フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
韓国側の罠か。日本スケ連が五輪直前に浅田真央を韓国に任せた経緯
情報提供ありがとうございます。

韓国ホテルで浅田真央が盗撮された事件は、スケート連盟の責任とはいいにくいかなとあの記事には書きませんでしたが、こちらの事件のことは忘れてました。浅田真央って本当、いろんなことがあったね・・・(遠目)

このニュースも不信感を抱いた原因に載せたいと思いますが、この件について自分の感想も載せたくなり、とりあえず感想つきをここでアップして、向こうには客観的な内容を載せたいと思います。

考察記事なので、客観的な情報のみではありませんから、ご注意を。






怪しすぎる韓国側の”急遽”
韓国側の罠にまんまとかかり
浅田真央の身の安全を丸投げ・情報駄々もらし・盗撮事件


NikkanSports「真央に妨害予告!屈強ガードマンついた!
真央に妨害予告!屈強ガードマンついた!

【全州(韓国)26日=高田文太】フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表の浅田真央(19=中京大)が、異例の厳戒態勢で五輪前哨戦に臨む。27日に開幕する4大陸選手権の公式練習が大会会場の全州華山アイスリンクで行われた。最大のライバル金妍児(キム・ヨナ)の母国韓国のネットで、浅田の演技妨害を予告する書き込みがあり、この日から主催者が屈強なボディーガードを付けた。大会期間中は会場はもちろん宿舎でも完全護衛する。2月12日の五輪開幕を控え、日韓の「国民的ヒロイン」による金メダル争いに、周囲もヒートアップしてきた。

 午前練習のため会場入りした浅田の隣に、身長190センチ近い大男が立っていた。頭髪を七三分けにしたいかつい男は、ニコリともしない。午後練習終了後は、会場からホテルに移動するバスに乗り込むまで、浅田の足元をペンライトで照らしながら、周囲にも鋭い視線を光らせた。ホテルに到着すると別の屈強な男たちが浅田にピタリと帯同。緊迫した空気が張り詰めた。

 他の出場選手にはない異例の厳戒態勢だった。男たちはいずれもソウルに本社を構えるチャム・セキュリティー社の精鋭たち。名前や詳細なプロフィルは明かさなかったが、会場でガードした、柔道の黒帯だという大男は「特技がある人がそろっている」。ほかにテコンドーの有段者ら複数によって構成されているという。しかも制服は着ておらず、一目ではボディーガードとは分からない。

 発端は韓国内でのネットの書き込みだった。金妍児は韓国で圧倒的な人気を誇り、出演するテレビ番組は視聴率30%を超える。五輪が近づくにつれ、金メダルの期待も急騰している。当然、「金の最強のライバル」の浅田が、韓国で前哨戦に出場することも知れ渡っていた。大会前に金ファンと見られる人物が「演技直前に奇声を発して集中力を途切れさせよう」「外でサイン攻めにしてコンディションを崩そう」などと、妨害を呼び掛ける書き込みが多数発見された。

 ボディーガードを準備したのは、浅田サイドではなく、韓国の大会主催者側だった。浅田にもしものことがあれば、たとえ金妍児が五輪で金メダルを獲得しても後味が悪い。昨年、金が韓国のテレビ局で「日本選手に練習を邪魔された」と発言し、金ファンが浅田の行為と思いこみ、バッシングする騒動もあった。“襲撃”があってからでは遅いと判断した大会側が、急きょ厳戒態勢を敷いた。この措置に浅田は「心強いですね」と話した。

 今回は浅田側も韓国入りの航空便名を極秘にするなど対応していた。しかし、25日には仁川国際空港に日韓約30人の報道陣が集結し、一時騒然となった。隠していたはずの情報は、なぜか韓国側に筒抜けだった。浅田の関係者も「もしも変な人を見かけたら協力してください」と、一部の報道陣に呼びかけたほどだった。

 この日の公式練習後、浅田は日本の報道陣にだけ取材対応する予定だったが、韓国メディアの強い要望もあり、急きょ国際スケート連盟(ISU)が記者会見を設定した。もっとも浅田は「全州はビビンバ発祥の地だと聞いてきたので1度は食べて帰りたい」と言って、過熱気味の韓国メディアを和ませた。

 [2010年1月27日9時27分 紙面から]

盗撮犯の書き込み
KJCLUBより

tousatu.jpg

浅田真央が私たちのホテルにきた

ホテル玄関には記者らも集まって大騷ぎが起こったがアサダマオはホテル宴会場門を通って入ってきて
宴会場で登録を終えて職員通路を通じて客室に上がってキウク

私は職員だと運良くもアサダ毛チェックイン映像を単独でとることになったし
職員通路を通じて客室まで案内して〓〓〓〓〓

キム・ヨナにライバルだと常にキム・ヨナだけ応援してきたが実際に見ると可愛かったですよヒウッヒウッ


ホテルの盗撮犯は個人が狂っただけの話としても(日本スケート連盟がどうにかできた話ではないかな、と)、

ボディガードをつけた話は、皆さんどう思われました?


ほとんどの新聞社が1月27日に記事を出していますから、この頃に話題が出たのだろうとわかります。2月12日開催のバンクーバー五輪が間近の2010年韓国主催の四大陸大会は1月25日-30日開催されました。

主催者側から「急遽」そのようなことをすると言われて、日本側は何が出来ただろうか。一体いつからこの”急きょ”な判断が求められるような事態が発生したのかわかりませんが、日本側に準備させる暇を与えないギリギリのタイミングで、浅田真央のスケジュールを教えないとボディガードがつれられないと韓国側に迫られた可能性がありそう。しかし、もし猶予があってこれならずさんにもほどがある・・・・。

2008年の世界選手権の時点で練習中や演技中に奇声をあげられたりしてるのに、丸裸で浅田真央を送り込む予定だったのか。

そもそも、この”書き込み”の内容も、そんな大げさな対処が必要だったでしょうか?あくまで、この記事に書かれていることしか「予告」がなかったとします。

① 奇声を上げて妨害してやる→場内アナウンスで注意を呼びかければよかった話
② サイン攻めしてやる→それこそ主催者側のボディガードがブロックアウトしたらいい話

果たしてこれらの予告は、韓国の主催者が浅田真央を特別に守らないといけないほどの犯罪予告と判断させるものか?まあ、あちらの方の狂いようは、韓国人のほうが詳しいのかもしれないが、予想できたことに対して「急遽」対応しようっておかしくないか?下記の中国杯の記事でも、ネットの妨害予告の内容は演技妨害としか書いてないし、それならリンクサイドに警備員を配置すればいい話で、なぜ浅田真央を付回す?

結果、報道陣30人に囲まれて、予定してなかった記者会見を国際スケート連盟(ISU)が韓国側の要望に応えて急遽開かせた、と。

浅田真央を妨害したいがために、韓国の主催者が韓国メディアにリークした可能性があるのではと疑いたくもなる。


「いやいや、でもボディガードを韓国側が用意しようと、日本側が用意しようと、関係なくない?」
と考える方もいらっしゃるかもしれませんね。そして、日程はわかってたのだから、どのみち待ち構えられていたはず・・・と思われましたか?


しかし、果たしてそうでしょうか?


では、2012年の中国杯はどうだったか?


NikkanSports「中国杯で真央、美姫をボディーガード検討
中国杯で真央、美姫にボディーガード検討
[2012年9月24日8時30分 紙面から]

真央、美姫をボディーガードで守れ!

 日本スケート連盟は23日に都内で理事会を開き、尖閣諸島の領有権をめぐる日中関係の緊迫化で派遣中止も懸念されるフィギュアスケートのGPシリーズ第3戦中国杯(11月2~4日、上海)について、出場予定の浅田真央(21)や安藤美姫(24)らを原則、派遣することを決めた。ただし、安全の確約が第一条件で、橋本聖子会長(47)は「ギリギリまで見極めたい。派遣に踏み切ったとしても、ボディーガードをつけられないか相談している」と明かした。

 中国杯には、日本からシングル4選手とペア1組がエントリーしている。仮に派遣を自粛すれば、14年ソチ五輪のプレ大会となるGPファイナル(12月、ロシア・ソチ)出場が絶望となり、強化に大きな支障となる。橋本会長はその重要性に言及し、国際スケート連盟に対して同日付で要望書を提出。中国政府や同協会が日本選手の安全確保に努めるよう働きかけてほしいと訴えた。その上で連盟独自の対策案も打ち出した。

 「仮に安全が確保されたからといっても、連盟としても最低限の防御策は考えないといけない。選手の心が大事。安全を確保するためのボディーガードをつけられないか(文科省が有望競技を支援する)マルチサポートと相談している」。

 過去には10年バンクーバー五輪直前に韓国で行われた4大陸選手権で、同国のインターネットで浅田の演技妨害を予告する書き込みがあったため、主催者が屈強なボディーガードを浅田専属で付けたことがある。今度は日本選手団が安心して競技に専念できるよう、日本側で用意する考えだ。

 中国杯まで1カ月強。橋本会長は「状況も刻一刻と変わっていく可能性が高いし、そうなってもらわないと困る。出場できなくなる状況は避けたい」と、沈静化を願った。

 ◆GPシリーズ中国杯

 スケートアメリカ、スケートカナダに次いで、11月2~4日に上海で行われるGPシリーズ第3戦。2日にショートプログラム、3日にフリー競技が行われ、4日がエキシビション。日本からは男子に高橋大輔と町田樹、女子に浅田真央と安藤美姫、ペアに高橋成美、マービン・トラン組がエントリーしており、町田以外は今季のGP初戦となる。

 ◆スポーツ選手とボディーガード

 海外スター選手の多くはボディーガードが当然のようにつき、サッカー元イングランド代表MFベッカムは家族を含めて常時、警護されている。マンチェスターUのMF香川真司も今年7月の上海遠征時には5人の屈強な男に守られていた。元日本代表MF中田英寿が99年3月に帰国した際は、所属事務所が雇った極真会館の空手選手がガードした。ボクシングの亀田興毅は05年11月から、入場の際に触れようとするファンの防止策として黒人2人を従えた。大相撲の元横綱朝青龍も07年にモンゴルへ帰国療養中の際、ボディーガード2人に警護されていた。

やっぱ韓国側に任せてたことが原因じゃないか


韓国の四大陸がウソのように率先して働く橋本聖子氏。
あの中国杯には高橋大輔氏も出場してたからか?と一瞬思ったが・・・・
いざというとき高橋の選手生命は切られたしなあ。
浅田真央らが上海入り 尖閣問題で警備員も同行
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/10/31/kiji/K20121031004454980.html


【上海共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯(11月2、3日)に出場する女子の浅田真央(中京大)と男子の高橋大輔(関大大学院)が31日、開催地の上海に到着した。尖閣問題による反日感情を懸念した日本スケート連盟は選手の安全確保のため、日本から警備員を同行させたが、空港では心配された混乱はなかった。

 浅田は待ち構えた数人のファンの求めに応じてサインするなど落ち着いた様子で「花束を頂いてうれしい。(今までも)温かく応援してもらっている」と話した。高橋は「いつもと(状況は)違うけど大丈夫じゃないかな」と口にした。

 日本連盟は大会前に調査団を派遣して会場やホテル周辺を視察。選手に外出を控えるよう指導しているほか、職員や強化スタッフを普段より増員した。

 男子の町田樹(関大)も同日、上海入りした。(共同)

高橋氏の事も考えていたかもしれないが、橋本氏の頑張りの一番の理由は直接的な政治問題が絡んだからじゃないかなあ。派閥争いとか政治がらみになると、高橋氏を強制引退させたし(でもないと引退記者会見で「復帰」の話はしないだろう)。まあ、わからんよね、今となっては。

中国杯は、尖閣問題のニュースで対策する時間が十分にあったことはわかるが、韓国主催の四大陸の”妨害予告”はどの程度危険性や犯罪性のある書き込みだったのか。いつからわかっていたのか。猶予があってもなお、JSFは対策不足だったのか。

上記の記事には「調査団を派遣して会場やホテル周辺を視察」とあるが、上海蟹をさがし求めてただけではないと信じたい。この中国杯のためには、橋本会長は[国際スケート連盟に対して同日付で要望書を提出]し、[中国政府や同協会が日本選手の安全確保に努めるよう働きかけてほしいと訴え]て、[その上で連盟独自の対策案も打ち出した]んだって。

へー・・・

2012年の中国杯があったからこそ、具体的にどこが前回問題だったのかがわかりやすいですね(←対策されてるから)。要望書の中には「日本側で用意したい」とあったのでしょう。

この妨害予告事件に関しては、韓国側の汚さにヘドが出る。挑発的で攻撃的な韓国人選手や韓国国民や韓国メディアを目のあたりにしてきた浅田真央に対して、五輪直前でもっとも過敏になっている時期に「身の安全のために情報よこせ」ってねえ・・・。こっちの恐怖心につけ込みやがって。下衆にもほどがあるわ

浅田真央を潰そうとしてきたもの。

それは「国」という個人ではどうしようもできない巨大すぎる勢力だった。

「不信感を抱いた原因」の記事には、中国杯で対策を変えたことから、韓国で四大陸の対策では不十分だったと説明する形で、後日更新します。


参考にしたブログ様:ぼちぼち生きてます ←引退されたブロガーさんですが、彼女が残していったものは宝の山ですな
詳しく当時の事を知りたい方へ:「バンクーバー前哨戦、四大陸での「妨害予告」と「盗撮」


掘り返すと改めてストレスがたまりそうなニュースばかり目にしてイヤになりますね。
浅田真央の演技をみて浄化されないとこんな調べもの、やってられませんな。

中国杯での演技(ホームカメラ撮影)


ついでに
羽生選手にボディガードをつけることになったのは日本主催の大会なので、韓国の四大陸や中国の中国杯とは事情が違うから参考にはならないです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.


繰り返さないために
何年にもわたり繰り返されてきた嫌がらせに真央さんはよく耐え抜いた。
リプニツカヤ元選手そしてゴールド選手が現在精神状態が芳しくなくフィギュアから離れていることを考えると真央さんだってかなりの精神的ダメージをうけてもおかしくなかった状況です。
こいうことが2度と選手と元選手に繰り返されることがないように決して忘れてはならない事件だと思う。
特に平昌では何がおきてもおかしくない。
日本スケ連には選手を守るという緊迫感が欠落しているのでこいう記事をあげることがスケ連への注視をうながすことにもなります。
秋桜と吾亦紅 | URL | 2017/10/14/Sat 14:54 [Edit]
選手を守って
記事ありがとうございます

ソチオリンピックでも、韓国の報道陣が空港で浅田真央選手に怒号を浴びせたのをニュースで見たのも覚えてます
韓国メディアは浅田真央に対してルール無視だったと日本メディアが伝えてました

浅田真央の場合はフィギュアスケート選手だけで無く、反日の国柄みでしたから、スケート連盟も選手を守って欲しかった


平昌オリンピックに出場される選手達をしっかり守って欲しいですね

H | URL | 2017/10/14/Sat 15:43 [Edit]
2度目のコメントですが
平昌オリンピックの事で韓国でオリンピックが開催されます


浅田真央が国柄みでされたような事が2度と起こらない欲しいと思います
日本スケート連盟は同じ事を繰り返さない為にも選手を守らないといけないと思う


この記事で今思い出したのは、あちらは国柄みですので
今年の四大陸選手権は韓国開催でした
出場したアイスダンスの村本選手がインスタ内容が日本海の事であちらの国では荒れました
日本人との間にはあちらには政治問題が絡んできます、何気ない発言やコメントでも騒ぎになるのですから

浅田真央がソチオリンピックの時の記事では、ソチ空港でも韓国メディアから東海(日本海)などの政治絡み質問をあえて浅田真央に質問していたとソチの記事で見ました
浅田は政治絡みコメントには答えなかったと書かれてました

韓国はちょっとした日本人選手の事でも騒ぎになります、選手も気をつけないといけないですが、それ以上にスケート連盟も選手を守って欲しいですね
大きな試合では、あちらの国は選手をバッシンジして選手の精神面を攻撃してきたりしますから


村本選手の記事
2017年2月15日『日本人フィギュア選手が「日本海」表記、韓国ファンから猛批判を浴びる」レコードチャイナ



H | URL | 2017/10/14/Sat 18:42 [Edit]



Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.