フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真央ステップの変更箇所まとめ&解説
変更された箇所が4つほど発見できたのでまとめますね。

変更箇所1: ループの後の上半身




変更箇所2: ツイズルカット(RBORBI)




変更箇所3:②から続く、連続ディフィカルトターンが踏みやすくなるようになり、一蹴りが伸びやかになり確実性を高めてきた。最後はカウンターだと思うのですが、次のステップがチョクトーに見えるということは、インエッジに変わってしまってるようにも見えるので、ここが浅田選手がいっていた"踏みにくい"箇所なのかな?と(わかりませんが)。「ツイズル→ホップ」からのディフィカルトターンの「ツイズル→ホップ」を省略。ツイズル枠は埋めてるはずですしカットしてもOK。




変更箇所4:TheICEから気になっていた片足ツイズルが確実に片足になっていた。


違いをわかりやすく説明します↓

BEFORE&AFTER
mao-asada-twzedit2.png

早すぎてわかりにくいかもしれませんが、これは左足連続ディフィカルトターンの3番目のツイズルなのですが、右足へ移行してるんです。みてのとおり、初期のツイズルのほうが美しく見えますが、改変後は「ちゃんと左足のみでやってます」とアピールするため、左足から右足に移るタイミングを大幅に遅らせているので(左足のみでツイズルを踏んでいると証明のため)、初期段階のように左足を早めにあげていたときほどには”可憐”ではないですが、それでもやっぱり美しいですね。

右足ターンを踏みながら左足がここまで(↓)あがる様が綺麗だったのでカットは残念ですが、レベルを取りのために仕方が無いです。
mao-asada-twzedit1.png

ただ謎だわ。

”日本連盟小林強化部長によれば、ターンが若干足りなかったり、両足(X→片足○)で滑るべき箇所を片足(X→両足○)で滑っていたりと取りこぼしがあったという。”NikkanSportsより。

どこからどう見ても片足。もしここのツイズルの事なら納得のいかない判定です。

・・・ここまでが、私がショートで気づいた変更箇所です。
ショートの変更箇所は初見から結構気づけました。TheICEの時点で解説記事をあげようと何度もリピってたんで(笑)。ただ、その分フリーはまだ注意深く見てないので変更された箇所は把握していません。ただ、一箇所だけ初見ですぐにわかったのはツイズルです。

BEFORE


AFTER


フリーレッグの振り付けが素敵なのですが、厳しいコラーに当たると最後が3ターン扱いされてしまう可能性があったのか、もしくはここも原因でフィンランディアでLv3だったのかはわかりませんが、ステップが変更されましたね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する


吉岡信彦氏の講演
熊子様へ

お久しぶりです。
「2ちゃん的フィギュアスケート」にて書かれていたことなのですが
先日ISUジャッジの吉岡信岡氏が講演を行ったそうで、その中で真央さんのステップがレベル3だったことに言及し、「右足で踏むターンがダメだった」と述べていたようですよ

SPリチュアルダンスでは右の足で踏む3連続のディフィカルトターンは1つしかありませんから認められないとたちまちアウトです
私自身もステップの勉強のために真央さんのステップ、ほかの選手のステップについて解析を試みていますが(CCWとCWの区別やカウンター、ロッカーの見分け方で頭がこんがらがるところもありますが)真央さんのステップはレベルにカウントされる難しいターン、ステップが少ないように思います
SPもFSも6つのターン、ステップは14個ほどしかなかったように思います。レベル4は「11のターン、ステップ。うち5種類は両方向に」となっていますが6種類入っていますがほとんどが両方向に1回ずつ程しかない。
これではちょっとエッジが浅くなったりフリーレッグをついてしまうと必要な数を満たさなくなってしまいます
1つの踏みちがえで「3連続のディフィカルトターン、両方の足で1回ずつ」と「5種類は両方向に1回ずつ」を同時に満たさなくなってしまうところにレベル3になった要因があったのではないでしょうか?
タチアナ・タラソワさんの振り付けが難しいターンやステップてんこ盛りで「鬼だ」と思いましたが、「一つのターンの踏み違いも許さん」的な極端に少ないローリーの振り付けもある意味鬼ではないかしらと思った次第です

他の選手のステップに関して今のところ解析できたのはメドベちゃんのSPだけですが彼女は凄いです。
SPではチョクトーは入ってなかったと思いますがその他については両方向に2回以上は入っていますし、3連続のディフィカルトターンも両方の足で2回ずつ以上、計5回踏んでいます
どこかでエッジが浅い、踏み違いで数からはじかれてもいいように保険をかけた構成になってました「3連続のディフィカルトターン、両足で1回ずつ」はジャッジの目の前で正確にやってますしね。(片足で踏むターンばかりなので最後の方はエッジが甘くなったりツイズルでスムーズさが無くなってカクカクしたりロッカーやカウンターでエッジに乗りきれなくなったりしてしたが)
彼女はよほどのことが無い限りはレベルを取りこぼすことは無いと思いました
megumi | URL | 2016/11/02/Wed 09:24 [編集]
megumi様

お返事したいんですけれど、次の記事をあげてからのほうが伝えたいやすくなると思いますので、もうしばらくお待ちいただけたらと思います。
熊子 | URL | 2016/11/05/Sat 13:50 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。