まれないでくださいね。

■りんのすけ様
「故意ですか?」と記者から聞かれたら、「不注意です」と答えるのがベストだったかなと思います。他の衝突については映像も少なく判断がつきませんが
2009年のキムヨナの練習妨害発言については、日本スケート連盟は韓国スケート連盟へ調査を依頼していますし、けして何もせず黙っていたわけでありません。

■キャベツ畑様
故意か不注意かはわかりません。でも、中断させられてしまったという事実があったことを証明してくれたファンがいてよかったと思います。私はただ調べて載せただけです。

■nao様
それはテン選手の問題でもあったとといえます。お互い様です。自分の不注意を謝罪し、故意を否定し、和解を求めたらよかった、と。羽生選手も心理的に参っていたと語ってるので、そんな状態でパーフェクトは望めないのかなと思います。これもお互い様。

■GD様
ああいう人たちが語る浅田選手は彼女達が想像する別世界の同姓同名の人物だと思っています。選手に直接的な被害がない妄想ならかまわないんですが、今回の件のように、選手の害になるような行動に移すから嫌われる。

■花火様
外国人の謝らなさは驚きますよね。逆ギレして偉ぶる人の割合が日本より多いように感じます。国際大会で競うといろんなことがおきますね・・・。

■特その1様
その意見が一番多いですね。「いい人」が謝らないの?っていう。

■美しき哉様
私は和解は理解できます。今後先、カザフスタン代表はこの先数年間、テン選手の可能性が高いので、和解なしで「険悪」な関係のままだと集中しにくいだろうと思うのです。

■牡蠣ちよこ様

グレーラインの出来事であることを否定していません。いまでもグレーだと思っています。この記事をあげた当初は、「確実に羽生選手が悪い」と捏造した情報を流すアンチ・そして羽生選手を当たり屋だとでもいいたげな発言をしたキャロルコーチの発言が出された後だったので、もしかしたら、より心情的にそんな言い草はない!という怒りがあったのかもしれません。以後気をつけます。

ウィアー氏の発言については、コメ1様からのコメントで記事に含んでしまうことを決めました。現地にいた経験のあるスケーターからの発言ですし、一部のアンチに(1様がそうとは思いませんが)、ちよこ様がおっしゃってるように、羽生贔屓になりやすい立場の人でも羽生を批判してるとまでデマを流されたらややこしいと判断したからです。

100万回という表現は英語でよくあることですし、ちよこ様がその反応されたように、バカ正直に100万回だと受け取る人はいないです。6分間練習のマナーぐらい貴方達のレベルなら把握してるはずだといってるんだと思います。

■真央ちゃんファン様

私は今回の出来事で「分が悪い」「告発」といった言い分があまり理解できないんですよね。裁判を起こすだとかではなく、連盟がやったことは「注意」であり、処罰を与えて欲しいという要望は1つも出していません。

チャン選手について:
テン選手と羽生選手の2名がバタフライをしていることから、振り付けを二人ともこなしたに過ぎないんです。そこにきて、チャン選手が自己判断で「スペースないな」と思い流したら、その先には振り付けどおりバタフライのモーチョンに入ってしまっていた羽生選手がいたんです。これを故意だというには無理があります。悪質たちは、テン選手の様子をカットしたものを拡散してるんです。

村上選手:
映像からは何も判断できないですし、不幸な事故でした。

■あい様
いろいろな情報をありがとうございます。
熊子 | URL | 2016/04/09/Sat 12:03 [編集]
お返事ありがとうございます
羽生選手を擁護するために書かれたのですね。
キャロルコーチの発言に怒りを感じたとのことから、熊子様は羽生選手が故意に妨害したと発言したことはそれほど問題には思っていらっしゃらないようにお見受けします。
私は先日のコメントで書いた通り問題だと考えておりますが、そこは人それぞれでしょうね。

私は、羽生選手がなぜテン選手に故意に妨害されたと考えたかの考察と、テン選手が本当に故意に妨害したかの考察は分けてする必要があると思っています。
彼らが別の人間で違う個性を持っている以上、マナーを逸脱しているかしていないかの判断が一致するとは限らないからです。
混同してしまうと、片方が正しくてもう片方は間違っているという考え方になりがちだというのもあります。

今回の記事ではそれらを混同しているためか、熊子様はそのようなつもりはないのかもしれませんが、羽生選手が「テン選手が故意に妨害した」と発言したことへの批判を抑えるために、テン選手を悪人に仕立て上げようと羽生選手に都合のいい検証材料だけを並べた、一方的な記事に見えました。

それと、さすがに頭の悪い私でも100万回は真に受けてませんよ(笑)
英語ではよくある表現なのは存じませんでした。
ただ、熊子様が2012年12月13日の記事でマスコミが「キムヨナ選手の復活度70%」と表現したことをギャグと称しておもしろおかしく書かれていたのを覚えていたので、同じような表現なのになぜウィアー氏の発言は良いのか?気が付かなかったのか、それとも熊子様が好感が持てる相手か否かで態度を変えているのか?と疑問に思ったので質問しました。
不快に思われたのでしたら申し訳ありません。
また長々と、失礼いたしました。
牡蠣ちよこ | URL | 2016/04/10/Sun 23:15 [編集]
熊子様

貴重な画面検証を提示くださり、大変有難うございます。こちらで分析くださるのでは、と思い、待っていました!こういった場合には事実関係を残しておくことが大変重要ですので、この記事の内容、その意図に全面的に賛成、同感です。

今回は初日28日から各選手の曲かけ練習の動画をつぶさに見ており、ツイターやFBにアップしていた動画でそれほど鮮明ではなかったのですが、羽生選手の曲かけ中、妙に接近してくる選手がいて誰かと思っていた所、ニュースが出て、テン選手だったと分かりました。

テン選手の動きの事実検証が動画で一目瞭然であるのと同じく、テン選手の言葉も容易に反論ができるような内容で、「心ここにあらず」のテン選手独自のつぶやき以上の何物でもない様に思われます。こうしたテン選手の対応を「紳士的、知的」と受け取るナイーブな方々もおられるのですね。キャロルコーチの発言も、名伯と呼ばれる人物に似合わないだけではなく、全くコーチとしての力量が疑われるものです。

テン選手の動きは決して偶然ではなかったが、悪意はなかった、ととらえています。人柄は良いという印象で、少なくとも他の選手を落とそう、といった悪意をもつような人物ではないと私は思っています。悪意・故意でなかったのならば、一体何だったのか---おそらく、ご自身のメンタル関係の問題と推察しています。

いずれにせよ、熊子様のおっしゃる通り、羽生選手と日本の連盟はキチンと大人の事後対応ができて良かったです。相手がどうあろうと、すっきりと次に進めます。

テン選手とキャロルコーチは、どうでしょうか。問題の本質を見極めず、寝ぼけ発言をした上で「相手が謝った」ということで済ませてしまっては問題解決にはならず、同じような事でまた苦しむことになるのではないかと危惧するものです。

英語のサイトにも同じような内容を投稿したい希望でしたが、この記事の英語版はあげておられないようですので、次に英語にて投稿させて頂きます。お手数をかけてしまうのかもしれませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

カザフ連盟の件については、今読んだ所です-OMG!大変な展開をしたのですね。そちらへも何点かコメントを投稿したいと思っています。

happy観戦者 | URL | 2016/04/11/Mon 05:54 [編集]
Dear Kumako-sama:

I had been so enthused about this fantastic World championship, and started off watching those top skaters’ practice sessions. Clarity is not always there with those videos found here and there, but certainly I noticed, during Hanyu’s music rotation time, there was a skater who was almost following him or often crossing over his path. Hanyu needed to stop his sequence for a few times, because of that. I was wondering who it was and, once the news came out, realized it was Ten.

Thank you so much, Kumako-sama, for your article with those video clips, including 6-min warm-up from 2016 World. It is now obvious that Ten’s following Hanyu at the practice sessions has been strangely persistent for quite some time, while it is not so clear why Ten has been behaving that way, appearing to be almost stalking Hanyu.

The comments Ten made in response to the news outbreak gives scarce accountability. He sounds to be a bit spaced out. Perhaps it is because of this absent-mindedness of Ten, in addition to his unpredictable nature, that he is called as “an international man of mystery” or “a mysterious man” by a few journalists.

With those videos which attest Ten obstructed other’s path for a number of times, far more frequently than calling it coincidence, his comment on his coach who expects his skaters in El Segundo to behave well translates as Carroll is strict on one thing, but he is ok and let them do a camel spin in a path of other skater when he or she is practicing with their music on.

Also, if Ten is truly used to training with a lot of people, as he claims so, how come he could not pay attention and start such a spin at that specific spot?? Does he need to be encircled by 10 people to become aware of people’s right of way?? Ten's move in these videos only invalidates his comment that he is used to a large crowd, or he is good at getting out of others’ way, if Ten implied so.

It seems Ten’s mental status is stable and not weak. I assume, if there is any problem, it is that he has a difficulty in perceiving and articulating clearly his state of mind from moment to moment, especially during the competition time.

If I remember right, on 3.11 in 2011, Ten got concerned about Hanyu and tweeted soon to ask if he was ok. Ten must be a sincere person with a good heart. Now that I heard Ten and Hanyu had made up the difference at the banquet, all I wonder is where Ten’s coach was and what he was doing every time, not only during those 5 practice sessions at World2016 but also others even in last season, when his pupil, as soon as he steps on the ice with a current top skater, became flared up and started to act like a puppy. Evidently Ten himself does not see his psychology: how oddly he is behaving when he is with Hanyu.

I think this mishap could provide a great opportunity for Ten and his team and help them improve their overall approach, if and only if they are open-minded and reflect upon themselves. All I have read tells me that Hanyu already did that and moved on – here again, he is ahead of you, Dennis. So follow him!

Note: Ten’s comment was referenced from two articles published recently.

http://web.icenetwork.com/news/2016/03/31/169878518/boston-brewings-hanyu-ten-stir-up-practice-tiff
http://www.globetrottingbyphiliphersh.com/home/2016/3/31/irony-in-hanyu-ten-practice-incident-at-world-skating
happy観戦者 | URL | 2016/04/11/Mon 07:52 [編集]
ちよこ様

すみません、私の語学力が弱いばかりに。
ここは嫌味で「貴方はバカ正直に~」という意味で”その反応”と書いたつもりは全くなく、むしろ反対の意味をこめたつもりでした。貴方が真に受けてるとは全く思いませんでした。”その反応”→「100万回はないわー」という貴方の「常識的なリアクション(=その反応)」は、きっと他の読者も同じだと思います、という返しのつもりでした。本当に申し訳ありませんでした。以後気をつけます。

happy観戦者様

Thank you very much for your comment. I enjoyed reading them through. I sincerely understand how there could be two different opinions regarding this case: Ten was intentional or Ten wasn't intentional. However, nevertheless, he indeed end up disturbing Yuzuru's practices two competitions in a row, and twice in one practice session, and once again in the following session, so I believe that Ten should have apologized to Yuzuru (whether or not it was intended).

I'm more than glad that Yuzuru did a work to wrap up this case, but it was very unfortunate to see the dark side of Denis Ten, and especially Sir Frank Carroll. As much as I understood he wanted to defend Denis, I found it inappropriate and unnecessary for him to accuse back Yuzuru for his past unfortunate accidents. I was grossed when he even began to suspect that Yuzuru deliberately caused the horrible accident between Han Yan and Yuzuru at Cup of China. I guess, Carroll may have recalled the small collision between Yuzu and D. Murakami, his other student, so may have caused him to react a bit emotionally.

Anyway, I'm happy to hear Yuzuru has so much support outside of Japan. Once again, thank you very much for sharing your thoughts.
熊子 | URL | 2016/04/11/Mon 11:12 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2016/08/02/Tue 01:26 [編集]
矢内様

そのインタビューを取り上げたのはアンチブロガーじゃなかったですか?それに、「羽生アンチで羽生を叩きたい気持ちが強い者も、この一件では真央ファンであれば静かに注視すべきだ。くれぐれも浅田真央のファンを名乗りながら、軽率に羽生追放活動にかかわり、利用されるべきではない。 」って意味がわからなすぎて、どの道削除したコメントだと思いますので、このまま認証しないままでいます。
熊子 | URL | 2016/08/11/Thu 11:57 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。