フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
スパイラル「で」表現

15歳の浅田選手のスパイラル。この時点で、すでに柔らかさやしなやかさも意識しています。ルールだからという理由だけでなくて、基本的に美しさの追求する性格のようです。

15歳時では前かがみになってから足を掴んで持ち上げていましたが、すぐに改善され、背筋をしっかり伸ばした状態で後ろ足を持ち上げるようになりました。

同じ種類で順番違い。


アラベスクポジションで見せる左腕の振り付けも綺麗。


このときからクロスビールマンからのケリガンをはじめる。


同じ仮面舞踏会でも、多少振り付けが違う。フリーVerは物語をそのまま語るプログラムでしたけれど、ショートVerはずっと舞っている様子を表現したプログラムでしたね。スパイラルも華やかさUP。


鐘のスパイラルは仮面舞踏会と違い、強さや激しさが表現されている。立ち向かっているようにも見えますね。


ファンをゆっくり上に上げる動作も素敵。ケリガンで見せる左腕の振り付けもかわいらしい。


すー・・・っと円を描いていて、そのままどこか消えてしまいそうな印象を覚える。透明感あふれるスパイラル。


連続スパイラル。バラ1はたしか軸足を変えたスパイラルもしていました。


浅田選手が珍しくみせたシャーロットスパイラル。


イーグルの流れからそのままスパイラルへ。白鳥らしいスパイラルでした。


爽快感のあるスパイラル。締めくくりにもってこい。


蝶々夫人のスパイラルはなんだか切ない印象。


優雅で女性らしいしっとりとしたスパイラル。




個人的にお勧めで音楽に1番あっていた(かもしれない)スパイラル
2013年にカナダで開催された世界選手権での演技です。

メリーポピンズはカナダの観客にすごく受けていました。


スパイラルはやるだけじゃなくて、
スパイラルをやって「何か」を表現してほしい。


柔軟性や難度だけの技じゃないし、男子に唯一、女子が比較的余裕で(柔軟性や華やかさの面で)勝てる分野なのに、ホールドすらしないでチャッとやってはい終わりはガッカリする。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.





Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.