フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
TSL:スケーターとドラッグ、そしてコーチの苦悩(キャロルコーチ編2)
The skating Lesson Pod
ゲストはフランク・キャロルコーチ2

frankcaroll2.png
過去に指導したことのあるボウマン選手。彼は薬物中毒で命を落としました。

動画→https://www.youtube.com/watch?v=ZG13j8A8siI


前回と同じ動画からです。話題は1980から1990年代に活躍したクリストファー・ボウマン選手についてです。

WIKIPEDIAより:
「”Bowman the Showman”と称えられた華やかな演技で人気を博したが、その一方で現役時代より薬物問題を抱え、薬物を絶てなかったことが競技引退後の生活、人間関係に悪影響を及ぼしていた。2008年1月10日、薬物の過剰摂取によりロサンゼルスのモーテルにて死亡しているのが発見された。40歳の若さであった。」

上記にも書かれていますが、薬物の問題も抱えており、4歳からコーチしたキャロルコーチが当時のことを語ってくれました。ここまで劇的なドラマは日本人スケーターからは絶対に生まれないなと思いました。興味深いのでぜひよんでみてください↓


ピンクがジェニー(インタビューア)青がデイヴィッド(今回は発言ゼロです笑)緑がゲストのキャロルコーチです。キャロルコーチは現在、長洲選手・テン選手・ライサチェック選手をみてます。

ざっくりヒーリング+翻訳:

Jenny- In late 1980’s to 1990’s, you’ve coached Christoper Bowman to national title and pair of world medals. You often remarked as he is perhaps, most physically talented student. So how important is the physical talent compared to mental strength or discipline?

ジェニー:1980代後半から1990代、貴方はクリストファー・ボウマンをナショナルタイトルや世界メダルをとらせるまでに育て上げたわ。貴方はよくクリストファーがもっとも肉体的に優れていた生徒だと語りますね。肉体的な才能はメンタルの強さと比べてどのぐらい大切だと思いますか?

Well, I don’t think physical talent is the greatest attribute that the skaters can have. But I will tell you, Christopher Bowman was the most talented skater that I ever had. He was the most talented and had terrible problems with drugs as we all know. It is very sad what has happened to him. When I first start teaching him, he was four and half years old. Didn’t know his left foot from his right. But he tear around the rink like he had little motor attached to his butt. He could go so fast with smile on his face and having such a happy time and he was absolutely the most attractive little young boy that I ever seen. He looked like a doll that you seen in toy store and buy a doll and a plastic things. That’s what he looked like so he had so much personality and what he carried through all of his life and his skating career.

フランク:そうだね、私は生まれ持った肉体的な物がスケーターにとって一番備わっているべき特質だとは思わない。ただ、クリストファー・ボウマンは私が育てた中ではもっとも才能があるスケーターだった。一番才能があり、ドラッグという最悪の問題を抱えていた。彼に起こった事はとても悲しい。私が教え始めたのは彼が4歳半のころだった。彼はどちらが左足で右足がわからないような子供だった。しかし、彼はお尻に小さなモーターでもついているのかというぐらいにリンクを駆け回っていた。笑顔ですばしっこく駆け抜けて、すごく楽しそうで、彼はもっとも魅力的な小さな子だったよ。彼はおもちゃ屋にある人形のようで、どうせ買うなら人形にはプラスチックのおもちゃも買って与えなくちゃと、そのように思わせる子だった。とても個性的な子で、そしてたくさんのことがキャリアでも人生でも起こった。
*最後のおもちゃ屋のたとえは聞き取りにくかったので、このようなことをいいたかったんだなあとぐらいに受け取ってください

47:46~
He is also the only one that could get out here overweight, and not having on the ice for week or two weeks and do a perfect program. And you know, as I always say, so many kids stand out there with very good skaters, and it’s their time to start and they look up to the audience and say, “I… I don’t think I can do this.” But Christopher Bowman after two weeks of being lost and off the ice would stand in middle of ice and he said, “You don’t think I can do this, well, watch me!”

彼は唯一体重がオーバーでも、2週間リンクに顔を出してなくとも、完璧に滑りこなすことが出来た。多くの優秀な選手たちがいざ滑る番となると、観客席をみて私にこういうんだ:「わたしにはできない」、と。でもクリストファー・ボウマンは2週間行方不明でリンクに立っていなくとも、(大会で)リンクのど真ん中にたち、こう言い放つんだ:「俺が出来ないと思っているんだろ?まあみてな!」、とね。

48:23~
So it was a big difference in his attitude and he was definitely the fighter and one of those people who can push buttons inside and make it go. It didn7t matter if he was overweight or not, he could skate brilliantly. He was the only one, in the entire career, that I’ve taught or know, that could do that. He was the only one who had that ability.

だから彼の態度は(ほかの教え子たちとは)大きく違ったし、彼は間違いなくファイターで、いざというときはスイッチをおしてやり切れる人間だった。彼には体重がオーバーになろうと、関係なかった。彼はただ一人、私が仕事で経験してきた中で、それが可能な選手だった。彼だけがそれをやってのける能力があった。

48:47~
Well, 1990 WC featured profiled on your relationship between Christopher and it really opinionized you the odd period. (ここはコーチとクリストファーの明らかな性格の違いを説明します)。Despite your obvious differences, he won the medal at that event but shortly after, the relation ended. So what was the final straw?

ジェニー:1990年の世界選手権はクリストファーと貴方の関係性に違和感を感じ始めたころだと思います。(ここはコーチとクリストファーの明らかな性格の違いを説明します)。彼と貴方の明らかな食い違いをよそに、彼はメダルを得ましたが、そのすぐ後に(師弟)関係に終わりを告げました。いったい何が決定打になったんですか?

49:10~

As we know, Christopher had the drug problem. It wasn’t about me to out him about that and his mother, lovely Joice Bowman, so supportive, and such a lovely lovely person, … and did everything that she could do help him, too. And in the end, she had to do tough love like I did. And finally, got him back to therapy and he strained out for a quite a while. But god, where was I on this …

知っているように、クリストファーはドラッグの問題を抱えていた。私がそれに関してとがめるべき(立場にいるわけ)でもなかったが、彼のお母様のジョイス・ボウマン・・・とても協力的で素晴らしい、素晴らしい人だったんだが・・・彼女はできる限りのことをしてクリストファーを助けようとした。私と共に熱心にがんばり、結果彼をセラピーを受けさせてることが出来て、彼はしばらくはおとなしかった。しかし・・・あれ、なんの話をしたかったんだっけ?笑

ちょっと省きます

Oh yeah Worlds. Well, It wasn’t really about the worlds. He changed his program in the middle of program but he wasn’t really ready to do the program because he hadn’t trained and disappeared.

ああ、世界選手権か。そうだね、(師弟関係を終えるきっかけとなったのは)世界選手権ではなかった。彼は演技中にプログラムを変えたけれど、彼は本当に演技をする心構えができてなかった。トレーニングもしてなかったし失踪もした。

50:09~
When he changed the program and tried to throw in another triple axel which he failed to do, it was annoying to me. He was second the year before, and dropped to third. I said to him, you were turning off everybody, the judges, and if you continue to do this, it probably will be the last medal you win at the world championships. And it turned out, it was the last world medal that he won.

彼がプログラムを変えたときに、無理にトリプルアクセルを飛ぼうとして失敗したのは、本当に不快だった。前回(の世界選手権)は2位で、3位に落ちた。彼には、「みんなにもジャッジにも嫌気をさされて、こんなことを続けていたらこれが世界選手権で手に入れられる最後のメダルになるぞ!」と、伝えた。そしてそれが本当に最後の世界戦でのメダルとなった。

50:35~
That wasn’t where we broke apart. It was at the Good Will’s games and I believe they were in Tacoma, Washington. I hadn’t seen him and he wasn’t training and we were going and he didn’t have short program and I picked some music which was kinda controversial but I thought it would be clever for him. And, I didn’t see him for a week and did finally when we were leaving, and I said, “Christopher, where were you? You haven’t been here for. We are leaving tomorrow to go to the Good Will’s games!”

しかしそこで決別したのではない。たしかグッズウィルの大会はワシントン州タコマ市で行われたのだったかな。私はしばらくクリストファーと会えてなくて、(クリストファーは)トレーニングもしてなくて、もうタコマ市へ向かうために出発しなくてはならないという状況だった。彼はまだショートプログラムが出来てなかったから、私が彼のために選曲した。(コーチの私が選曲をするのは)どうかとも思ったが、彼にはそれが賢い(選択)だと思った。しかし、私は彼とは一週間ほど会えずにいて、いざ出発となってやっと会えたんだ。「クリストファー、どこにいたんだ?もう明日にグッスウィルへ向かうんだぞ!」と私はいった。

51:10~
And he told me he had been working very hard in Torrance with Sarah Kawahara and he put together his short program and been very busy putting short program together. So I said, “Oh, OK. All right, then.” You know, that sounded fishy but Okay?

そしたら彼はトランスにいるサラ・カワハラの元でショートプログラムを作り上げてたからとても忙しかったんだといってきた。だから私は、ああ、そうか、・・・そうか・・・。と。正直うさんくさいと思ったが、まあ・・・、まあ・・・?と。

51:30~
We got to the Good Will’s game and he did a short program. He didn’t have a short program. There was no short program. The music came on and he just add live and did this, and it was really disappointing about it. And I called Sara and said, “Sara! The short program isn’t right! He went down there and worked week with you!” and she said, “What are you talking about? I haven’t seen Christopher for three or four weeks.” So then, I was livid, of course.

そしてグッズウィルで、彼はショートを披露した。・・・ショートプログラムなど持ち合わせてなかった。ショートプログラムなどなかった。曲が流れ始めて、彼は適当にその場であーだこーだと、・・・・とても失望した。私はサラを呼び出して、「サラ!なんだこのショートプログラムは!一週間君の元にいたんじゃないのか!」といったら、彼女は「なにをおっしゃってるの?私が最後にクリストファーとあったのは3,4週間前のことよ」、と。そして、当たり前だが私は激怒した。

52~
And then, in the practices, he did everything except thumbs the noses at the judges. The judges were there and he acted out very strangely on the ice like there was no respect for what he was doing and I just said to myself, “you know what, I really need a break from this. I really helped this boy through so many problems, I took close to him when he was betty four, and I, I just can’t handle this. Hanging around the ice rink, waiting for someone to show up who basically is lying to me all the time.

付け加えて彼は(公式)練習でも、ジャッジを子馬鹿にしているようだった。ジャッジが(会場に)いて、そして彼は変な行動をリンクでとり、とにかく尊重などどこにもなくて・・・・、もう、私は自分に言った。「もういい、これ(この状況)から休む必要がある。私は出来る限り彼を助けてきたし、彼が4歳のころから面倒を見てきた。そしてわたしは――、わたしはもう耐えられない。ただリンクで立ち尽くし、私に毎回嘘をつくような人間を待ち続けることはもうできない。」と。

52:34~
So I told them after that, “I need the break and I don’t want to see him for six or seven weeks.” I just needed a break and he needed the break from me. And with that, he went up to Toller Cranston and never came back, basically. That was end of it. You know I said I wanted six or seven weeks and that I wanted, and that turned into parting. And that was the end of it.

だからみんなには「(彼という存在から)休みを取りたいし、6,7週間彼の顔を見たくない」と伝えた。私も離れたかったし、彼も私から離れる必要があった。そして彼は、トラー・クランストンの元へ行き、二度と戻ってくることはなかった。それが最後だ。6,7週間と伝えたが、結局それが決別となった。そしてそれが最後となった。

52:59~
Well, you’ve referenced his drug addiction which is now, unfortunately, is public. As his coach, how difficult was that for you to keep the secret and how did you handle it?

彼の薬物中毒のことをおっしゃいましたけれども、それは現在、残念ながら公になってしましました。(ドラッグの)秘密を隠し通すのはコーチとしてどのように苦労されましたか?そしてどのように取り扱ってきましたか?

53:08~
Well, it is so painful. I can’t tell you. I would never teach another skater that I knew did drugs. I’ve taught two, one, I thought is all right. But Christopher did end up in death and it was horrible. It is a nightmare. Because you cannot do anything until they want to stop. It is in their hands. Whether you make appointments to work on the program, more you go in, you’re on time, they don’t show up and you don’t know where they are. So many times Joice came up to me, “I can’t find him, I can’t find him. I don’t know where he is and I am so worried about him.“ It is extremely painful situation. I wouldn’t do it again. I just can’t. You know, if somebody is involved in drugs, they are the person who has to stop. You can’t change it and you can’t make it happen. It was a terrible experiment for me and such a waste in the world. Christopher was not only the great skater, but he was funny, had a great sense of humor, he was witty. He had so much going for me. He was charming. Can charm skin off the snake! It was such a waste.

そうだね、とても辛かった。私は二度とドラッグをやる生徒を迎え入れない。2人ほど(ドラッグをやる生徒を)教えたことがあるが、一人はまあ大丈夫だったが、クリストファーは結局死んでしまって本当に恐ろしかった。悪夢のようだった。なぜなら、彼等からやめたいというまでは、結局なにもできないからだ。彼等によって決まることだ。(更正)プログラムに予約しようと、本人たちが現れないんだったら意味がないし、どこにいるのかもわからない。ジョイス(クリストファーの母親)は何度も「みつからない、みつからない!どこにいるのかわからない。とても心配だわ」といってきた。本当にとても辛い状況だった。私は二度と(ドラックをやる生徒を)引き受けない。ただ、もう嫌なんだ。もし誰かがドラッグやっていたとしても、もう彼等自身にしか止められないんだ。ほかの誰にも変えられないし、治すことはできない。私にとってとてもひどい経験だったし、それにね、なんと「もったいない」と思うんだ。クリストファーは素晴らしいスケーターでもあったが、本当に面白くて、ユーモアもあって、才気煥発な人間だった。彼とはいろんなことがあった。彼はチャーミングだった。本当に素晴らしく魅力的な人間だった。―――なんともったいない。

つづく?



キャロルコーチが4歳から教えていた少年が薬物中毒になり、師弟関係を解消しただけでなく、教え子に40歳と若くして先立たれたのもショックだったでしょうね。キャロルコーチのことはなにも知りませんでしたが、たくさんのことを経験なされて、それらを今新しいお弟子さんたちを教えるのに生かされているのかな、と感じました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.





Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.