フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソチ五輪の優勝候補はだれだ!?ver.2013/07
前回のランキングから足された選手:
女子:安藤美姫/長洲未来/李子君/ユリア・リプニツカヤ/アデリーナ・ソトニコワ/ケイトリン・オズモンド
男子:無良崇人/町田樹/デニス・テン/ケヴィン・レイノルズ
前回のランキングから足された大会:ヨーロッパ選手権

データはすべて2006年から現在(2013年7月)のものを考慮しております。


女子1位、韓国のキムヨナ選手
男子1位、日本の羽生結弦選手


女子2位、ロシアのアデリーナ・ソトニコワ選手
男子2位、カナダのパトリック・チャン選手


女子3位、日本の浅田真央選手
男子3位、スペインのハビエル・フェルナンデス選手

女子4位、日本の鈴木明子選手
男子4位、日本の高橋大輔選手

女子5位、日本の安藤美姫選手
男子5位、チェコの
ミハル・ブジェシナ選手




2006年から現在(2013年7月)までの試合記録を元に
ソチ五輪で優勝しそうな選手は誰だ!?というランキングを
以下の要素を考慮し作成した:

1.ショートプログラムの平均TES
2.
ショートプログラムの平均PCS
.ショートプログラムのTES成長率
4.ショートプログラムのPCS成長率
5.ショートプログラムのパーソナルベスト
6.フリープログラムの平均TES
7.フリープログラムの平均PCS
8.フリープログラムのTES成長率
9.フリープログラムのPCS成長率
10.フリープログラムのパーソルナルベスト
11.SPとLP(フリー)の総合パーソナルベスト

と、11要素を含めての結果です。
GOEランキングは?と思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、
GOEは(1)(3)(5)(6)(8)(10)(11)に含まれているので
さらにGOEを調べてランク付けする必要性はないと感じました。
あと、GOEのデータ集めは骨が折れます・・・・。すみません。

*TESgr=TESの成長率、PCSgr=PCSの成長率です。gr=Growth Rateを略しました。
overallranking-3.jpg


overallranking-4.jpg
 

女子のデータ↓
ladies-t1.jpg

ladies-t2.jpg


ladies-t3.jpg



男子のデータ↓
males-t1.jpg

males-t2.jpg


males-t3.jpg

FC2 Analyzer

気になる点:

1.コストナーの点数

平均TESは上位の中でも下の下。ただ、平均PCSは上の上。
TESの成長率も低いまま、PCSの成長率は点数はもらえるだけもらってるので、それ以上あげるわけにもいかないので、PCS成長率は低いまま。

コストナのフリーをご覧ください。

KostnerLP.png

そ こまで難易度の高い構成を取組んでない(または取組んでいたとしても失敗続き)のでTESが低いのは必然ですが、ここまでTESのライン(青)が荒れてい るのにもかかわらず、PCSは上がり続けている。ちなみに、バンクーバー前の浅田とコストナーのフリープログラムの成績を比べてみました。

bf-v-kostner.png

bf-v-asada.png

浅田のTESは非常に高いにもかかわらず、
TES平均点が11点低いコストナーよりPCS成長率が低い。そして、
コストナーのPCSはなぜか浅田と4点ほどしかかわらない。
コストナーはPCSのほうで3A分九歳してもらえているようです。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。