フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
バンクーバー五輪の浅田真央とキムヨナのステップ比較
いまさらバンクーバーの浅田真央とキムヨナのステップを比較してみました。キムヨナの演技を見ても嫌な気持ちになるので基本的に避けてきた選手なのですが、私はもう少しでスケオタ引退するので最後にという事で真面目に比較してみました。

そしてやはりひっどい採点されてるなあって。

笑えないし悔しい思いが今でも湧き出るが、フィギュアスケートはもう、ウソでもこうだっていったら誤りを誤りだと認められない不公平さがある。

当時と今ではレベルの認定の仕方が違いますので、下記に当時のルールを貼っておきました。わかりやすい違いは「片足3連続ディフィカルトターン」はいらなかったということ、「認定してくれるターンやステップが今よりに多かった(スリーターン、シャッセ、などでOK)」。

この記事では、両者、足換え有りでどれだけ連続してディフィカルトターン・ステップを踏んだのかを確かめました。ただし、ここでいうディフィカルトターン・ステップは現代の定義に基づきます(こちらのほうがもう親しみがありますし)。現ルールのほうがスリータンなどの簡単なターンはノーカンですし。足換え有きなので、足換えのためのステップ(モホーク等)はOKです。


現代のディフィカルトターン&ステップは:

カウンター
ロッカー
ブラケット
ツイズル
ループ

チョクトー

の6種です。赤文字がディフィカルトターン。青文字がディフィカルトステップ。これらを最低でも3種連続足換え有りで行っているか否かを検証してみました。後、足換えOKとは言っても、現ルールを参考に、ターンとターンの間にエッジチェンジが行われたり、換えた足で直後にターンを踏まない場合も無効とします。

キムヨナのバンクーバー2010のステップ: URL
浅田選手の世界選手権2010のステップ: URL
両者ともいい演技をして優勝を飾った大会からのステップです。浅田選手はスピンから。キムヨナはジャンプ後からです。



浅田真央
Mao-Asada-Triple-Axel-Moscow-of-Bells-Best-Program-2009-2010-WC-Olympics046.jpg


3連続以上のターン・ステップ
ツイズル→ツイズル→チョクトーx2→カウンター→ツイズル
エッジチェンジからのチョクトーなので冒頭チョクトーは連続ターン・ステップとしてカウントしていません。個人的に入り方が好き(笑)という理由から映像には入れました。


ループ(右)→ツイズル(右)→チョクトーx2


ロッカー(左)→カウンター(右)→ブラケ(左)


ツイズル→チョクトー→カウンター






キムヨナ

yk-maybestep.jpg

3連続以上のターン・ステップ


無し


こちらは、エッジチェンジがあるので3連続ではありませんし、本当に3連続は無いのですが、何もなしじゃ見ても無いのに勝手に言ってると思われても腹が立つので無効の3連続を置いときます:

連続(?)3連続以上
ブラケット→エッジ・チェンジ→ループ→チョクトー

↓しかしエッジを変えてるので今回の検証では無効と判断しました(エッジチェンジ)
https://gifs.com/gif/2010-vancouver-olympics-yuna-kim-fs-gershwin-piano-concerto-in-f-nbc-wjnAJ8
それを認めると浅田選手のステップももういちど解析し直すことになりますので。

キムに何も置かないのはどうかと思ったんで、キムの2連続をどうぞ。ただし、これはどうなんだろうと思ったテクニックは書き足しました:

チョクトー→カウンター(左)?:ターン後はずっと後方のエッジが浮いており、フルに使ってないので、カウンターと認定されるものではないでしょうが、認定されてたのでしょうか?そもそも、カウンターのつもりでやってるのかもわからないです。→検証画像(URL


チョクトー→ループ ループの時のフリーレッグなにこれ


ループ(右)→チョクトー※上記の連続3連続ではないステップの最後の部分。



ロッカー(左)→カウンター(左)




浅田選手の2連続も置いときます。

ロッカー(左)→ループ(右)



ステップ比較まとめ

浅田真央キムヨナ
6連続ツイズル→ツイズル→チョクトー→チョクトー→カウンター→ツイズル
無                  
5連続
4連続ループ→ツイズル→チョクトー→チョクトー
3連続①ロッカー→カウンター→ブラケ
②ツイズル→チョクトー→カウンター
2連続ロッカー→ループ①チョクトー→ループ
②ループ→チョクトー
③ロッカー→ループ


ルール改正後、「片足」で「難しいターン」を「継続して行う」ことを評価するように変わりましたね。ターン枠からは、スリーターンがカットされました。

当時認められていた「ディフィカルトステップ」に含まれているのは、現在では「チョクトウ」のみ。
現在:ステップの種類;トウ・ステップ、シャッセ、モホーク、 ョクトウ 、エッジの変更を伴うカーブ、クロスロール、ランニング・ステップ。


技の難度は時代によって変わるものでは無い。2回転より3回転のほうが難しいように、スリーターンよりもその他のディフィカルトターンのほうが難しい。そしてそれらを連続して難しいターンを取り組むほうが難しいのは昔も今も変わらない。当たり前の事実を屁理屈や金や政治で捻じ曲げるのが許される競技。

これだけ浅田真央のほうが難しい事をやっていたのに、基礎点同じで、GOEで0.10点差しかなかったし、まして、大会によってはキムのほうが評価されていた(フランス杯ではキムヨナが0.10点上で、五輪と世界選手権は浅田選手が0.10点上)。

もう8年の演技の比較です。でも、この記事をあげて、スケオタなりにスッキリさせたい気持ちがありました。


当時のルール

レベル特徴

1) シークェンス中のターンおよびステップがやや多様(レベル 2)、 多様 (レベル 3)、複雑 (レベル 4)である (必須)
2) 全身の回転を伴う両方向(左と右)への(ターン、ステップによる)回転.各回転方向とも全体でパターンの少なくと
も 1/3 はカバーすること
3) ある程度の(レベル 4 では十分な)上半身の動き
4) ターンおよびステップによる回転方向の素早い転換.

ターンおよびステップの定義
ターンの種類: スリー・ターン,ツウィズル,ブラケット,ループ,カウンター,ロッカー
ステップの種類;トウ・ステップ、シャッセ、モホーク、チョクトウ、エッジの変更を伴うカーブ、クロスロール、ランニング・ステップ。
ターンは片足で行わなければならない。ステップは可能な限り片足で行わなければならない。ターンがジャンプしている場合、行ったものとして数えない。 

レベル4要因↓
複雑な(Complexity) 少なくとも 5 種類の異なるターンおよび 3 種類の異なるステップが含まれなければならず,これらのターンおよびステップはそれぞれ両方向に少なくとも 1 回行われなければならない。両方向とは,回転方向のことである。フォア滑走とバック滑走では、方向の変更とはならない。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.


オリンピック
いつも分析ありがとうございます。ソチの後スケオタを引退しました。
でも、気になってお邪魔しています。

平昌では、カナダでヨナがお世話になったお返しにカナダ女子にメダルを
取らせる気がします。カナダナショナル女子二名凄い点でした。
私の予想当たるかな・・・
maico | URL | 2018/01/17/Wed 22:14 [Edit]
確かにカナダ選手には最近爆盛り点数ですもんね。

たぶん、日本選手は点数下げられそう。
通りすがり | URL | 2018/01/19/Fri 20:37 [Edit]
気になる…まさか“ヨナ”再来!?
初めまして。
スケヲタではありませんが、真央ちゃんをジュニアのころから応援していた者です。
いつもブログを拝見し、勉強させていただいておりました。
一度もコメントをしたことはありませんでしたが、スケヲタをもうすぐ卒業されるというコメントを拝見し、お送りしたくなりました。

今回のオリンピックは、羽生選手が連覇してくれてよかったです。
あの人が連盟の悪や世界の闇を払拭するくらい強い心で挑んでくれてよかったと思っています。
しかしここにきて、どうも私は宇野昌磨さんを怪しく見ています。
もちろん連盟からの推しっぷりや、荒川静香や高橋大輔などが所属している「USM」に現役で所属しているのも気にはなりますが、そういうことも含め、技術的に・・・。
すべての試合に疑問を持っています。
素人なのであまり詳しくはわかりませんが、美しく軽やかな真央ちゃんを長く見てきたからでしょうか…?
hana | URL | 2018/02/21/Wed 22:15 [Edit]
Only the administrator may view.
Only the administrator may read this comment.
| | 2018/03/02/Fri 17:22 [Edit]



Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.