フィギュアスケート分析ノート
自己流に、マイペースで、のんびりと。
長洲未来/Mirai Nagasu (USA)
長洲未来選手のフリーでのWC’10が含まれないまま、ランキングを作成してしまったので、そこで微妙な誤差が出来てしまいました(厳密にはフリーでの数値が:TES平均点が49.51→49.47、PCS平均点が54.10→54.33、TES成長率が1.6263→1.3893、PCS成長率が0.805→0.6855に変わりました。まだチェックしてないですが、おそらく平均点のほうはプラマ0.2の違いですが、成長率の方が大きく変わってしまったため、強く影響されるランキングはおそらく将来性ランキングのほうではないかと)。ショートのほうのWC’10は含んでた分、全体的のランキングへの影響は少し抑えられてると思いますが、すべてのランキングをやり直すにはあまりにも時間がかかってしまうため、次にランキングを更新する時に修正したいと思います。

ショートプログラム:
NagasuSP.png

フリープログラム:
NagasuLP2.png

☆まとめ
ショートプログラム:
TESとPCSの平均点は32.08点と27.32点。TESの成長率は-0.0529点。
PCSの成長率は+0.2959点。

フリープログラム:
TESとPCSの平均点は49.47点と54.33点。TESの成長率は+1.3893点。
PCSの成長率は+0.6855点。


☆解説
なんとも語りにくいグラフである・・・・。成長率のラインだけをみれば、ショートのTES成長率以外は上向きで向上がみられるが、ここまでパターンを読みにくいグラフは珍しい。男女問わず、よくみられる採点パターンは①、TESが高すぎればPCSで下げられる、②TESがちょっとでも高くなるとぐいーんとPCSも高くなる、③TES=PCSの選手、・・・・なのだが、長洲選手の場合、ショートのほうはわりと②のパターンを踏んでいるが、フリーのほうはかなりランダムだ。たとえば、中国杯09→カナダ杯09では、TESが前回の中国杯より10点近く上がったにもかかわらず、PCSがカナダ杯では下がっている―・・・かと思えば、その後出場した五輪では、前回と同じようにTESが10点上がり、今度はPCSの方がいきなり48.8点→60.56点へと、11.76点も増えている。その後の大会は、TESがさがればPCSも下がり、TESが上がればPCSも上がるというパターンを踏んでいたが、中国杯'11→中国杯'12にかけては、TESが10点以上落ちたにもかかわらず、PCSは微動だにしていない。間に1年ある分、表現が増したからともいえなくないが・・・・?

どうして長洲未来の成績は分析しにくかったのか?
分析しようとしてた脳内での感想回路↓


長洲選手のフリーでのTES(左)とPCS(右)
FRA'10 53.98 55.09←TES=PCSな選手かな?
4CC'11 69.61 60.07←・・・かと思いきや、TESが15点ほど上がったらPCSが+5上がり、差がTESとPCSの差が10点ほど出来たので、どうやら、TES=PCSというタイプの選手ではないようだ。TESの上下の影響はPCSにもあるものの、TES+15にたいし、PCS+5なので、PCSはそこまでこれからは上下しないだろう・・・・
CAN'11 50.07 48.92←・・・かと思いきや、技術力が10点ほど落ちたら、PCSが一気に11点ほど落ちた。もしかしたら彼女は、演技構成点は抑えられる選手になるのでは・・・・?
CHN'11 55.64 56.62←・・・・かと思いきや、TESが+5になったら、PCSが一気に+8点あがった。まあ、とりあえず、TESが上がればPCSも上がり、TESが下がれば、PCSも・・・という選手かも?
CHN'12 45.89 57.81←・・・・かと思いきやTESが10点さがったのに、今回はPCSがなぜか1点あがる。これで次の試合でTESを一気に上げれば、PCS女王になれるかも・・・!?
JPN'12 56.36 59.14←・・・・かと思いきや、TESが10点上がったにもかかわらず、PCSはわずか1点しかあがらない
・・・と本当に分析しにくい結果を出す選手だった・・・。


☆憶測
まず、彼女の不安定なTESとPCSの成長パターンは「八百長や出来レース」うんぬんよりも、どちらかというと、アメリカのスケート連盟が彼女を押そうかな?やっぱやめよっかなー?んー、やっぱりーおす、おさない、おす、おさない!という迷いの表れだと思う。だからこそ、採点するジャッジも「この子どうすんの?やっぱワグナーおすの?シズニーなの?ゴールドなの?」といわんばかりに、点数が荒れてしまうのだと思う。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村





Only the blog author may view the comment.





Trackbacks
TB*URL





Copyright © フィギュアスケート分析ノート. all rights reserved.