フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
TSL:長洲・ライサチェックのコーチ、フランク・キャロルをゲストに(1)
The skating Lesson Pod
ゲストはフランク・キャロルコーチ

frankcarrol.png

動画→https://www.youtube.com/watch?v=ZG13j8A8siI


日本のメディアよりずっと奥深い話や突っ込んだ話題をしてくれてるので、なかなか面白いです。

ちなみに、キャロルコーチはゲーブル選手、クワン選手、コストナー選手等を育てたこともあり、そして現在は長洲未来選手・ライサチェック選手・デニス・テン選手を弟子に迎え入れてます。

注意:チェックの入りが甘かったので、エラーがあると思います。後日直します。

ピンクがジェニー青がデイヴィッド緑がゲストのキャロルコーチです。
ざっくりヒーリング+翻訳:

1:54~
Jenny- Ok Frank, we are thrilled to have you on this Skating Lesson, Thank you so much for joining us today. And, you recently returned home from the World Championship where your student, Denis Ten, captured the silver medal.

ジェニー:フランク、貴方を「Skating Lesson」に迎えられてとても感激だわ。貴方は教え子のデニス・テンが銀賞を得た世界選手権から帰ってきたばかりです。

2:04~
Jenny- And this was a controversial result that most of the skating people believing that, Denis deserved to win the title. What is your opinion on the result, and do you think Denis deserved to win?

ジェニー:大会の結果はスケートに携わる人たちの間で論議を呼び、デニスがタイトルを取るべきだったと感じる人が多いようです。今大会の結果についていかがお考えですか?貴方はデニスが優勝するべきだったと思いますか?

2:15~
Frank- Well, it’s very interesting because when I was there, I was so excited that he did so well and I was only paying attention to Denis, not the other skaters so I don’t really watch that much that I was so delighted that he won that I had no opinions. I didn’t feel that it was controversial because I was so excited for Denis.

フランク:わたしはあの場にいて、とにかくデニスがよくやったことに興奮していたし、私は他のスケーターにではなく、デニスにしか集中してなかったので、あんまり(他の選手の演技は)見ないので、デニスが(銀賞を)得たのがとても嬉しくてほかのことは考えていなかった。私はただデニスのことで嬉しかったので議論をもたらすは思わなかった。


2:39~
But when I returned home, and I looked at the videos, and I begin to analyze the performances and all that, I begin to think of “Wait a minute. What about the, you know, the Program Components Scores here, because actually, uh, Patrick beat Denis by a full point on all the program components score and you know, when you look at the different categories within the program in the PCS: the choreography, interpretations, and you know a … performance, I just begin to think of, “Well, how much better was Patrick than Denis in these categories within the PCS? And where they judged accurately and appropriately?” And I had my doubts.

けれど、家に帰ってビデオを見みながら演技を分析していると、こう思い始めた:「ちょっとまって。演技構成点のほうはどうなっているんだ?」、と。なぜなら、パトリック・チャンがデニスを丸々1点分、演技構成点のすべてカテゴリーで高いからね。ただこう思った。「パトリックはいったいデニスよりどのようにこのカテゴリーで上回っていたのだ?」、と。そしてはたして的確に適切に採点されたのかと。


3:26~
I mean, I know how wonderful Patrick is, and certainly in skating skill and there is no way you can get near him. So I’m not talking about full down on my points, but by a full point? In a interpretation, personal execution? When you think about that, these program component scores are supposed to reflect on how you skated through a program. So you know, I begin to doubt whether I thought Patrick skated through his program better than Denis skated through the program.

私はパトリックのスケーティングスキルがどれだけすばらしいか理解しているので、それだけを話したいわけではない。ただ、丸々一点も?と。「解釈」や「動作/身のこなし」も?これらのことを考えたときに、演技構成点はプログラムをいかに披露したかを評価するものはずじゃないのか思い、疑いを持ち始めた。果たしてデニスが演じた以上に、パトリックがより彼の上手にプログラムを演じたのか、と。

4:04~
Denis skated one mistake that was kind of glaring that he turned his triple flip to double and it was not a very pretty double but he did it and he didn’t miss it. The other omission was on the triple lutz – double toe- double toe, he did triple lutz double toe, double toe and he executed beautifully. So it wasn7t really an error in terms of performance and interpretation and you know, choreography. It didn’t disturb anything and it wasn’t an omission. But when I looked at Patrick program few times and these really were interruptions and the you know, the interference with how you were running through the program.

デニスの大きなミスは3Fが2Fになってしまったことだ。それに美しいダブルでもなかったが、とにかく彼は飛んだ。抜かしはしなかった。あとは3Lz-2T-2Tだが、彼はそれをとても綺麗に飛んだ。だから、その(後者)のミスは「パフォーマンス」や「解釈」や「振り付け」において支障は来たすものではなかった。しかしパトリックのプログラムを何度か見直したが、彼のミスは本格的に(プログラムを)途切れさせている。プログラムそのものを妨害している。

4:46~
And, another very interesting this, you know, I’m not crazy about the scoring system as you probably know. I live with it. I have to. It’s not something that can go away. But there are glaring this about it and I will give you an example on the program component scores.

知ってると思うが、私は採点法にうるさい方ではない。受け入れなければならない。そうでなくてはならない。消えてなくなってくれるものではない。ただ、目に付く部分がある。演技構成点で例をあげようか。


5:03~
Two of the judges on the panel gave Denis sevens. Like, mid-sevens, low-sevens, in the short program, which to me, was done much much more than, you know, better than the long program so the long program, I was extremely pleased but actually, I thought that the short program was better than his long program. And so they gave him sevens.

2人のジャッジがデニスに7点台を出した。7点弱から7点半あたり。ショートのほうでね。フリーは本当に嬉しかったが、私にとってデニスは、ショートのほうがずっとよく演じたと思うんだよ。

5:27~
Now, there was one day in between where he came back and practiced his long program. And suddenly, these judges had him in mid to high eights. So these two judges suddenly thought he is much better in the PCS so I thought, “Well, what did he do?”

いいかい。ショートとフリーの間には一日間があり、デニスはフリー当日に(会場に)戻りプログラムの練習をした。そして突然(笑)このジャッジたちはデニスに8点半ばから8点強を与えた。つまり、彼等は突然デニスのPCSが高くなるべきだと思ったことになるから、私は「いったいダニスはなにをしたんだ?」と思った。

Jenny- Yeah, what changed in two days?

ジェニー:そうね笑。いったい二日でなにが変わったというのかしら?笑


He had a haircut? Did he had a prettier costume? I mean, so how amazingly did this happen that these two judges suddenly put him a full point higher than he did in the short program components score when actually he skated not as well as the short?

フランク:美容院には行った。衣装がSPより綺麗だったか?いったいなにがこの2人のジャッジたちを突然、ショートよりもうまく演じきれてなかったフリーのほうの点数が1点上であるべきだと思わせたのか。
〈*美容院に行ったと言っているのか、行ったのか?と皮肉っているのかうまく聞き取れませんでした。〉

So you know, what I am saying is, there is strict critera for the judges and how they award the GOE and um, all spelled up for them. But when it comes to program components scores, I don’t think they have these guidelines and understand really how to go about judging the program components scores. I don’t.

だからね、私が伝えたいのは、GOEには厳しいクライテリアがありそれはちゃんと記してある。けれども、演技構成点となると、ジャッジにガイドラインがあるとは思えないし正直どう演技構成点を与えるべきなのか彼等自信でもわかってないんじゃないかな。わかってるとは思わないよ。


So, “Am I upset about the results?” No. No, I am not. I am delighted for Denis. I am delighted. I just questioned it. I question that particular factor within the system, the PCS. I just question it.

つまり、「結果が残念ですか?」と聞かれれば、そんなことはない。そんなことはないよ。私はデニスには感激している。本当に嬉しく思う。ただ疑問に思う。システムの、演技構成点の、こういう部分には疑問を抱く。ただ疑問を抱く。

Jenny- After the competition, I heard the term “Chanflation” used to describe Patrick Chan’s components scores. Do you think that was in play in Ontario and how detrimental do you think something like Chanflation is for the sports and do you think he is beatable with these PCS that he gets even if he makes multiple mistakes?

ジェニー:(世界選手権の)大会の後、パトリックチャンのPCSを表現するに、「チャンフレーション(Chanflation)」という単語を使うことを知りました。貴方は「それ(チャンフレーション)」がオンタリオでも行われたと思われますか?そして、チャンフレーションはスポーツにおいてどのように有害だと思われますか?チャンが数回失敗しようとも高い演技構成点が得られる中で、彼に勝つことは可能だと考えますか?


Well, I think, they really have to come to the terms with this. I mean, certainly, I have my doubts he certainly should have won the PCS there. He is a wonderful skater when he is on, he is buffness. If Patrick skated through his long perfectly like his short, I don’t think anybody would beat him. That did not occur. But there doesn7t seem to be a reflection on PCS and reflect actually how he skated. You can’t keep somebody up there with those very very very high marks if you are evaluating it fairly and honestly. If he had won the competition and skated like that, I don’t have any problem with that. Give him more if he deserved more in the TES. That’s fine. But not probably in the PCS because I say, to me, that reflects how you skate through the program and evaluating it that way.

フランク:私は彼等(ジャッジ)はちゃんとした定義を作るべきだと思う。私はチャンがPCSで勝ったことに対しては疑念を持っている。彼はすばらしいスケーターで、火が付いてるときはたくましいと思う。もしパトリックがフリーをショートのように完璧に滑りこなしたなら誰も彼には敵わないだろうと思う。だが、そうではなかった。しかしながらどうも演技構成点に彼が滑ったプログラムが反映されているとは思えない。もし公平に正直に採点しているのなら、あんな風に滑った選手にあそこまでとてもとてもとても高い点数をあたえてはならない。もし彼が滑りこなして勝ったのならまったく文句はないよ。彼がもっと点を与えるにふさわしいならTESももっとやればいいと思う。それも文句はない。しかし演技構成点ではない。なぜなら、私は、演技構成点はどのようにプログラムを滑ったかを反映し採点するものだと考えているからだ。


Dave- During the broadcast of the WC, Scot Hamilton remarked that there isn7t a set of deduction for a fall in the component scores. Do you think the falls and messy landing should impact both sets of scores? And should the judges should have set criteria for the deductions of fall in PCS?

デイヴィッド:WCの解説でスコット・アミルトンがPCSには転倒に対しての減点制度はないといった。転倒や着地に乱れがあれば、両方(TESとPCS)に影響するべきだと思いますか?そして、ジャッジはPCSにも減点基準を持つべきだと考えますか?


Frank- As far as performance execution, that is just one thing in the PCS. If somebody falls, how where they executing this program? And what is the performance value? Shouldn’t that be definitely reflected on those marks, in the PCS? That’s number three: performance and execution. Well, I don’t see that in that instance, it was. So definitely they need work on some guidelines, strict guidelines about PCS.

フランク:演技の出来栄えはPCSの1つの項目だ。こけた人間がどのようにプログラムを披露してたかって?パフォーマンスの価値は何かって?それらは明らかにPCSに反映されるべきじゃないのか?それは(PCSの項目の)3つ目だね。「動作/身のこなし(Performance / Execution)」。そうだね、そういう意味では反映されてなかったと思う。だから彼等(ジャッジ)はPCSにもっと厳しいガイドラインを作る必要がある。


Frank- I know there are wonderful people out there within IJS who are really trying to make people understand how to judge that and to make it work better. But so far to me, it’s not. You don’t want to just repeat, “Do I have any problem with the outcome?” No. I am very very happy. I question some judging within it, within the system to do that and as I said, I am not crazy about the system. I’m not.

フランク:IJSにいる素晴らしい人々を知っているが、彼等はがんばってみんなにどのように採点するべきかを理解させて、システムをよりとしてる。けれど、まだ(改善)されてないね。「この大会結果に不満か?」と繰り返すだけではだめだ。私は(デニスの勝利には)とてもとても嬉しい。私はそう思わせられるジャッジングシステムに質問を抱くだけで、システムにがめついてるわけじゃないよ。

つづきは(2)にて。


大体ここで10分間ぶんです。

文章でキャロルコーチの言葉を伝えたらとても怒ってらっしゃるような印象を受けますが、ビデオではとてもフレンドリーで優しそうに語るおじいさんですので、文面で受ける印象ほど怒り狂っているわけではないです(笑)。3人とも楽しく話している雰囲気ので、脳内で文面から受ける印象を柔らかくして解釈すると、わりと本来の語りに近い感じになると思います。

最後に・・・。「会話」でよくあることなんですが、彼等のグラマーは多々おかしいです。たまにトピックがいったりきたりするので、どっちやねん!と読みながら思ってしまうんですが、ビデオ見てるとまったく違和感感じないんですよね・・・・。コミュニケーションの不思議です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.





Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.