フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
もっとも演技構成点が高い選手はだれだ!?ver.2013/07
前回のランキングから足された選手:
女子:安藤美姫/長洲未来/李子君/ユリア・リプニツカヤ/アデリーナ・ソトニコワ/ケイトリン・オズモンド
男子:無良崇人/町田樹/デニス・テン/ケヴィン・レイノルズ
前回のランキングから足された大会:ヨーロッパ選手権

データはすべて2006年から現在(2013年7月)のものを考慮しております。



女子1番、韓国のキムヨナ選手

男子1番、日本の
高橋大輔選手


女子2番、日本の浅田真央選手
男子2番、カナダのパトリック・チャン選手

女子3番、イタリアのカロリーナ・コストナー選手
男子3番、日本の羽生結弦選手

女子4番、ロシアのアデリーナ・ソトニコワ選手
男子4番、米国のジェレミー・アボット選手

女子5番、日本の安藤美姫選手
男子5番、日本の織田信成選手



女子のSP・LP平均技術点PCSav-2.png


男子のSP・SP平均技術点ランキングPCSav-4.png

女子のSP・LP平均技術点ランキング
PCSav-1.png

男子のSP・LP平均技術点ランキング
    PCSav-3.png






Only the blog author may view the comment.





Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.